スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールトン戦 マッチリポート 

チャールトン・アスレティック 1-2 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
ザ・ヴァリー
2006年9月30日(土)
キックオフ:午後3時

主審:マーク・クラッテンバーグ
入場者数:26770人


チャールトン・アスレティック   1
   ダレン・ベント 21分
アーセナル   2
   ファン・ペルシ 32、50分


 ARSENAL
   レーマン
   エブエ
   トゥーレ
   ホイト
   ギャラス
   ファブレガス
   ジウベルト
   リュングベリ
   フレブ→ジュルー(90分)
   アンリ
   ファン・ペルシ→ロシツキー(77分)
 SUBS NOT USED
   アルムニア
   バプティスタ
   アデバヨール

 CHARLTON ATHLETIC
   カーソン
   ルーク・ヤング
   フレイダルション
   フォーチュン
   エル・カルクリ
   アムディ・ファイェ→キシシェフ(46分)
   リード→アンブローズ(78分)
   ブライアン・ヒューズ
   リズビー
   ダレン・ベント
   ハッセルバインク
 SUBS NOT USED
   ミューレ
   ナサン・アシュトン
   ホランド



これでプレミア3連勝、CLを入れて5連勝となりましたが、ちょっと守備の綻びが気になった試合でした。まあそんな事もあり、またも先制点を許しましたが、相手がお得意様のチャールトンだったとはいえ、アウェーで逆転勝利はよくやった!って話ですね。っていうか今回は逆転できると思ってました。

チャールトンは大人しくやられてはくれませんでしたね。前線からチェックに来てましたし、パワープレーにはかなり苦しみました。そのせいか試合が荒れてしまい、カードが乱発されてましたが、まあ主審のコントロールミスもありますね。やっぱダメです、クラッテンバーグ。まだ若い審判ですが、とても将来を期待できそうにないですね。

今回はアウェーという事もあってか、ポルト戦と同じく4-5-1を敷いてきました。ユナイテッド戦はアンリとファン・ペルシがいなかったという事で例外とすると、今シーズンのプレミアでは初の導入となります。相手がチャールトン、テストにはちょうどいいって事でしょうか。んで実際ポルト戦から変わったメンバーはロシツキーがベンチでフレディが先発だっただけなんですが、完璧な守備を見せたあの試合と対照的に、まあ守備が脆い脆い。ポルトのようにボールを地につけ、テクニックとパス回しで勝負する相手は完璧に封じる事ができますが、中盤をすっ飛ばしてパワープレーを仕掛けてくる相手はやはり苦手なようです。どうもギャラスが不安定だった事に引きずられたか、トゥーレのロングボールへの対応がまずく、単純なボールをさばけないシーンが目立ちました。こういう時はやっぱりセンデロスがいればな?と思ってしまいますね。いかんせんお粗末なミスからピンチを招いてしまうシーンがあまりにも多くて、それが相手を勢いづけていた側面も大いにありましたね。

対して攻撃の方はどんどん成熟度を増していっています。イコライザーはともかく、ウィナーはエブエのドンピシャクロスから、ファン・ペルシのあり得ないジャンピングボレーで、それ以外に結局得点する事はできなかったんですが、中盤でのダイレクトのパス回しはキレを増していってますし、後はフィニッシュですね。バーを越えたセスクのヘディング、キーパーに当ててしまったアンリ、クロスを押し込めなかったファン・ペルシと惜しいシーンが多かったですが、また一方でポルト戦と同じく、クロスを入れても中に充分な人数がいないというシーンも多くありました。今回ほどピレスがいればと思った事は今シーズンありませんね。ピレスなら確実に詰めていてくれたはずですから、中盤にもっとこういう嗅覚のある選手はやはり必要かなと思いました。

チャンスも多かった一方でピンチも同じくらいありました。リードのシュートはレーマンがスーパーセーブで止めましたし、ジミーのドフリーヘッドはワイド。正直あれで2-2になっていてもおかしくなかったですし、何かが違えば負けていた可能性もありました。さすがにチャールトンはお尻に火が付いているだけあって、相当な危機感を持ってやっていた証拠でしょうけど、まあ何とか逃げ切れましたね。選手のコンディションもだいぶ上がってきているので、これでインターナショナルウィークに入りますが、ここを何事もなくやり過ごし、アンリのコンディションが上がってくればもっといい内容とスコアで完勝していけるはずです。やっぱ昨シーズンとは違うな、うん。

フォーメーションは上でも書きましたが、4-5-1。ファン・ペルシは相変わらず左ウイングで、中央でリュングベリがセスクと並んだ形です。昨シーズンやっていた形で、左ウイングがレジェスからファン・ペルシになったと考えればいいでしょう。最終ラインは半分変わってますけどね。ギャラスとホイトが先発、ジュルーはベンチでした。

        レーマン
     トゥーレ  ギャラス
エブエ              ホイト
        ジウベルト
     セスク   リュングベリ
フレブ             ファン・ペルシ
         アンリ

試合終盤になって、2得点のファン・ペルシを下げ、ロシツキーを投入。単に使いたかったのか、もう1点取れって事なのかは微妙ですが、個人的には後者じゃなかったかな?と思います。まあロスタイムにフレブを下げてジュルーを入れてるんで、この時点ではさすがに時間稼ぎに転じたようですが。ロシツキーはリュングベリの位置に入り、リュングベリが左ウイングに。ジュルーは中盤の真ん中、セスクが右ウイングになったようです。エブエは変わらずフルバックのままっぽかったですし、ロシツキーもポジション変わってなかったですからね。

        レーマン
     トゥーレ  ギャラス
エブエ              ホイト
        ジウベルト
     ジュルー  ロシツキー
セスク             リュングベリ
         アンリ

ではレーティング。


レーマン 7.0
ジミーの強烈FKをキャッチし損ねましたが、それ以外は概ね良好。ってかかなり忙しそうでした。チャールトンのシュートがあまり枠を捉えなかったので、ボールに触る機会はそこまで多かったわけではないですが。まあこの試合のハイライトはリードの強烈なシュートを左手一本で弾いた事ですね。あれはマジでGJでしたよ、ユナイテッド戦のスールシャールのシュートをセーブした時と同じ価値がありますね。

エブエ 7.5
すごいじゃないですか、3試合連続アシスト。ポルト戦のクロスはシュート性の速いものでしたが、今回は中をしっかり見て、ボックス内に一人も入ってきていないのを確認して、インサイドでマイナスのクロス。これがちょうどファン・ペルシのところに行って、あのスパーブゴールに繋がったわけです。ちょっとお得意のドリブルが止められる事が多かったですが、守備面では今シーズンこれまでの試合で一番安定していたかと。ジミーにフリーでヘディングを撃たれたシーンは、エブエ的にはもうトラップに行くしかなかったですからね。1対3じゃどうしようもありませんし、あれはトゥーレのミス、というか他の選手帰ってこいよって話になります。

トゥーレ 5.5
何でもないクロスへの対応にかなり問題がありました。確かに普段もたまにそういう事があるんですが、今回は多すぎです。何か連携もチグハグでしたし、ギャラスが入ってこの守備ではかなり不安なんですが・・・。どうにかしてくれ、ディフェンスリーダー。

ホイト 5.5
チャンピオンズリーグ専用にした方がいいかもしれません。やっぱプレミアじゃイマイチです。チャールトンはプレースピードが速いわけでは決してありませんし、サイドでそうパワープレーの影響を受けてるわけでもないので、何がそう違うのかさっぱりわかりませんが。気合い?まあファン・ペルシが左ウイングやってる限りは、上がっていってもあまり使ってもらえないので、攻撃面では特に文句はありません。

ギャラス 5.0
ちょっとひどいですね。ケガの影響、確かにあったでしょうが、それ以前に集中力を欠いていたように見えました。先制されたシーンなんてまさにそんな感じです。ヴェンゲルは経験を取ってジュルーではなくギャラスにしたようですが、これならジュルーの方が堅かったでしょう。未だにセンターがいいのかサイドがいいのか、見えてきませんねぇ・・・。

ファブレガス 7.5
今回はほとんど文句なしの出来です。ポルト戦と同じフォーメーションでしたけど、かなりボールを触る回数が多かったですし、このフォーメーションにした時によく表れる神出鬼没な面も発揮されてました。やはりパートナーがロシツキーではなくフレディというのが大きかったでしょうか、それとも相手の問題?シュート意識もだいぶ上がってますし、敢えて文句をつけるとすればロングパスがイマイチって事ぐらいでしょうか。まあロングボールを蹴るのはアーセナルのスタイルじゃないですし、やるにしてもディフェンダー達に任せておけばいいので、セスクはこれでもいいでしょう。

ジウベルト 7.0
絶妙なカバーリングで相手のパスコースを消してましたが、中盤をすっ飛ばされたり、後ろであれだけミスをされたら、この人をもってしてもどうしようもありません。ところで、もし今回ジウベルトをセンターバックで使った場合、素直に4-4-2にしたんでしょうかね?

リュングベリ 6.0
出来自体はポルト戦から変わってません。いい動きはしてますし、運動量も多いですが、どうもキレがないんですよね。相手を抜き切る事がほとんどできず、シュートもパスも引っかかってしまうという。ちょくちょくアンリを差し置いて一番前にいる辺り、ようやくフレディらしくなってきたなって感じですが、これで結果が出るようになると最高なんですけどねぇ。どうもゴールの匂いを忘れてしまってるように見えます。

フレブ 8.0
普通はファン・ペルシでしょうが、僕はこの人をMOMに推しますね。ポルト戦のゴールで勢いがついたか、テクニックが爆発してました。やはり最大のハイライトは、同点ゴールをアシストした、ペナルティエリア内での鬼キープですね。他にも完全にライン際に追い込まれたのに、そこから前を向いて相手を抜いてしまうシーンもありました。今回もまたシュートを撃ってましたし、ボールタッチの回数が多く、セスクと共に攻撃をよく組み立ててました。個人的に嬉しいのは、かなり自分を表に出すようになってきた事ですね。今までは遠慮していたのか、単純に大人しい性格なのかはわかりませんが、あんまり自分をアピールする事ってなかったですからね。かなりいい傾向です。

アンリ 6.5
ちょっとポルト戦から見ると後退してますが、らしさはよく出てました。まあ個人的には決まりはしませんでしたが、バイタルからのゴール右隅を狙うカーラーが見れたので満足です(笑)ポルト戦の時もそうでしたが、左サイドに開くとどんどん良さが出てくる一方、センターではイマイチなのが少し気にかかるところです。特に球離れのタイミングが変なんですよね。いい位置で持って、右左、またはセンターとスルーパスの選択肢がいくつかある状況へ変にキープし、完全に前を塞がれた時にシュートとか、何がしたいのかわかりません。まあ前述のカーラーもそうですし、左サイドからいいクロスを入れましたし、同点ゴールのきっかけを作ったのはこの人なので、まあ仕事はしたかな。でもいい加減キーパーと1対1になったら決めようよ。

ファン・ペルシ 7.5
結果から見ると一人舞台ですね。同点ゴールの狙いすましたシュートも素晴らしかったですが、やはりあの、何とも言葉を失ってしまうようなジャンピングボレーですね。ファン・ペルシは昨シーズン、シュートを派手に空振ってすっ転んだシーンのGIF画像がネットで出回ってますが、これからはこちらが出回ってほしいですね。ハンブルク戦のロシツキー以上のいいものを見れました。アンリのクロスに飛び込んだところでは、クロスが速かったのとフレディとかぶってしまった事もあり、決められませんでしたが、あれが決まってればハットトリック、惜しかったですね。全体的にどうも流れに入り込めてないという事で、甘めに採点してこの点数です。本当なら6.5ぐらい。逆サイドのフレブが相当色々絡んでいただけに、余計にそう見えてしまうんでしょうかね。それにサイドバックとの縦の連携がないというのもあります。フレブの場合、彼が溜めを作ったり、中に絞ったりしている時は、必ずエブエがフォローに来ています。2人で右サイドを支配しているわけですね。それに対し、ファン・ペルシはほとんどの場合、ボールが来たら個人技での突破か、こぼれてきたボールをシュート、もしくは別の場所でフリーになった時にパスをもらうといった形で、周りを使って攻撃の形を作るという事が、ほとんど見受けられません。内容から言うと、新加入のロシツキーの方が全然いい仕事をしてるんですよね。やっぱりファン・ペルシを使うのであれば、2トップにすべきです。どうもアンリとの連携がイマイチですが、ファン・ペルシはウイングではあまり中に入ってこないため、逆サイドからクロスが入ってきた時、役立たずなんですよね。今後アンリとファン・ペルシの連携は鍵を握るでしょうね。

ロシツキー 6.5
入った時間は流れが微妙な時でしたが、やはりこの人が絡むと多かれ少なかれ得点の気配はします。フレブが下がった後は攻撃の形があまりできなくなるんじゃないかと思いましたが、ロシツキーがいればそれほど心配ないようですね。まあ出場時間が短かったので、特に仕事はできませんでしたが、好調を維持している事はよくわかりました。後は代表戦で壊れるなよ?

ジュルー -
特になしです。出てきたの後半ロスタイムですし。でも出れるんなら今回はギャラスよりジュルーのがよかった。まあ結果論ですけどね。


上でも書いた通り今週はインターナショナルウィーク、週末に試合はありません。これでまたほとんどの選手がいなくなります。どうやらジュルーもA代表に復帰したようですし。スイスは予選がありませんが、共催国のオーストリアと親善試合を行います。他のヨーロッパの選手は7日と11日に例外なく2試合を行い、ほとんどの選手はフル出場か、それに近い稼働を強いられるでしょう。他にジウベルトのブラジルが2試合、アフリカの3選手も1試合を予定。ただドイツはかなり余裕で、若手を積極的に起用するようで、レーマンも招集されてますが、次はヒルデブラントが出るみたいです。その次は代表復帰のエンケが出てくるって話も聞いたんで、レーマンは出番がないかもしれません。ちなみにガナー対決はスウェーデン対スペインがあります。オフィシャルにはなぜか載ってませんが、セスクも招集されてますよ。

で次のリーグマッチですが、ホームにワトフォードを迎えます。その週にはチャンピオンズリーグ、CSKA戦もあるので、厳しい日程が続く事になります。

他会場では、ユナイテッドがニューカッスルに快勝。僕も粕谷と同じく3-1と予想してたんですが、1点ずつ足りませんでした。チェルシーがホームでヴィラと引き分けた他、リヴァプールはボルトンに完敗。タフィーズがホームでシティと引き分け、ポーツマスがスパーズに敗れたため、ボルトンはこれで3位浮上。ポーツマスはやや失速気味、スパーズはようやく悪い流れを断ち切りました。それから引き分けたチェルシーですが、ドログバが5点目を決め、今シーズンは得点王争いに絡んできそうです。アンリはまあ、昨シーズンと同じように中盤から猛烈な追い上げを見せてくれる事でしょう。

ところで、今回のダレン・ベントのゴールにつながったシーンは結局オンサイドだったみたいですが、ハイライトを見てると最近オフサイドのとんでもない誤審が目立ちます。何か日本の野球ではホームランの判定に限り試験的にビデオ判定を導入するという話があるようで、サッカーにも導入してもらえないですかね。まあボールボーイのゴールはやりすぎです、さすがにその審判はクビだろ(笑)


Wenger: 'Winner was the goal of a lifetime'

ではヴェンゲルのポストマッチカンファレンスです。

ロビン・ファン・ペルシの2点目について
「とんでもなかったね、全く信じられないよ。誰も予想していなかった。エブエがクロスを上げた時は、誰もボックスの中に見当たらなかった。よくある事だが、誰もいないと思ったんだ。そうしたら突然ファン・ペルシが入ってきたんだ。テクニカル面では完璧だった、完璧なスピードとパワーがあったね。最初はバーを越えると思ったんだが、トップコーナーに収まった。あれは一生もののゴールだね。」

監督就任以来最高のゴールかどうか
「最高かって?いいものは何度も見てきたから、チェックしなければいけないな。でも間違いなくトップ5には入るね。」

ファン・ペルシが一枚目のイエローをもらった後、彼を下げるという考えについて
「あの事故の後、彼がどういう反応をするのは見るために、少し時間を置いたんだ。これはフットボールだ、もし私が彼を下げれば、正しい判断だと言われただろうし、彼が退場してしまったら私は愚か者扱いされるだろう。まあ監督には運も必要だという事だね。彼を残した結果、彼は2ゴールを奪ったんだから。」

あの事故について
「ハッセルバインクは少し大げさだった。とてもクレバーな選手だね。」

ファン・ペルシの成長について
「彼は成熟してきている。才能があるし、態度を改める事ができれば、偉大な選手になれるんだ。だが最初に才能がなければならない。彼にはそれがあるし、態度面は努力すればいい。彼はどんどんよくなっているよ。ゴールも決められる。彼は自然と素早い動きができるし、そこには優雅さも見て取れる。最初のゴールから、そう時間が必要なかったね。コントロールして、ネットに突き刺さった。一度それができてしまえば、いい選手になるチャンスはあるという事さ。」

チャールトンについて
「チャールトンはとてもハードに戦った。チャンピオンズリーグ明けのアウェーマッチで、1-0で負けていたら、それをひっくり返すにはそれなりのクオリティが要る。いい試合だったね。何度か決めてしまえるシーンがあったが、チャールトンにも残り数分というところで追い付くチャンスはあった。ハッセルバインクのヘディングだ。彼のあれを見た時、これで2-2にされたなと思ったよ。彼は外してしまったわけだが、我々にはラッキーだったね。」

彼らのゴールについて
「オフサイドに見えたが、リプレイでは違うとわかった。恐らくコロ(・トゥーレ)だろう。ラインズマンは私に、ホイトが彼(ハッセルバインク)をカバーしていたと言ったが、私はあり得ないと言ったんだ。彼はハッセルバインクの横でプレーしていたし、ハッセルバインクは彼の前にいたんだからね。」

ケガを抱えているギャラスをプレーさせた事について
「2人の負傷している選手をプレーさせるかどうかについては、決断が必要だった。一人は投入する必要があったが、ジュルーは少しギャンブルだった。だから若い選手より勝手のわかる経験ある選手がいいと考えたんだ。」

調子が戻ってきている事について
「流れを見つけたね。アウェーで2度勝っている、チャールトンとマンチェスター・ユナイテッドだ。それに2つのチャンピオンズリーグの試合もね。これで5連勝だ。だが悪い事に、これで中断(インターナショナルウィーク)が入ってしまう。選手達が戻ってきた時、クラブにそれまでと同じ集中は持っていない。それともう一つ気がかりなのは、インターナショナルウィークのすぐ後にチャンピオンズリーグの試合(アウェーでのCSKA戦)がある事だ。」

饒舌ですねぇ。個人的に、ロビンとジミーがやり合ってるシーンは、お前ら同じオランダ人だろと思って見てたんですが。あんまり面識はないかな?ファン・ペルシについてはレーティングで長々と書いたように、まだまだ改善点は多くあります。逆にどこまで成長できるか楽しみでもありますけどね。


Loan Watch: Lupoli brace seals Derby win

それじゃ久々にローンウォッチ。まずダービーに行っているアルトゥーロ・ルポリが、ホームでのサウスエンド戦で3-0勝利に大きく貢献しました。この試合ではフル出場しています。結構決めてますよね、ルポリも。

バーミンガムではセバスティアン・ラーションとファブリス・ムアンバのCMFコンビが、ホームにレスターを迎えた試合でフル出場。まあ2人共CMFだったかどうかはわかりませんが。ベントナーも先発し、82分に交代。試合は1-1ドローに終わりました。

カーディフのケリー・ギルバートはホームでのウルヴァーハンプトン戦にフル出場。チームは4-0と大勝しています。

バーンズリーのヴィト・マノーネはホームでのルートン・タウン戦にフル出場。残念ながらこちらは1-2で敗れています。

そしてスコットランド、フォルカークに行っているアンソニー・ストークスは、ホームにセルティックを迎えた試合にこれまたフル出場。こちらも残念ながら0-1で敗れています。この試合は中村のお陰かどうか知りませんが、放送があります。次の再放送は水曜日の夜9時にESPNでやりますので、ストークスが見たい方はご覧あれ。僕は見ます。中村には目もくれません(笑)


Van Persie - It was the best goal of my career

永久保存もののゴールを決めたファン・ペルシのコメントです。ファン・ペルシもヴェンゲルと同じく、あのボレーはちょっと大きいと思ったみたいですね。

「あのゴールはテレビで見てみたんだけど、僕のベストゴールだね。それまではブラックバーン戦で決めたゴールだったんだけど、今はこれだね。クロスが素晴らしかったし、最後の方はちょっとカーブもかかってた。クロスが僕の方に飛んでくるのを見て、一つの事に集中したんだ。真っ直ぐ、ボールの芯を捉える事だ。実際に蹴った時、ちょっと高く上がってしまったと思った。最初はそのままバーを越えると思ったんだ。最終的にバーの下に収まってくれたね。ファンタスティックなゴールだったけど、それだけじゃなく重要なゴールだった。それが今日の僕の感想だね。リヴァプールは2-0で負けたし、チェルシーもポイントを落とした。あれは素晴らしいゴールだったけど、チームにとっても重要なものだったんだ。」

ブラックバーン戦のゴールっていうのは、昨シーズンかな。右サイドでうまくサヴェイジをかわし、ボックスに入っていって、角度のないところからファーポストに当てて入れたやつだと思います。今回でアーセナルでの公式戦、23得点目だそうですが、これまでかなり印象深いゴールを決めてますからね。後は簡単なシュートを決めてくれるようになればいいんですが。やっぱ右脚ダメポだしなぁ・・・。


Wenger - Robin is stronger physically and mentally

ヴェンゲルはファン・ペルシのフィジカルがかなり強くなってきている事を喜ぶ反面、精神的にはもっと成長する余地があると話しています。

「彼はフィジカル的にだいぶフィットしてきていると感じた。今日の彼はもっと強くなっているね。彼が相手のチャレンジに耐えているところを見て驚くだろう。2年前はああではなかったからね。少しか細く、弱いイメージがあった。我々は彼を鍛えなければならなかったんだ。それに、今は自信もつけてきているように見えるね。速い反応も見せている、より試合に集中する必要があるね。例えば、彼はポルト戦でチャンスを外した。私はあれが彼の心に残ったと思ったが、その後彼は同じ試合をできなかった。これは彼の課題だね。落ち込んでしまうのではなく、未来や今の事を考えなければならない。過去ではなく、今を生きる事は、限られた高い競争力を持った人間にのみできる事だと思うね。」
スポンサーサイト

コメント

お礼

ありがとうございます。リンクはこちらからぜひお願いします。

陸さんのMOMはフレブですか。ぼくはリュングベリにしたんですよね。彼が動けていたから全体にまとまりが出来たようにも見えたんで・・・。まだまだ始めたばかりなんで的外れなところも言っているかもしれませんが、お暇なときに見ていただけたらうれしいです。

勝ちましたね!

ファン・ペルシーのジャンピングボレーはビビりました(笑)これでベルカンプの後継者と言われるようになれば良いのですが。あとは精神的な成長ですね。

僕はエブエを褒めたいと思います。ここ数試合の安定したパフォーマンスを続ければ、これから大きな戦力になると思います。頑張れエブエ!

はじめまして

はじめまして。
私は、少し前からアーセナルファンになりました。
それまでは、特別応援しているチームはありませんでした。

センデロス・・・、長引いてますね。
早く試合に出れるといいですね。
あと、クリシーも。

リザーブやレンタルの選手には期待していますね。
マシュー・コノリーやトラオレ、ライアン・ギャリー、ケリー・ギルバート、セバスティアン・ラーション、ベントナー、アリアディエールなど。
実際に見たことあるのは、ベントナーとアリアディエール、トラオレだけですが・・・。
でも、アーセナルTVでリザーブの選手を見ることができるでしょう。
この前の試合は、アリアディエールが2ゴールだったかな?
早くトップチームで出場し、得点できるといいですね。

チャールトン戦の途中で寝たり起きたり繰り返していたので、結構飛んでいて、結局最後のほうは全く・・・ロシツキーやジュルーが出場したのは知りませんでした。

最初は、いつものようにアンリとロビンの2トップだと思っていたんですが、なんかいつもより左にいると思い疑問に思っていました。
まさか、リュングベリがセンターをやるとは思ってませんでしたし・・・。

ダレン・ベントのゴールのとき、リプレイでもっとしっかり真横から見たかったんですけどね。
もっと視聴者に確認させてほしいです。
オフサイドは、ビデオ判定してほしいですね。

オフサイドといえば、昨シーズンのCLの決勝。
ラーションのゴールのときでしたっけ?
とにかくどちらかはオフサイドがあったはずです。
もっと、真横からしっかり見れば確信に近づくと思うんですけどね。

アレクサンドレ・ソングについてですが。
彼はディフェンスはできないのでしょうか?
私はもともとディフェンスの選手だと思っていたんですけどね。
左サイドはホイトではなく、ソングでいいと思うのですが、どうでしょうか?

エブエはクロスの制度を上げてきましたね。
以前は、流れてしまう(酷い時はゴールラインを大きく割る)時が多々ありましたけどね。
ディフェンスもよくなってるし、このまま伸びてくれるといいですね。

レーマンは昨シーズンから本当に安定してきましたね。
このままの活躍してくれることを願っていますが、年齢的に若いゴールキーパーの獲得の必要があるのでは・・?
スチュワート・テイラーも出しちゃったし・・・

長文失礼しました。
  • [2006/10/04 00:50]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>kkkkkさん

リンクの件、了解致しました。コレクションに加えさせて頂きます(笑)

フレディは動きはいいんですよね。ただ3、4年前に比べると、明らかに体が重いというか・・・何というか、爆発力がありません。それだけに非常にもどかしいです。ここんとこ代表でもずっとそんな感じですし、もう「ストライカー」フレディは帰ってこないんじゃないかと思ってしまいますね。ただ彼の場合は点を取るだけが能じゃないんで、他にやれる事はたくさんありますし、実際今もよくやってくれてるとは思うんですが。


>ノマッチさん

ファン・ペルシが意味のわからんプレーをするのはこれが初めてではありませんが、さすがにあのボレーはおいおいと思いましたよ。本当一生もんです。ただ前からそうでしたけど、やっぱりロビンはベルカンプとはかなりタイプが違いますね。もっと経験を積んで、歳も取れば変わってくるのかもしれませんけど。今は別にやりたいようにやるのは構いませんが、やっぱもうちょっと流れに絡んできてもらわないと使いにくいですね。

エブエの3試合連続アシストは、これまでを考えると夢みたいですね(笑)全部浮き球のクロスですけど、どれも毛色の違うもので、これだけでかなり魅せてくれてます。これでもっと中まで斬り込んで、グラウンダーのドンピシャクロスが出せるようになれば文句ないですね。それこそラウレンの出番ないや(笑)まあ最近チームの調子が上向いてきているのは、エブエ自身が好調になってきているのが大きいと思いますし、この調子でずっと行ってもらいたいですね。


>Emiratesさん

初めまして、最近ファンになったという割には随分とお詳しいようですね。以前からフットボールファン、プレミアファンだったって事でしょうか?

センデロスは、トゥーレ、ギャラス、ジュルーと揃ってる時は、別にいなくてもいいかなと思ってたんですが・・・ギャラスとジュルーが壊れた時はさすがにどうしようと思いましたよ。まあ彼も今シーズン6番を背負うわけですし、早いとこ出てきてもらわないと困りますね。それ以上にクリシーです。こっちは本当にいないと困ります。まあ戻ってくるだけじゃなくて、順調に成長もしてもらわないといけませんがね。

アーセナルTVで見る事ができるのはハイライトだけです。なので本当に大体しか選手を把握する事はできませんね。アリアディエールは何度かトップチームでの出場経験があるのでわかりますけど。彼は今のところ全く出番がありませんね。しかもこのままだとベントナーやルポリに抜かれてしまいそうです。アンリ、アネルカと並ぶ逸材という評判が、眉唾でない事を証明してもらわないとね。

今回の4-5-1はポルト戦から引き継いでいます。リュングベリのセンターは昨シーズンもやってましたよ。昨シーズンの4-5-1の中盤は、両ウイングがフレブとレジェス、ジウベルトの前にリュングベリとセスクってのが基本形でしたから。必要に応じてリュングベリが左ウイングに上がり、ピレスがセンターとかやってましたけどね。

昨シーズンのCL決勝のオフサイドゴールは、1点目のエトーですね。真横からのリプレイがない時は、政治的な何かが働いてない限り(笑)、カメラがそこにないという事です。ザ・ヴァリーは小さいスタジアムですし、ロングボールだった事もあって、チャールトン戦のあれは真横からのアングルを用意できなかったんでしょう。どっちにしても視聴者が100%オフサイドだと主張したところで判定は覆りませんし、早急にビデオ判定を導入してもらいたいもんです。

ソングの適性ポジションは、今のところDMFとCBですね。どちらかというとDMFの方が本職のようです。機動力はないので、アーセナルのサイドバックは向かないでしょう。守備は多少安定するでしょうけど、ソングも右利きには変わりありませんし・・・。イタリアならそれもアリではあると思いますけどね。

エブエの最近のクロス精度向上は、猛練習してるとしか思えません。ヴェンゲルがやらせてるんでしょうかね。エブエの課題は攻撃面ではシュートとクロスの精度、守備面ではクロスへの対応でしたが、攻撃面での方はかなり改善されてきてますね。後はクロスに対する不安定さが解消されれば、それこそ世界最高のライトバックに成長するんじゃないかと思います。

レーマンはユーロ2008で現役引退を考えているようで、しかもその前にドイツに戻ってプレーしたいかもと言っています。なので今シーズンいっぱいとなる可能性が高いわけです。仰る通り若いキーパーの獲得は必要ですね。最新の候補は、アルゼンチン代表のオスカル・ウスタリだそうですが、どうなんでしょう・・・。

しかし他のチームについても同じようにお詳しいんでしょうか?僕はどうもアーセナル以外の事をそれほど学ぶ気になれません(笑)

私は、他のチームを学ぶ気はありますが、まったく詳しくありません。
他のプレミアは、たまに見る程度ですね。
私は、最近ケーブルテレビと契約したので昨シーズンはほとんど見れませんでした。なのでリュングベリがセンターをやっていたのは知りませんでした。でも、よく考えればピレスかリュングベリぐらいしかいませんね・・。
ピレスにとっては、最悪のシーズンだったのではないでしょうかね?
特にCLの決勝は、彼の顔を見てられませんでしたよ。

雑誌の立ち読みとかはアーセナルに目が行くし、インターネットでも以前調べて、多少アーセナルについてわかるようになりました。
若手はウイニングイレブンというゲームに登録された選手なら名前だけなら分かります。
そして、その選手を調べたりしました。あまり注目されていないと、記事が少ないですけど・・・。

ジュルーにくらべるとやはりセンデロスのほうが断然いいと思います。
セットプレーの時の得点源になりますし。

エブエは、マンU戦にクロスの際に、ジャンプしたが頭を超えて、ロナウドにフリーで打たれて、レーマンの顔面セーブに助けられたりしてましたね。
レーマンは、ユーロより前にドイツに戻る可能性が高いんですか・・・。

オスカル・ウスタリですか?知らないですね。
アルゼンチンのキーパーはどうもあまりうまくないというイメージが・・・。

ソングの左サイドは駄目ですか。
やはり、クリシーですね。

ベントナーってデンマークのフル代表デビューしていますよね?
人違いだったかな・・?
あと、クィンシー・オブス・アベイェを完全移籍させた理由が分かりませんね。
  • [2006/10/04 16:18]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

フレディは代表では真ん中をやって、プレーメーカー的な仕事をする事があります。なので彼のセンターは全く不安視していませんでしたし、最後の方はケガが続いて、ほとんどCL要員になってましたけど、あれは当たりでしたね。僕はレジェスにやらせても面白いんじゃないかと思いましたが。

ピレスはねぇ・・・しょうがなかったと思います。チームが若返りを図ってる中、自身のコンディションも上がらずといったところで、ヴェンゲルの中での重要度が落ちてしまっていたように思います。意を決して移籍したんですが、今度はこれですし・・・代表の事もあり、とことんツイてない感じです。

ああ、ウイイレですか。そういや10になって誰が入ったのか全然知りません。正直ウイイレの数字を真に受けない方がいいですよ、ウイイレ厨扱いされますから。個人的にクライファートがいた時のニューカッスルは強かったですね、彼一人で試合を決めれましたし。でも現実は全くそんな事はないって事で、そういう事です。

僕は正直センデロスよりジュルーのがいいと思うんですよね。ジュルーの方が安定感がありますし、裏を取られても何とかできますから。センデロスはチャールトンの時のように、相手がひたすらパワープレーを仕掛けてくる時は頼りになりますが、相手にスピードがあり、飛び出しのうまいストライカーがいるともう大変です。セットプレーは高さよりも入ってくるボールや、中の選手の動きに問題があるので、別にセンデロスでなくてもいいですね。高さだけなら今でも充分一線級ですよ。

エブエはねぇ、昨シーズンからクロスボールやサイドチェンジへの対応がマズイんですよねぇ・・・。単純に目測を誤ってる感じがするんですが、あれがどうにかならないと、決定力のある選手が揃ってるチームとの対戦では、かなりマズイ事になるでしょう。

僕もウスタリは見た事ないです。アルゼンチン人はプレミアに馴染まない感じがしますけど、何かやたら守備範囲が広いキーパーらしいんで、アーセナルではかなり大事な要素です。考えてみれば今キーパーがドイツ人ってのもかなり意外な話ですし、ウスタリもいいキーパーだといいんですけど。アーセナルに合いそうなキーパーってなかなかいないですから。

ベントナーはその通りデンマークのA代表に入っています。今回の予選ではどうだかわかりませんけど、デビュー戦ではいきなりゴールも決めました。

クインシーの移籍は本人が望んだ事ですし、まあ仕方ないですね。ヴェンゲルはどうも純粋なウインガーというのを好まない傾向があるようで、地元出身のライアン・スミスすら出してしまいました。そういやクインシーはどうなんでしょう、移籍後まるで情報がないので、ちゃんと活躍してるのかどうかさっぱりです。

ライアン・スミスも出ちゃったんですか・・・
クィンシーは本人が望んだんですか・・。じゃあ、仕方ないですね。
やはり、ベントナーデビューしてましたか。しかも、ゴールまで決めているんですね。でも、アデバヨールでもなかなか出れないアーセナルで出場するのは難しいですからね・・。

そうですね、アーセナルのGKの場合は守備範囲が必要ですね。
気に入ったキーパーは結構いたんですが、守備範囲とかはどの程度なのか分かりませんね。
キングストン、イサクション・・・
ただ、この2人は守備範囲はどうなんでしょう?
あと、ベンゲルが興味持ったと言われるDFのイリアスとアビダルとかもいいですね。ただ、センデロスやクリシーの復帰が近づいているということは、重要性が少なくなりますね。

確かにウイイレの能力は当てになりませんね。10に登場するアーセナルの若手(レンタルで出されいた選手は他のチームにいる)は、ラーション、ウォルコット、ギルバート、ディアビー、ソングとかですかね。
ちなみにソングの適正ポジションがCB、左SB、DH,CHでした。
なので、左サイドバックは実際にどうなのか気になったので質問してみました。本当に当てにならないみたいですね。

ジュルーのほうがいいですか。
スピードはジュルのほうがありますが、PA内とかで妙に焦るというか、そんな感じがします。
どちらもパスミスが多いような気がしますね。ちょっと怖いです。
センデロスは、高さは勿論ですが、ヘディングの制度はとても良いと思うんですが。
ライン統一もできると思いますし。

センターにレジェスですか。
だが、彼はディフェンスに何があると思いますね。
解説は、フレブにセンターをやらせるのも面白いんじゃないかと言っていました。





  • [2006/10/05 18:33]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Emiratesさん、お返事遅くなりまして申し訳ございません。

スミスもクインシーも唐突に出てってしまいました。スミスは地元出身なんで、残ってほしかったんですけどね。

ベントナーはヴェンゲルが高く評価している事は間違いないです。サマラス(結局シティに移籍しました)の名前が挙がった時、「うちには若いサマラスがいるじゃないか」とベントナーの事を言っていました。僕はクラウチよりいい選手だと思うんですけどねぇ・・・。

キングストンはワールドカップではいい活躍してましたね。守備範囲が広いかどうかは、あれを見る限りでは何とも言えませんが。イサクションの守備範囲は狭いと思います。イサクションに限らず、ああいう地味だけど堅実なキーパーってのは、アーセナルには合わないんじゃないかと・・・。

イリアスはトライアル受けてましたが、どうするんでしょう。今回獲らなかったのはひとまず見送りなのか、失格なのか・・・。アビダルも悪くないですね、レフトバックがフランス人だらけになりますが・・・。

ウイイレ10って出たの結構早かったですよね?レンタルの選手とか反映されてるんですか?そもそも毎回夏の移籍を反映させずに出すのは勘弁してもらいたいですね。絶対冬のマイナーチェンジバージョンを買わせるためですよ・・・。ゲームバランスもどんどんおかしくなってるし、まるで買う気が起きません。

ただソングの適性ポジションにLSBが付いてるって事は、前にやった事があるんでしょうね。あのゲームは適性がないと能力が落ちますから、例え失敗でも現実にやった事あるポジションは適性が付きますからね。ソングのLBはまあできなくはないでしょうが、守備的過ぎますね。本当にLBがいなくなったらそれもアリかなと思いますが。

センデロスが恐いのは、スピードがないのもそうなんですが、時折集中を欠いてる事があるというのと、無意味に飛び込みすぎる事ですね。そこは体寄せるだけでいいんだよってとこで、思いっきり飛び込みますから。なのでアジリティの高いストライカー相手ではものすごい不安です。リヴァプールに行ったベラミーとか恐いですねぇ・・・。その点ジュルーは多少振られてもカバーリングが素早いので、フリーでシュートを撃たれてしまう事はセンデロスより少ないと言えます。僕はセンデロスは高さよりも、正確なフィードを買ってますね。ショートパスはなぜかミスが多いですが。

レジェスは運動量が多いので、それだけでいいのです。ジウベルトがいますから。まあもう出てったんで、その話はしても仕方ないでしょうけど(笑)フレブも普通にアリですね、彼も運動量多いですし。ロシツキーよりはフレブの方はプレーメークはしてくれます。ただヴェンゲルはもう、フレブを右ウイングに固定してますからね、よほどの事がない限りセンターフレブってのは見られないでしょう。

いえいえ、返事はいつでも構いませんよ。

ベントナーは、アリアディエールより評価高いんですかね。
アリアディエールってフランス人なのに、アカデミーも出身なんですね。
アルマン・トラオレは、どうでしょうかね。16歳でトップチームデビュー(ベルカンプの引退試合)を果たし、その後トップチームの遠征に参加し、順調に行けばプレミアデビューは近いのでは?
彼も左SBでフランス人ですね。

イリアスと獲得していれば、この前無理やりギャラスを出すこともなかったんでしょうね。

GKの守備範囲は、画面を見ていてもいまいちよく分からないですね。
確かにイサクションは、広そうには見えませんでしたが。

ウイイレ10の発売が早かったのは、恐らくW杯後に発売だと、W杯でのデータが反映されていないと、ユーザーから批判が来るからでは・・?
8月とかは、移籍市場の真っ最中ですからね。反映されていないのは仕方ないと・・・発売をずらせば済むことなんですが。
冬の移籍市場でレンタルされた選手が反映されていると思いますよ。
若手のレンタルは、情報が少ないのでいつレンタルされたかは知りませんのでなんとも言えません。

そうですね、以前やったことのある選手は適正ついていますね。
シュバインスタイガーのSBとか

センデロスは、フィードが上手いんですか。
センデロスとジュルーの身長ってあまり変わりませんよね。
どちらも190ありますし。
ウイイレでは、ジュルーは180台になっていますが・・・。

そうですね、いなくなった選手の話をしていても・・・恐らく完全移籍になるだろうし。
でも、ジュリオ・パチスタは出場機会が少ないですね。
フレブは、右サイドでうまくやってますからね。
私もこのままでいいと思います。


  • [2006/10/07 12:13]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ベントナーがアリアディエールより評価高いかどうかはわかりませんが・・・。アリアディエールは確かにアーセナルに来るのは早かったですが、出身というとフランスのクレールフォンテーヌと言った方がいいんじゃないかと。トラオレはプレシーズンを見る限りではかなりよかったですが、すぐには出番は回って来ないでしょう。ギルバートの例を見てもそう思います。トラオレはまだ16歳、もう本当に誰もいないってな事にならない限り、出番は来ないでしょうね。

ウイイレはだから移籍市場が閉まって、移籍結果を反映させてから出せって話なんですよ。ユニフォームも前のシーズンのものになってしまいますし、最新版をやってる気がしないです。ワールドカップのデータより、移籍が反映されてない事の批判の方が圧倒的に多いでしょう。どう考えても冬のマイナーチェンジ版を売るためとしか思えません。ちなみに冬にレンタルされた選手は一度シーズン終了後に全員戻って来てます。複数年のローン契約ってのはほとんどないので、これも反映されてるとは言いませんね。

ジュルーって190センチもあったんですねぇ。正直見えないです(笑)彼は身体能力で勝負するようなイメージがあるからでしょうかねぇ。トゥーレとかあんまり上背はないのに、跳躍力がものすごいですから。

バプティスタはスタメン出場するには、もっとコンディションを上げないとダメだとヴェンゲルに言われています。まあしばらくは我慢が必要ですね。

ジュルーは、最初はあまり大きくないと思っていたんですが、ジウベルトと並んだときにでかいなーと思ったので、調べてみたら191cmとなっていました。
正確なデータかは分かりませんが、ジウベルトと比べる限りでは恐らくそのくらいあると思います。
トゥーレは、身長のデータがいろいろあったのでどれが正しいのか・・・。
跳躍力もすごいし、当たりも強いですね。

そうですね、まだトラオレは無理ですね。ローレンは、そろそろ潮時じゃないかなと思うので、ギルバートが戻ってきたときにはエブエのバックアッパーとして頑張ってほしいです。

ウイイレが、移籍市場の途中で発売するのは、恐らく夏休みのほうが売れると考えたのでは?
でも、はやり夏休みっていうことを考えるよりシーズンのデータをしっかりと反映させてほしいですね。


  • [2006/10/09 13:04]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いや本当お返事遅くなりましてすみません。何でこう時間ないんだろうな~・・・。

マガジンの名鑑(通称青本)では、ジュルーは190cmと書いてあります。アフリカ人の身長と年齢は、正直かなりいい加減ですからね(笑)何であまり大きくないイメージがあるかといったら、多分姿勢がよくないんでしょう(笑)ホイトはビシッとしてますよね。

ラウレンはこのままだと間違いなく降格ですね・・・。ってかベンチにも入れるかどうか不安。ベンチ要員は、ここ数シーズンでも破格の充実振りだと思うのですが、そうなるとやっぱ5人じゃ物足りないですね。

いやウイイレは確実に冬のマイナーチェンジ版を見込んでますよ。マーケティングとはそういうものです。システムがいつまで経っても完成しないのもそうですね。多分やろうと思えば、もっといいものはできるんですよ。でもそうなると続編が売れないから、小出しにする。まあそうなると段々ファンは離れていったりするもんなんですけどね。まあ僕はこの先もよっぽど買う事はないと思います。どうせやる時間もないし。

姿勢は、あまり見ていないのでなんとも・・・。
でも、確かにジュルーは大きく見えないときありますね。それは姿勢が悪いからなのか・・。

ローレンはきついですね。
移籍という道を選ぶのかな・・・。
ベンチは、もう2,3人増やしてほしいですね。そうすれば、若い選手にもチャンスが増えるでしょう。

ウイイレは、やっぱり冬のを買わせるつもりなんですか。
多少は、夏休みということもあるかもしれませんが。
今ぐらいの時期に発売だったら、新しいシーズンで移籍も完璧に反映されているでしょうに・・・。
やっぱり社会人になると時間がなくなるんですね。

  • [2006/10/11 20:26]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ジュルーの姿勢は特に悪いという事もないと思うんですが、いいようには見えませんね。

ラウレンはそもそも今シーズン移籍の噂が上がっていました。正直彼はベンチに置くのはもったいない選手ですし、本人もそう思ってるでしょうから、このままポジションを奪い返せなければ、移籍してしまうかも・・・。それよりケガはまだ治らないんでしょうか。センデロスとクリシーは順調に回復してるようなんですが・・・。

僕の場合、社会人といってもかなり時間はある方だと思います。このブログをやめればそれなりに時間も取れるんですけどね(笑)やりたいゲームはいろいろあるんですが、時間ないなぁって事でなかなか買う気になりません。移籍市場が反映されてないウイイレなんて面倒なだけです。僕の場合は友人がそこをしっかりやってくれてるので、対戦する時は困りませんし(笑)

アーセナルの公式サイトなどの英語で書かれているサイトを訳されているますよね?
すごいですね。
内容も濃いし、そりゃあ時間なくなりますよね。

その友達いいですね。
私は一度データを買って、完全なデータでやったことがあるんですが、やっぱり違いますね。

ローレンは、いつ復帰するのか情報がないですね。


  • [2006/10/12 19:28]
  • URL |
  • Emirates
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ニュースの紹介は主にオフィシャルとSky Sports、たまにBBCやYahoo! UK、その他から引っ張ってきてます。正直最初はここまでやる気は全くありませんでした(笑)その辺はアーカイブを見てもらえばよくわかると思うんですけどね。

ウイイレはコンピューターとやってても腹立つだけですからねぇ、やっぱ対戦してナンボです。そういや以前はネットで更新ができてましたけど、今はできないんでしたっけ?

エブエが壊れたんでラウレン必要なんですが・・・。どうなってるんでしょう。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/437-01fb71a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。