スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラブが昨年度の経営情報を開示 

Arsenal Holdings plc - Results for year ended 31 May 2006

今朝の朝刊にJリーグのクラブが経営情報を開示したという記事が載ってましたが、アーセナルも前年度の経営情報を開示しています。この手の事はさっぱりわからないんですが、とりあえず負債は大きく増え、2億6210万ポンド、およそ500億円強にまで膨らんでいます。エミレーツスタジアム建設に伴うものですね。詳しい内容は上記記事内、さらに詳細はドキュメントファイルで閲覧する事ができます。これまではPDFだったんですが、変わったんですね。PDFは扱いにくくて嫌いです・・・。


Edelman - We're set up for the future but there is work to do

紹介しておいて内容さっぱりワカンネじゃちょっと何なんで、キース・エデルマンのインタビューを載せておきます。

「我々はとてもよくやりくりしていると思うよ。エミレーツスタジアムの設備は素晴らしいし、完全に売り切っている。このようなクラブはイギリス内でもごく限られていると思うね。メンバーシップの会員数はここ数年で劇的に増加しており、移転後もシーズンチケットのウェイティングリストには32000人の名前があるんだ。だがまだやらねばならない事は多い。カスタマーサービスには力を入れているし、どんどんやっていくよ。スタジアム建設があるからね。」

「放映権収入にも追加がある。この数年でリニューアルに向けたスポンサーシップも付くだろう。それから資産の拡大をする。やる事はたくさんあるし、この先4から7年では巨額の収入もある。それによってクラブはより強くなるだろう。」

何か漠然としててあんまり参考になりませんね(笑)とりあえずチケットは順調に売れてるようです。まあ結果さえ出てれば自ずと入場者数も伸びると思うんですけどね。そこはイタリアとは違います、あくまで今のところの話ですが。


Gunners play down debt

Sky Sportsにもうちょっと載ってました。TV Onlineに加入してれば動画インタビューを見れるんですけどね。

「我々は経済的にとても強い。もし監督が選手を獲りたいと言えば、火力は充分にあるよ。我々は銀行に3600万ポンドのキャッシュがある状態で年度を終えた。今すぐ使えるものだ。だからキャッシュには全く困っていないよ。確かに借金は多い、スタジアムのローンに関係しているものだ。個人がより自分に合った大きな家を買うようなものだよ。返済しなければならないお金は増えるが、総じて強い経営基盤がある。資産で借金返済を賄えている限りはいいポジションにいるという事だし、間違いなく我々にはそれができる。」

「経営は健全だ。新スタジアム建設に伴う事業は継続的なビジネスモデルであり、我々は現金の投入や株主・その他からの借り入れなしにアーセナル・フットボールクラブを運営していく事ができる。ハイベリーの再開発は3年計画のプロジェクトであり、とてもよく売れているんだ。2009/2010に開発が終了し、そこからもっと収入を得て負債を返済していく事になる。」

健全だ、問題ないと言ってるのを聞くと逆に怪しく思えてしまうのは僕だけでしょうか・・・。毎回エデルマンは補強に使えるこれだけの金額を用意しているとかって報道が出るんですが、ヴェンゲルはそれを使い切った試しがないですよね。どっかで無理してんじゃないの??と勘ぐりたくもなります。まあ本当にエデルマンの言う通り問題なければいいのですが・・・。


Three strikes and in - Tyler

Sky Sportsに面白い記事が載っていました。マーティン・タイラー氏のコラムなんですが、それによると、

・少なくとも氏とアーセナルのスタッフ達の記憶に於いて、アーセナルがオールド・トラッフォードでPKを得た事はない。
・オールド・トラッフォードで勝利したシーズンは、リーグ優勝している(97/98、01/02)。プレミアシップが始まる前、ジョージ・グレアム時代の90/91シーズンにもオールド・トラッフォードで勝利し、優勝している。
・開幕3戦未勝利で、結局プレミアリーグ優勝したケースが一度だけある。プレミアシップがスタートした92/93シーズン、マンチェスター・ユナイテッドは開幕3戦を2敗1分でスタートし、最終的に2位に10ポイント差を付けてリーグ優勝を果たした(プレミア開始前は不明)。

アーセナルに関する事はこれぐらいです。アーセナルがプレミアで優勝したのは過去3回ですが、うち2回はオールド・トラッフォードで勝利を収め、優勝しているわけですね。唯一例外が無敗優勝した03/04シーズン。この時はスコアレスドローでした。ファン・ニステルローイがPKを外した事で、結果的にアーセナルは49試合無敗の記録を打ち立てたと。しかもこの試合、終了後に選手達がモメて何人かサスペンションを喰らったという。まあこれらはあくまで統計ですが、リーグ優勝はまだまだ不可能ではないという事です。気になるのはやはりチェルシーの勝点回収率の異常な高さ。つまり優勝に必要なポイントが、モウリーニョチェルシーの台頭以来高くなってるって事ですな。とっとと空中分解しろ。

それとこの記録はオフィシャルでも簡単に発見できたかと思いますが、アンリはプレミアの通算ゴール数で歴代3位に入っています。実はこの記事、GAMESとGOALSが逆なんですが、まあいいか(笑)トップは昨シーズン引退したアラン・シアラーで、260ゴール。2位のアンディ・コールとは75ゴール差を付けています。アンリは165ゴール、4位はロビー・ファウラーで160、5位はレズ・ファーディナンドで149。アンリ以外はみんなもう歳なんで、シアラーの記録を抜くのはまず無理です。ってかレズってまだ現役続けてたっけ?ところでこの記録で特筆すべきは、アンリの得点率の高さ。シアラーは441試合、アンディ・コールは389試合、ファウラーは361試合、レズは351試合でこの記録ですが、アンリは何とこの4人の中で最も出場試合数が少ないレズ・ファーディナンドよりも100試合以上少ない、240試合。試合毎の得点率でいうと、シアラーが0.59、アンディ・コールが0.48、ファウラーが0.44、レズが0.42ゴールとなっているんですが、アンリは0.69と群を抜いています。最初から最後までプレミアでやってたら、間違いなくシアラーの記録を抜いていたでしょう。っつってもアンリがこの先アーセナルと契約している4年で、25ゴールずつ決めていったら抜いちゃう計算になるんですけどね。シアラーの記録は普通に考えてもう破られる事はないだろうっていうとんでもない記録ですが、アンリならもしかしたら・・・。そう、絶対更新不能と思われたアイルトン・セナのポールポジション獲得回数の記録をシューマッハが抜いたように、アンリとて不可能ではないですね。


Wenger - We've been without title for too long

アーセナルがリーグタイトルを獲得したのは、無敗優勝を果たした2003/04シーズンが最後。この2年はチェルシーが連覇を果たしたわけですが、ヴェンゲル曰く2年もリーグ優勝してないなんて長すぎらしいです。

「新しいスタジアムに移転したところだからね、これはチャレンジだ。だがもう2年プレミアシップを優勝していないし、あまりに長すぎだと思うんだ。我々はとても若いチームで、且つとてもいいチームだ。ゲームを席巻してきたが、ビッグチームになるために抜け目無さも身に付けたい。これまでは苦しんだ試合もあったが、流れを変える力はあるよ。今は全てのチームを圧倒しているように見えるが、実際に叩きのめしたいんだ。」

「私の次の目標はリーグ優勝とチャンピオンズリーグのダブルだよ。可能なら2007年にね。」

スタジアムを移転して観客動員数と借金と共に野望も膨らんだヴェンゲルさんのコメントでした。でも僕もこれぐらいの心意気で行ってほしいと思います。っつかリーグ連覇したい・・・。


Wenger: Beast lacking sharpness

ヴェンゲルはバプティスタのコンディションがまだ整っていないと話しています。

「ジュリオはとてもいい選手だ。だが彼はそれほど多くプレーができていない。試合で先発するにはよりシャープになる必要があるし、試合でのフィットネスが必要だ。」

ヒル?ウッド会長のコメントはエデルマンのものとほとんど同じなので、割愛。


そういやレーマンのペットボトル蹴り入れ事件の続報はまだですね・・・。
スポンサーサイト

コメント

 お久しぶりです。超お久しぶりです!!最近本当に忙しくて(^_^;) でもしばしばチェックはしておりました。新シーズンが開幕してリーグ戦に勝利したらコメントしようと思っていたら、結局こんな時期になっちゃいました…。(笑)

 しかし、初勝利が9月の半ば過ぎになったとはいえ、マンUに勝ったのは嬉しいことです。ホントに嬉しいです。やはりなんだかんだでアーセナルのライバルはスパーズとユナイテッドですからね!! シアターオブドリームでユナイテッドに勝ったのは、あのヴィルトールのゴールで優勝を決めた時以来ですからね~!!なんか僕一人で、まるで優勝したかのように喜んでました。

 それと一つ気になっていたのは、この前のCLのHSV戦で、試合途中にアーセナルの選手11人全員が違う国籍だったという珍記録についてなんですが、統計のエキスパートでも何でもない僕の記憶によると(笑)2か3シーズンくらい前のCLでのアヤックスが、確かスタメン全員の国籍が違うということになっていたはずなんですが…。記憶が曖昧なくせに調べる気もなかったもので、適当な事を言ってたらすみません。 まぁ良い若手を集めていくと自然と多国籍な編成になってしまうということですかね? 最近のアヤックスはそうでもないんですけどね。 ど~でも良いことを失礼致しました。

 これからは再び、ちょくちょくコメントさせて頂くつもりなので(笑)、宜しくお願い致します。

英でもスキャンダル。。。

陸さん、どうもでっす。

昨日はアラーダイス監督とレドナップ監督の収賄疑惑のニュースを見て気になってしかたありませんでした。ネットの記事だけだったので何とも言えませんがレドナップさんに至っては、おとり取材(エリクソンもひっかかったなぁ。。)での映像がBBCで流されたとか。。。他にもスキャンダルしてると言われる監督の名前が何人かあがっているようで、FAも調査に乗り出すようです。

セリエAのスキャンダルにも少し驚かされましたが(ユーベ有利の判定には何かあるか?と思っていましたが。)、プレミアも同じようにスキャンダルが暴かれるんでしょうかね?でもシーズンも始まっちゃってるし、実際に黒だったとして、どーするんでしょう????

>ヘンリーさん

本当お久しぶりです、もう9月も下旬に差し掛かろうってところですよ(笑)でもリーグ戦にこれまで勝利してなかったので、ある意味予定通りですね(笑)

僕もユナイテッドに勝ったのは優勝したのと同じくらい嬉しいですよ。スパーズは・・・勝って当たり前と思ってます(笑)まあ実力差があっても試合は拮抗する事が大抵ですけどね。プレミアになってから、厳密にいうとその一つ前からですが、オールド・トラッフォードで勝つとそのシーズンはリーグ優勝してるというデータがあるんで、今回もそれを再現してもらいたいものです。

11人全員が違う国籍っていうのは恐らく初めての事ではないでしょう。僕の書き方も悪かったですが、記録になると思われるのは、違う国籍の11人がピッチに立っていた、41分という時間の事じゃないでしょうかね。正直僕もよくわかりませんが(笑)でもこれはやっぱり、クラブの名前からしてインテルが持つべき記録ですよね。是非90分フルで(笑)

これからは、という事は忙しさは解消されたって事ですかね?無理なく、時間の取れる時で構いませんので、これからもどうぞよろしくお願いします。


>ノマッチさん

こんにちは、何だかイングランドもきな臭くなってきましたねぇ・・・。買収問題、代理人問題に加えて、監督のスキャンダルですか。買収と代理人の話は外部からやってくるものなんで、自衛するのはなかなか難しいものがありますが、監督が汚い事やってちゃねぇ。まあヴェンゲルはそういう事はしない人だと確信してるので、アーセナルに関しては僕は何の心配もしてません。監督としてのハリーは買ってるので、もしいなくなってしまったら残念ですが・・・ビッグサムはイラネ(笑)どこかで18人の現職・元も含めた人物に疑惑がかかってるようですが、かなり多いですよね・・・。

イタリアと違うのは、試合結果に直接関わるようなものではないって事ですかね。なので実際に裏金を受け取っていた監督が逮捕され、フットボール界から追放されるなり何なりされるんでしょう。クラブに罰則が下されるという事はないはずです、組織ぐるみでやってない限りはね。しかしアーセナルは昔ジョージ・グレアムがこれやって解任されてますからね・・・懲りない連中もいるもんです。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/428-92661b06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。