スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティ戦 マッチリポート 

マンチェスター・シティ 1-0 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
エミレーツスタジアム
2006年8月26日(土)
キックオフ:午後5時15分

主審:ユーライア・レニー
入場者数:40699人


マンチェスター・シティ   1
   バートン 41分(PK)
アーセナル   0


 ARSENAL
   レーマン
   エブエ→フラミニ(83分)
   トゥーレ
   ホイト
   ジュルー
   ファブレガス
   ジウベルト
   フレブ→アデバヨール(76分)
   ロシツキー→ウォルコット(66分)
   アンリ
   ファン・ペルシ
 SUBS NOT USED
   アルムニア
   シガン

 MANCHESTER CITY
   ウィーヴァー
   リチャード・ダン
   ディスタン
   ジョーダン
   リチャーズ
   バートン
   ダボ
   シンクレア
   ディコフ→サマラス(86分)
   ヴァッセル→ミルズ(79分)
   コッラーディ
 SUBS NOT USED
   ハート
   アイルランド
   イシュマエル・ミラー



もう今週末は最低です。プライベートでちょっと辛い事があり、アーセナルは負けてるしミハエルはアロンソに負けてるし・・・シティ戦に関してはもはや言い訳のしようがありませんが、アロンソはね。ミスター・セカンドめ。チェルシーみたいなつまらないレースばっかやりやがって。恥を知れ。あ、マッサは初優勝おめでとうございます。前回バトンも初優勝って事で、連続初優勝ですね。次は誰だ?デ・ラ・ロサか?いや、もう荒れに荒れて山本左近がいきなり優勝とか・・・天地がひっくり返ってもあり得ないですね、ハイ。

しっかし2戦目で敗戦とは一体何考えてんですかね。これ2ちゃん風に言えば、「サッカーっていうのはボールを白い枠の中に入れるとゴールなんだよ。これアンリってやつに教えてきてやれよ。」って事になるんでしょうか。まあ回すだけ回して然るべきところで撃たない、引いた相手にパス一辺倒、セットプレーはまるで可能性なし(まあトゥーレのヘッドがバーに当たったシーンはありましたが)ではこれも必然ですね。そりゃアンリがやたらキーパーにパスするとか、ファン・ペルシのシュートが白枠に当たりまくるとかいうのはあるんですが、ちょっと戦い方変えれば何とかなるだろっていうところがありますから、結局勝つ努力を怠ったといえばそれまでなんですね。しかしヴェンゲルも時間をかけすぎていたと話しているんですが、一体誰の方針でこうまでくるくるパスを回してるだけになっちゃうんでしょうか。結局のところ決めるべきところで決められず、カウンターやセットプレーなどで一撃喰らって終了っていう昨シーズンのパターンを踏襲しちゃってますね。まあ今回の失点シーンは思い出したくもないようなバカげたPKでしたが。

ただ昨シーズンの不調に比べ、ポジティブな面がないでもありません。昨シーズンはとにかく中盤を制する事に苦しみ、パスが回らなかったんですよね。ようやく相手を押し込めるようになるのは、相手が失点してからという。今シーズンはやはりロングボールに苦しんでいるとはいえ、中盤は速いプレッシャーを何とか回避してある程度ゲームをコントロールする事ができています。これはやはりフレブやセスクの成長ってのが大きいですね。ロシツキーは最初で気合いが入ってたのか、がんばって合わせてましたし、中盤での物足りなさというのを感じなくなったのは昨シーズンよりいい事です。昨シーズンなんかポゼッションで下回る事も少なくなかったですからね。やはり最大の問題は決定力、アンリやアデバヨールのコンディションが上がり、ファン・ペルシにあとちょっとだけの運が向けば得点を量産できるようになるのかもしれません。コンディション的にはワールドカップ後で今が底だと思いたいですね。

守備に関しては、う?ん・・・。レーマンは一度とんでもないミスキックがありましたが、あれは左脚でちょっと難しいボールでもあったんで、予想はしてました。好調時の彼でもあんなもんだと思います。それ以外は安定してましたし、いいセービングもありましたんで、問題なし。トゥーレはだいぶ不安定さがなくなって、復調してきたなって感じですね(ザグレブ戦からの数日間で何が・・・?)。ジュルーもあんなもんだと思います。問題は両サイドバック。エブエなんか最後は替えられてましたが、さすがにあれはちょっとひどいですね。ホイトのPKも言語道断。まあ詳しくはレーティングの方で。

ではフォーメーション。アンリとレーマンが戻り、2トップはアンリとロビンに。お休みのフレディに替わってケガが治ったロシツキーが左サイドでプレミアデビュー。

        レーマン
     トゥーレ  ジュルー
エブエ              ホイト
     セスク   ジウベルト
フレブ              ロシツキー
     
   ファン・ペルシ  アンリ

後半、1点を追うアーセナルはロシツキーを下げてウォルコットを投入。続いてアデバヨールをフレブに替え、ストライカーが4人並ぶ形に。アデバヨールはトップに入り、ファン・ペルシはドイツで覚えた右ウイングになりました。また終盤にパスミスの続いたエブエを下げてフラミニを入れてます。そのままライトバックに入りはしましたが、ほとんどウイングでした。

          レーマン
       トゥーレ  ジュルー
  フラミニ             ホイト
       セスク   ジウベルト
ファン・ペルシ           ウォルコット
     
     アデバヨール  アンリ

何かえらい広がってしまった・・・。さ、レーティングに行きましょうか。


レーマン 6.0
まあほぼ上に書いた通りです。彼もアンリ同様、コンディションは良くないはずですが、うまくポジションを取って急激な運動が必要ないようにやってますね。クロスのキャッチングでトゥーレと交錯してしまったのはご愛敬。PKはありゃノーチャンスです。

エブエ 5.0
最後はヴェンゲルも堪忍袋の緒が切れたような形で交替させられてしまいました。まあクロスに苦しむのはある程度しょうがないですし、シティの左サイドはヴァッセルが消極的だった事もあってそれほど守備面で苦労している様子はなかったんですが、やっぱオーバーラップ時のクロスですよね。何かもうお話にならないようなのばっかで、これじゃラウレンが戻ってきて時ポジションも決してセキュアではないなといった印象です。あと前へ出てった時少し軽すぎる印象があるので(まあ若さでしょうが)、もうちょっと慎重に。

トゥーレ 6.0
やっぱ気合いの入り方は他の3人とは違います。若干ロングボールの処理なんかで勘が戻ってないなっていうのは感じられますが、ザグレブ戦で見せたような危なっかしさはなかったですね。このまま何事もなく復調してくれれば楽になります。点は取れない、守備は脆いじゃ何で勝負していいのかわかりゃしませんからね。

ホイト 4.0
トゥーレとは反対に、ザグレブ戦はフィットしてきたかなぁと思われたのにこの試合ではやたら不安定でした。特にロングボールで競り勝てないどころか、目測を誤るってどうなのよ。一応センターバックでもあるのに。PKは文句なしにPKです。ユーライア・レニーは決して信頼できる主審とは言えず、この試合でも疑問に思える判定がいくつかありましたが、あのシーンに関しては異論はありません。ただその後大崩れしなかったのは評価できるかな。昨シーズンのクリシーとかはちょっとひどかったですからね、心臓面では問題なしかも。

ジュルー 5.5
ちょっと見方が難しいですが、目の前でボールをバウンドさせないというのは基本、でもあそこで無理にクリアに行ったら逆にピンチを招いていたかもな?っていうのもあります。ジュルーはトゥーレやエブエほどの身体能力はありませんが、緊急回避はうまいんで、何とか凌げてるって感じですね。安心して見ていられるとは言えませんが、年齢を考えるとよくやってるなとは思います。

ファブレガス 5.0
評価が難しいなぁ。手数をかけすぎってのは確かです。足元は飛び抜けて器用ってわけじゃないのに、持ちすぎる傾向はありますね。リズムがどうとかよりも、パスコースやシュートコースがしっかり空くまでは無闇に蹴らないっていうのがあって、逆に今の自分の力量をわきまえてるっていう見方もできるんですが、もっと自信を持ってダイナミックにやってもらいたいですね。空回る事もあると思いますが、まだ19歳、そうやって成長していくもんでしょう。ヴィエラのような選手になりたいというのなら、なおさら失敗を恐れてちゃいけません。彼も若い頃は勢いだけでしたから。

ジウベルト 6.0
ザグレブ戦の時と違って中盤が破綻しなかったのは、ジウベルトがいた事、シティが中盤を飛ばす事が多かった事の2つがあると思いますが、後者を抜きにして考えてもやはり彼がいると安定感が違いますね。ただヴィラ戦の時ほど攻撃面で存在感がなかったのがちょっと残念。フレブが中に入る事が多く、スペースが限られるというのもあると思うんですが、たまには隣の若造に守備を託して突っ走ってっちゃうのもアリじゃないでしょうか。

フレブ 5.5
めっちゃ評価が難しいです。今回もまたパスミスは目立ちましたが、ザグレブ戦の時のような単純なものではなく、息が合ってないという印象のミスが多かったかなと。特にセスクとのコンビが合ってないのは致命的ですね。どっちかしか使えないって事になるんで。一方でいいパスも出してるんですよ。ロビンがポストを叩いた時、スルーパスを出したのは確かフレブだったはず。終盤にワイドになった方かも・・・?まあいいか。一番残念なのは、ボックス内左を抜け出して、斜め後ろに折り返した時ですね。何であんな思いっきり蹴っちゃうんだよって身もだえましたよ。まあ普通に出してもこの日のアンリならあさっての方向に蹴っ飛ばしてた可能性もありますけど。最近エブエが元気がないんで、ちょっと見せ場が減っちゃってますね。

ロシツキー 5.5
まあまあのデビュー戦だったかなと思います。やはりプレミアって事で気合いを入れてきたか、全力でチェイスしたり激しいタックルもしたり。ロシツキーがピレスと違うのはタックルをするっていうのが一つあると思います。決してうまいわけじゃないんでちょっと見ていて危なっかしい事もありますけどね。あとこれはフレブにはないなっていうのが、稀に最前線を飛び越えて思いっきり裏に抜け出していく事でしょうか。ワールドカップでもこういった形で点を決めてますし、フレディがよくやってるように、アーセナルのAMFってのは時にストライカーである事を求められるものなんですよ。やっぱまだ合流してそれほど経ってないって事でチームにフィットしているとは言い難いですし、しばらく時間もかかるでしょうが、その中でも自分らしさを発揮してくれたのは評価していいと思います。後はいつものシュート意識を出してくれれば。別にアーセナルだからって遠慮するこたぁないです。むしろ今のアーセナルに欠けてる部分だから、どんどんいっちゃってください。

アンリ 5.0
原氏(本当この人どうにかならんのか・・・最近マシだけど)も言っていたように、試合中にコンディションを上げていってるというのは確かに見受けられますが、まだまだセーブしてますね。反応悪いし、トップスピードにも乗ってない。ちょっと意外なボールが来るとすぐ足を止めてしまいます。でも多分これは急激な運動をしないように自分で制御してるんでしょうね。確かにこれでケガをしては元も子もないですし。ただ決めるべきところは決めましょうね。どうも最近1対1でキーパーにパスってシーンが目に付きます。ワールドカップでもやってくれたしな。

ファン・ペルシ 6.0
見ていて楽しいんですが、見ていて悲しいです。何でこうもシュートが決まらない・・・呪われてるとしか思えません。ニステルの呪いですか?呪うならカイトかサアを呪ってくれよ。あとちょっと、あとちょっとの何かがあればアンリを差し置いて少なくとも今だけはエースになれるのに。それはそうと、何度も言いますけどこの人のボールコントロールは本当気持ち悪いっすね。ベルカンプとはまた違った気持ち悪さがあります。ロビンにゴールが生まれ出せば少なくとも負ける事はないはずなんですが・・・。

ウォルコット 6.0
今回はゴールは呼び込めませんでしたが、相変わらずいい動きです。他の選手に欠けている鋭さとシュート意識を持ってますね。ただ精度がないんで決まる予感はしないんですが、何とかサイドを崩してもっと中まで入っていければ或いは・・・。アンリとマヌが頼りにならないんで、ロビンと組んでスタメンで使いたい勢いですが、プレシーズンで風邪を引いていた事からコンディションが整っておらず、まだフルに出場できる体力はないだろうとヴェンゲルは話しています。残念。

アデバヨール 5.0
何かしたっけ?アデバヨールって加入以来あんまり途中から出場してる印象ないですし、それで活躍してる印象もありませんね。今はロビンだけが頼りなんで、このままだとベンチウォーマー化しちゃうかも・・・。ってかフレディが戻ったらウォルコットとこのアデバヨール、どっちを外すんだ?マジで死に物狂いでゴールを奪いに行かないと立場が危ういですよ。シュートを練習しろ!

フラミニ 5.5
久々のライトバック、完全に便利屋と化してますが、実質ウインガーかストライカーってなポジション取りでした。粘りはありますし、こぼれ球もよく拾ってくれるんですが、流れを変えられる選手ではないですからね。本来であればシガンと共に守備固めに入れるッ手のが理想なんですが・・・。


次は9日、ボロ戦です。忌まわしきユーロ予選があるので、一週間お休みなんですね。気持ちを切り替えられると言えば聞こえはいいですが、やはり敗戦を喫した後は次のゲームですぐ取り返してもらいたいって気持ちがあるので辛いです。この時期の予選なんてどうだっていいしなぁ。しかもこれでまた選手のコンディションは悪くなりますし。そういや代表引退を表明していたマケレレが強行招集され、チェルシーとフランス代表(というかメガネ)が揉めてますね。さすがに引退した選手を無理矢理呼ぶってのはどうなんだって話です。ってか引退した選手でも呼べるもんなんですね、これまでは協会や代表監督が自制してたってわけか。さすがにここまでやると擁護のしようもありません。あのメガネはいい加減どうにかした方がいいと思いますがね?・・・やはりワールドカップで成功してしまったのが運の尽きです。ってかそもそも最初からあんなの選ぶなよって話なんですけどね。

すみませんが今回はこれだけにさせてもらいます。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
いつもナイスエントリ、ご苦労さまです。

負けちゃいましたねぇ、2戦目で。
まぁ去年の半ばの絶不調時に比べると、ボールキープできてる分、はるかにマシだとは思うんですが、あまりの決定力不足に点が入るきがまるでしないのもどうかと思います…。チャンスは作っているので、入るようになればボロボロ入るのかもと期待しておきます。

 で、ペルシ、ほんっとに気持ち悪いですよねw 中途半端にボールが足にくっついているというか、ありえないボールの動きというか…。エリア内でアレを見ると彼のスゴサを再認識するのですが、なんで枠に飛ばないんですかねぇ…

 で、マケレレですよ!
 あの監督、ナニ考えてんですかね? 「ビッグクラブのレギュラーが代表に出ないなんてありえない」とか、もうバカかと。来たくない選手呼んだって、モチベーションないだろうし、結局ムダになると思うんですが。
 マケレレがブチ切れて無気力プレーとかしたらどうするんですかねぇ…。まぁ試合でたらマジメにやりそうではあるけど。

 では、またちょこちょこ見に来ます。また~。

あなた、インターネットでアーセナルを中傷することでストレスの捌け口にするのはやめてくれないかな。いい大人なんだから。
私のように勝とうが負けようが一生懸命応援してる人間だって、このHP見たりするんだから。

>しーたさん

お久しぶりです。最近ちょっと質が低下しっちゃってます、いかんな~とは思いつつ他のやる事、やりたい事ってのもあるもので・・・。

開幕戦で勝てなかった分、次の試合で負けるとはまるで想定していなかった事で、ショックも倍増なんですが・・・まあやり方の問題もかなりあるとはいえ、選手個々のコンディションが上がってくればそれほど問題なく勝てるようになるんじゃないかなと楽観視はしてますが。ただ次はホームにボロを迎えますが、昨シーズンみたく反動で点取りまくって楽勝ってのはちょっと恐れているパターンです。昨シーズン、一昨シーズンとその後の試合で負けてますからね、ここは拮抗した試合の中2-0で勝利、ぐらいが理想かなと思ってるんですが。

アンリのすごさがかなりアスリート的(多分そこがステータスの割にイマイチ人気がない理由なんだろうな)なのに対し、ファン・ペルシの方は何とも言いようのないうまさというか・・・何なんでしょうねあれとしか言えませんね。本来であればいいプレーが出ると歓声や拍手でもしたくなるようなものですが、ファン・ペルシのあれは応援しているこっちが面食らうようなものですからね。後はゴールさえ決まればなァ・・・枠に飛ばないというか、むしろきっちり枠に飛んじゃってるんですよね。中に入れないと。とりあえず1点決めれば感覚でどうにかなるのかもしれません。ホームですし、ボロ戦でのゴールを期待します。

マケレレ本人はチェルシー対ドメネクに関しては静観を決め込んでいるようで。何つーか、らしいというか・・・。他の監督はまだやってほしいと思ってても、選手の意思を尊重するのが当たり前になってるんですけど、ドメネクにはもはやそういう常識すら通用しないようです。まあ星占いでメンバー決めるようなやつですしね、当たり前っちゃ当たり前なのかもしれませんが。この件に関してはフランス国民がどう思ってるのか知りたいですね。代表のためにはよりいい選手を呼んだ方がいいと思ってるのか、さすがにそれはやりすぎだろうと思ってるのか。フランス人の感性ではどうなんでしょう。

はい、よろしくお願いします。何とか更新は続けているので。とりあえず移籍関連のいいニュース入ってこないかな~・・・。


>名無しさん

釣りですか?

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/400-d76c4184

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。