スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェンゲル、買収の噂について語る 

Board are my reassurance policy - Wenger
Wenger slams foreign investors

昨日否定された買収の噂について、ヴェンゲルはオーナーはイングランド人であるべきという持論を展開しました。

「オーナーがイングランド人であり、彼らはまず最初にアーセナル・フットボールクラブのファンであるという事が、私をより安心させているんだ。いつか私はいなくなるし、選手達もそうだ。だがオーナーは替わらないはずだ。彼らは実際に価値を受け継いでいく存在なのだからね。」

と、オフィシャルの記事はここで終わってるんですが、実際には外資が入っているチェルシーやユナイテッドを批判してたんですね。Sky Sportsに続きが載ってました。買収にあたっての金額は3億5000万ポンド(約700億円)だという話も載ってます。

「アーセナルのいいところは、自分達のやっている事、そして何故それをやっているのかを理解している事だ。イングランドのクラブがイングランドの価値を持ち続ける事が大切であり、ただ誰よりも多くお金を払って人間にならない事だと思う。イングランドにとって、クラブはファンの支配下にある事が重要なんじゃないかな。オーナーはまずファンであるべきなんだ。」

「(外国人がオーナーを務める事は)哲学の変化をもたらし、将来的にそれがイングリッシュフットボールにどんな影響をもたらすのかはわからない。私は自分のオーナーに満足しているし、変わる必要があるとも思えない。例え私が経営破綻していたとしてもね。だが我々は経営破綻する事なく新しいスタジアムを作り上げるという、奇跡を達成している。クラブはよくやっていると思うよ。我々は将来を約束されたチームを持っており、チャンピオンズリーグ決勝進出を果たしたところだ。まあスタートでつまずいてはしまったが、経済面・スポーツ面でも、我々のやってきた事を見れば、クラブはとてもいいものに見えるじゃないか。」

最もイングランド人が少ない、というか最近じゃピッチにもベンチにも一人もいないって事もザラではないアーセナルが、外資の影響を受けていないってのも何か皮肉なもんですね。


'I would like to have played alongside Pires'

ロシツキーのヒーローインタビューです。撃った時は外れると思ったそうで。ぶっちゃけ僕も撃った瞬間は枠に飛ぶとは思いませんでした。

「最初あのシュートは客席に突っ込んでいくと思ったから、入った時はとてもハッピーだったね。似たようなゴールをワールドカップでも決めたけど、こっちの方がよかったと思う。もっと高かったし、こっちの方が楽しめたね。代表ではかなりたくさんのゴールを決めてきた。ドルトムントではあまりうまくいかなかった。シーズン平均5ゴールだったからね。僕のポジションではもっとゴールを決めなきゃいけないと思ってるよ。アーセナルではもっとゴールを決めたいんだ。」

「ロベール・ピレスはいつも好きな選手だった。アーセナルを見る時は、いつも彼を追っていたんだ。彼はとてもいい選手だし、デイヴィッド・ベッカムに似ているよね。また一方では彼とプレーしたかった。でももし彼がアーセナルに残れば、多分僕を獲得しようとは思わなかっただろうって事もわかってる。ピレスはたくさんゴールを決めていたから、僕もベストを尽くすよ。でも思うに彼は僕よりもできる事が多いよね。創造的な仕事をできるようにがんばるよ。まあ誰がゴールを決めようが関係ないけどね。大事な事は勝ったって事だ。何にしてもアーセナルでこれだけ早くゴールを決められた事にはとてもハッピーだよ。」

今日はアーセナルのピレスがゴールを決めて勝つ夢を見ましたよ・・・。ピレスがベッカムに似ているとは思えませんが、あんまりロシツキーとも似てませんね。どっちかっていうとフレブの方かな。ただフレブはあんまり点取ってくれないんで、ロシツキーはピレスのボックスに入っていくタイミングを研究して、どんどん点を決めてもらいたいものです。


Van Persie hits back at critics

やっぱりダイブだろって批判を受けているらしいファン・ペルシですが、それを否定しています。

「最初は直接シュートを撃とうと思ったんだ。それからファーストタッチをして、キーパーを抜いた。接触はちょっとあったよ、ダイブしようなんて意思はなかった。そういうのは好きじゃないし、ゲームにとっても悪い事だと思う。」

倒れ方うまいですからね、ロビンは。逆にセスクなんかは明らかに引っかかってるのに、倒れ方が下手でPK取ってもらえないとか。しかしちょっと前まではダイバーだったと思うんですが、イングランドに慣れてきて考えが変わったかな?まあ何にしてもダイブってのはイングランドでは嫌われるんで、絶対にやってほしくないプレーです。


Wenger pleased with spirit

ヴェンゲルのインタビュー。キャッシュリーが自伝の中で、一部の若手が試合中にサボってると書いていた事について、別に気にしていないという事、マンチェスター・ユナイテッド戦について、そしてアンリとファン・ペルシのケガについて。

「それが間違いだと証明する最善の方法はスピリットを見せる事であり、ちょうどいい機会もある。昨シーズンに1月から5月にかけて調子を取り戻していった事で、我々にはスピリットがあると証明されているしね。私は気にしていない、それより試合に勝てていない事の方が残念だ。これは世界のモデルの一部だよ。メディアを見る時はネガティブな見方を目にしないという方が難しいんだ、付き合っていかなければいけない事だよ。やらなければいけない事、それは何が正しいのかを見せる事だ。」

「試合に勝ちたいと思っているし、ビッグクラブはビッグゲームへのアプローチや、ビッグゲームの流れをこちらに引き寄せる事ができるかで、判断されると考えている。それがマンチェスター・ユナイテッド戦で勝つ事ができると示したい事なんだ。プレミアシップでは残念なスタートとなってしまったが、我々が戦ってきたのは積極的に戦おうとしないチームばかりであり、試合をモノにするにはあまりいい状態でなく、シャープさも欠いていた。今回は我々が成長しているという事を示す機会がある。私はオプティミストだが、リアリストでもある。私には私のチームのポテンシャルがよくわかっているし、現実的に試合に勝つ事ができると考える事は、あらゆる面に於いて可能だと思う。」

「ファン・ペルシはかなり難しく、アンリも間に合わないと思う。他のケガをしている選手も誰一人戻っては来られない。理想的にはアンリを使いたいが、ティエリ・アンリがいようがいまいが、またファン・ペルシがいようがいまいが、我々はマン・ユナイテッドに勝ちに行く。」


Gallas gives Gunners thumbs up

続いてギャラスのインタビュー。アーセナルでは全く問題ない事、それから代表の事も少し話しています。

「ファンは完璧な形で僕を迎えてくれた、とてもいいね。この新しいスタジアムもいい感じだよ。ガエル・クリシーがケガをしているから、僕がレフトバックをやらなくちゃいけないけど、全く問題はないね。最も大事な事はタイトルを取る事。リーグ、FAカップ、もしくはチャンピオンズリーグだ。出場できるんなら問題はないよ、それは監督が僕を信頼してくれてるって事だからね。前回のワールドカップでは、僕のクオリティを世界に示したかった。なぜセンターバックが僕にとってベストなのか示したかった。大きな大会でこのポジションで屈指の存在になるのは、僕にとってチャレンジだったね。ヴェンゲルは最高の監督の一人だ、いろんな事を話してくれるし、選手への理解もある。先週一人のチェルシーファンになぜチェルシーを出たのか聞かれた。彼に全てを話したら、安心して僕の主張を理解してくれたよ。アーセナルの守備陣は若いが、一方ではとても経験豊富でもある。チャンピオンズリーグを経験しているからね。アーセナルは若いスター達のチームであり、彼らのフットボールは美しい。」

「僕はアーセナルに全てを捧げるつもりだ、チェルシーやカーンでそうしたようにね。僕はプロだから。チェルシーの訴えで僕は傷ついた。然るべき時が来たら真実を話すよ。」

「この前のイタリア戦の勝利は爆弾だったね。誰がベストなのか、それを示してやったんだ。レキップ紙は人々に夢を見せているが、それは一番大事な事だよ。僕達は試合のどんな場面でも得点でき、守備は堅く崩せないものだと思ってるよ。スコットランドでの試合が楽しみだよ。」

そのチェルシーファンが何者かはわかりませんが、彼には全てを話したのですね。まあ今やるとキャッシュリーみたいになるので、しばらくは沈黙を決め込んだ方が賢明でしょうね。


Reyes slams Cole comments

散々ゴネた末にレアルへ行ったレジェスですが、キャッシュリーが主張しているような事がなかったとアーセナルを擁護しています。

「彼はトラブルを引き起こそうと企んでるね。彼が何と言おうが、アーセナルのドレッシングルームはいい雰囲気だったよ。」

リヨンには予想通り完敗を喫したレアル。次のリーグ戦、ソシエダ戦でレジェスは先発出場が見込まれています。

「僕の本当のデビューになるだろう。リヨンでの敗北は辛いものだったけど、できるだけ早く忘れなければ。僕達みんなが望んでいたスタートではなかった。これからよくなっていくと思ってる、でも道のりは長いね。負ける事はいつだって辛いよ、負けたのは1試合だけど、チャンピオンズリーグ全体で負けたような気分だ。」

そして久々に戻ったスペインと、イングランドとの違いについて。

「ここではフィジカル面でのトレーニングは少ないね。スペインではパスとファーストタッチにより主眼が置かれたトレーニングが行われるんだ。」


Fabregas fires Senna warning

セスクは、ユナイテッドがハーグリーヴズかセナを獲らなかった事を後悔するんじゃないかと話しています。

「試合のキーエリアは中盤になるかもね。マイケル・キャリック、ポール・スコールズ、ジョン・オシェイはお互いがお互いを補い合ってる。僕達に必要な事は、支配率で上回る事だ。ユナイテッドがもう一人ミッドフィールダーを獲らなかった事には驚いたね。マルコス・セナとオーウェン・ハーグリーヴズを欲しがっていたと聞いてたけど。ハーグリーヴズは詳しくは知らないが、彼のクオリティは知っている。ワールドカップでセナと一緒にプレーした時は楽しかったし、彼ならどこに行ってもやれると思うんだけどね。彼らはキャリックに期待をかけすぎだよ。彼が示している自信が過ぎたものであるかどうかは、時間が来ればわかるけどね。」

何か達観したようなコメントですね(笑)いいから君は自分の仕事に集中しなさい。


Naismith keen on Gunners

移籍市場末期にトライアルを受けていたスコットランドのストライカー、スティーヴン・ネイスミスが、まだアーセナル入りを諦めていない旨を明かしました。

「アーセナルでの時間を楽しんだよ。戻って来れてハッピーだし、彼らは僕を見て成長をチェックしてくれてるって聞いてるんだ。それが僕が尋ねられる全てだけどね。1月までは何も起こらないし、その時になってもないかもしれない。キルマーノックは僕の給料を払い、獲得してきてチャンスを与えてくれたんだ、だから僕は彼らに全てを尽くす必要があるんだ。目を向けなければいけない事はとてもたくさんある。アーセナルに行ったとしても、毎回出場する事はできないだろうってわかってる。でも監督はローンでここに戻す事になるかもしれないという話もしていたし、プレーを続けられるさ。お金より大事な事なんだ。監督は僕のところに来て、まだ彼らが僕に興味を持ってくれてるって話してくれた。僕はベストを尽くしてプレーしなければならないし、それで(入団するのに)充分だといいんだけどね。」

この選手は見た事がないので何とも言えないですねぇ。俊輔にもセルティックにも興味ないんで、スコットランドは他に見るものがないって事でもない限り見ないんで。しかもストライカーは何だかんだで人数いるしなぁ、今は使い物にならない選手も多いですが。それより冬はレフトバックとレフトウイングが欲しいですね。


Queen to officially open Emirates Stadium

これを以てエミレーツスタジアムの真の幕開けとなるんでしょうか。10月26日にエリザベス女王とスコットランドはエディンバラの公爵がエミレーツスタジアムを訪れ、オープニングイベントが行われるそうです。ちなみにこの日は試合はなく、前日にカーリングカップの3回戦が行われる事になっています。ヒル?ウッド会長のコメントをどうぞ。

「陛下が公式にエミレーツスタジアムをお開きになる事に、とてつもない喜びを感じています。真の名誉であり、来月我々の新しいスタジアムに、陛下とエディンバラ公爵をお迎えする事をとても楽しみにしています。1932年には、ハイベリーのウェストスタンドは皇太子殿下に公式にお開きして頂きました。アーセナル・フットボールクラブの歴史に於ける新章の始まりに、皇室の公認を賜る事ができ、改めてこの上ない喜びを感じております。」

何かすごそうとしか言えない(笑)

そんな事より、オフィシャルでスクリーンセーバーのダウンロードができますよ。解像度の種類があるんですが、窓と林檎で別ファイルは用意されてません。なので林檎で使えるかどうかは不明です。オフィシャルのスクリーンセーバーって珍しいので、この機会にゲットしておく事をオススメします。


そういや二週間か三週間前にアウェーユニフォームの写真をアップするといってすっかり忘れたままでした・・・ジウベルトにしたのがいけなかったか(笑)
スポンサーサイト

コメント

エミレーツスタジアムがCLファイナルの舞台になる日も来るんでしょうか?
アレーナ・アウフ・シャルケ(今は違うう名前になりましたが)が完成して数年でファイナルの会場に選出されていたので期待しています。最近のファイナルは専用スタジアムがなぜか選ばれません。今年はアテネですが、なぜあそこが度々選ばれるのか分かりません。

>レジェス

アーセナル自体には不満はなかったの言うのは本当のようですね。たまに私服の写真を見るとブランドロゴ丸出しのTシャツを着ているのをよく見かけたので、「もう少し洗練されてから帰国してもよかったのに」と思います。「アシスト14」はかなりの貢献でしたので、やはり残念ですね。「リヨンVマドリー」を観ましたが、大部分を右サイドで使われて可哀想でした。FA杯のチェルシー戦くらいしか右での活躍は思い出せません。

>コール

喋れば喋るほど、バ〇がばれていくだけのような・・・、お金のためじゃないと言いながら、自伝も内容を特定の媒体に金で売っているのはいかががなものかと。ナイトクラブが大好きな彼に付き合う選手がいなかったんでしょうか?

>ユナイテッド戦

向こうも絶好調ギグスを欠くので、こちらも故障者がいるとはいえその点は互角ではないでしょうか。セルティック戦を少し観ましたが、DFラインが不安定な感じでしたし、ルーニーは良くなかったです。勝つなら1-0な気がしますが、予想は1-1で。



いよいよ!

今夜はアーセナルvsマンU戦ですね!しかもリバプールvsチェルシーもあって目が離せないですね。

2トップは誰になるのでしょう?僕はここはアデバヨールとウォルコットを起用してほしいです。ウォルコットの若さに賭けてほしいなぁって思うんですが、いかがでしょうか?マンU戦だからこそ、若さが必要だと思うんですよね。

初めてです

よろしくお願いします≦(._.)≧勝っちゃいました~!ガナーズの反撃が始まりますね!!

>さとさん

>エミレーツスタジアムがCLファイナルの舞台になる日も来るんでしょうか?
僕もそれすごく期待してるんですよ。まあロンドンにはウェンブリーという強敵がいますが・・・しかも改装中って事で生まれ変わりますし。でも10年後ぐらいでもいいんで、エミレーツスタジアムでやってほしいですよね。もちろんその時はアーセナルが決勝進出して、本当の意味でのホームで戦ってもらいたいです。実現したとしても、抽選でアウェー扱いなんてオチがつきそうですが(笑)

スペイン人はあんまりファッションセンスがないですよね・・・。僕は行った事ないんですが、大体みんなそんな感じらしいですし。半分(というか3分の1?)スペイン人のピレスも、私服のセンスはちょっと目も当てられないものですし。ただ少なくともこのユナイテッド戦を見る限り、4-5-1ではレジェスがいればなぁってシーンは特になかったですね。セットプレーではやはりいてもらいたいですが・・・。

キャッシュリーはちょっと新聞に自伝の内容を流しすぎですよね。あんまりやると逆に売れなくなりそうな気が・・・。ナイトクラブは他のチームのイングランド代表選手とかと言ってたっぽいですね。アーセナルには他にロビンぐらいしかいないんじゃないでしょうか。しかもロビンとは仲良くなさそうですし。こちらもまた、ギャラスで充分って感じがしますね。ジュルーが思いの外成長してきてる感じがするので、このままレフトバックでもいいかも・・・とか思い始めました。まあ個人的にはクリシーにやってほしいですけどね。

そしてユナイテッド戦、勝ちましたね。やはり向こうはギグスを欠いてるのは大きい様子でした。しかしユナイテッド初の開幕連勝記録を止めたのがアーセナルってのもまた何か皮肉な感じです。今回は自身の無勝記録ストップも重なりましたし、やはり宿命のライバルですね。


>ノマッチさん

チェルシー対リヴァプールはやはりチェルシーが勝ちましたね。コミュニティシールドで勝っちゃうとシーズン中は勝てないんですよ(笑)まあ僕はユナイテッドに勝ったんで他の試合はどうでもいいって感じです。

今回は2トップじゃなくて1トップでしたねぇ。アデバヨールでこれをやるとは思いませんでした。バプティスタ投入と同時にテオも入れてほしかったんですが、その後も出番なく・・・いい加減使おうぜ、いい加減使おうぜと思いつつ時間が過ぎていき、リードを奪った時点でもう投入はないなと思いました。そして予想通りフラミニが出てきたと。まあアデバヨールもまだ若いですし、今回仕事して自信もついたんじゃないでしょうか。これでまた活躍してくれると嬉しいんですけどね。


>ラウレンさん

初めまして、よろしくお願いします。

これまでリーグ戦未勝利で、初勝利がアウェーでのユナイテッド戦ってのは大きいですねぇ。これで一気に上昇気流に乗っていってもらいたいもんです。今回はアンリ抜きの4-5-1というかなり特殊な状況でしたんで、一番大事なのはアンリが入って元のフォーメーションに戻った時、いいプレーをして勝つって事ですね。ただ今回は相手がユナイテッドって事で、チームも相当盛り上がったんじゃないでしょうか。これで期待できます。

ジウベルト、外すと思った人が多そうです。

対ユナイテッド

内容からして順当勝ちでしょう。プレミアをAWAYで勝ったのはいつ以来でしょう?個人的に印象に残ったシーンは、スールシャールがレーマンにはじかれた後の「信じられない」と言うひょうじょうですね。開幕のフルハム戦観たときは、「相手が好調なときに当たるなあ」と思ってたのですが、スパーズ戦は見る影もありませんでしたので「もしかして」と思ってはいました。観戦中、85分まではアデバヨルに文句ばかり言ってました。友人がロンドンに行っているのですが、バーでは彼の悪口満載だったようです。FWはこういう試合で決勝点を決めてくれればいいので、最終的に文句はないのですが、1TOPなのに彼はMFに動かされすぎですね。もっと自ら呼び込まないと。

私も、ジュルーは試合ごとに安定してきているように思えます。攻め上がった時にカットされた以外は十分だったのではないでしょうか?さて、スカパーではギャラスの雄たけびとともに終わっていましたが、ArsenalTVでは、その続きが見られました。チームにとけ込んでいる感じがしてよかったです。

昨年と違い、フラミニ投入後もセスクはセンターなのは信頼の証なんでしょうか?フラミニの方がサイド上手いですよね。昨日もパスした後、裏で受ける意識を感じました。セスクはサイドに振るパスの精度にやや不満はありますが、うなぎのごとく抜けていくセンスは素晴らしいです。セレブのコールさんに「パトリックの足元にも及ばないね。」と自伝に書かれてたようですが、何を今更と言う感じです。まあ、セスクもチクリ言い返しているようですが。

>リザーブチーム

彼らは4-3-3でやっている観たいですね。メリダがもうチームの中心担っているようですね。フィジカルも強いようで、今季のカーリングカップで是非観てみたいです。

記事でも書きましたが、プレミアで勝ったのは01/02にオールド・トラッフォードで優勝を決めて以来です。遠い昔ですね・・・。スールシャールには悪いですが、アーセナルの人間としてはあの表情は滑稽でした。ただ正直彼が要注意と言っていた僕としては、それを一瞬でも証明してくれてよかったとさえ思える余裕が、今となってはあります。しかしセルティック戦といい、ちょっとユナイテッドは失速気味ですかねぇ。このまましばらく不調でいてくれると助かるんですが、首位がポンペイってのがまた何とも・・・。

アデバヨールは一生懸命且つ楽しそうにやってるのはいいんですが、イマイチ頼りないですよね。身長190センチでキープ力があり、パッと見1トップ向きなのに前にいない事が多いんで、正直向いてないと思ってました。でもその分中盤が好き勝手やれてましたから、ある意味ではこっちの方が洗練されてるのかもしれません。アンリはすごい選手なんですが、その分みんなちょっと頼りすぎなとこもありますからね。今回アンリを欠いていた事は、結果的にはチームにとってプラスになったと思います。

僕もジュルーの成長には感心してるんですよ。ただ立ち上がりでしょうかね、裏を取られた時、一瞬足を止めてしまってるのが気にはなりました。ギャラスだか誰かがカバーに入り、大事には至りませんでしたけど。上がっていった時は出すとこないから行っちゃえって感じでしたけど、たまにはあれやってほしいですね。さすがにあの時間帯にやられると恐いですが。

僕アーセナルTV見れてないんですよ。今日やると思ってたら、火曜日でした(笑)昨日お休みだったせいで曜日感覚が狂ってます。でさっきMUTVを見てたんですが、そっちでもギャラスの雄叫びとその後は映ってました。でもあれはアウェーで応援に来たサポーターに向けてのもので、特に他のチームメイトと労い合う様子がなかったのがちょっと気がかりです。

セスクが最後までセンターに残ってたのは、間違いなく彼の守備力が向上してるからでしょうね。だからそこはステイアウトでOK、それよりもサイドを固めたい、もっと言えばロナウドとエブラを封じて打つ手をなくさせようって意図でしょう。アーセナルではセスクの方がサイドやってる頻度が高い、というかフラミニは中盤のサイドはほとんどやってませんが、マルセイユでは右MFだったはずです。なので攻撃のスキルはともかく、攻め上がりのタイミングとかはよく知ってると思いますよ。頭もいいですし。セスクは横パスがちょっと甘い傾向がありますが、大体あの手の選手はみんなそうですね。縦に入れる、もしくは自分が上がっていってナンボといった感じで。ヴィエラのようになりたいのならそこは向上させていかなければなりません。ジウベルトは散らしが本当下手ですからね。そういやキャッシュリーが何を書いてるのか、一回読んでみたいんですが、金払ってまで読もうと思えません。どっかで違法アップロードしてくれないかな(笑)

>リザーブは4-3-3
そうなんですが、まあメリダを中心に据えるんであればその方がよさそうです。彼は体が結構ゴツイんで、フィジカルは強そうだなと思ってました。セスクみたいなパサーというよりは、セードルフと似たようなタイプじゃないかと思うんですが。カーリングカップではよほど強い相手と当たらなければ出てくるでしょうね。セスクみたいな活躍ができれば、来シーズンはトップチーム入りもできるかも・・・?

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/426-84c53cab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。