スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアル中のイリアスに複数クラブが興味 

Gunners face defender fight

ワールドカップに出場したガーナ代表CBのシラ・イリアスのトライアル結果はまだ出てませんが、もしアーセナルが獲得を見送った場合、ロシアやスイスのクラブが興味を示しているとか。もういいからさっさと獲っちゃえよ。CBは足りてないんだから・・・。

ところで、ヤヤはモナコに決まりましたね。もっといいところがあるだろうに、何考えてるのかよくわかりませんが・・・。そういやフランスリーグはモナコの復活なるんでしょうか。マルセイユやPSGはまたダメだろうし、モナコがダメならまたリヨンで決まりでしょうね。


Fabregas - How I cope with pressure and expectation

さて、ここからは3人のガナーのインタビューを。まずはセスク。最近出番が多いな・・・。今回は自分のフットボール感、というか常日頃心掛けてる事を語っています。

「ワールドカップでは、自分自身に全くプレッシャーをかけなかったのがいい方向に働いたと思う。ストリートで友達とやるのと同じようにプレーする、それだけなんだ。僕はボールを要求し、自分のやり方を通すだけ。自分のやり方っていうのは、フットボールを楽しむって事さ。それでいい時もあれば悪い時もある、でも物事っていうのは、悪い方に行ってる時は全てまたうまく行くようになるまでがんばり続けるって事だろ。そうするのが難しい時もある、テレビで自分達の試合を見ている時、僕はとても遅いと感じる事があるんだ。でも球際で勝てると思った時は、例えそれが不可能と思えてもできる事もあるんだ。だから頭の中では僕はできると思ってるし、どの試合でも考えてる事だよ。僕は不可能なんてないと思う。望めば手に入るものなんだ。」

「これは重要な年になるね。僕はより経験を積んだわけだから。僕がここに来た時は小さな少年だった、だから多分ミスをする事も許されてたんだ。でも昨シーズンは僕にとって重要なものだったし、今シーズンはよりいいプレーと、チームのために戦う事を求められるんだ。僕は若い時から大きなプレッシャーに晒され、ラッキーだったと思う。僕はみんなが僕の事をどう思ってるとか、何を期待しているっていうのは気にしない。自分自身に対するものだよ。毎年僕は成長しようとがんばってるし、それを示せたと思う。僕が16歳の時はU-17のワールドチャンピオンシップに出場して優勝したいと思っていて、それをやった。17歳の時はアーセナルのファーストチームに行きたい
と思って、それを実現させた。そしてU-20のワールドカップに出たいと思って、実現した。それからワールドカップに出たいと思って、それもやった、だから全てがとてもハードだったけど、ハードワークをしていれば実現できるんだってわかってるし、僕はこの先問題ないって確信してるよ。」


Lehmann - We have unfinished business in Europe

続いてレーマン。彼もまたヴェンゲルやディーン副会長と同じように今シーズンの目標はチャンピオンズリーグであると話します。

「(チャンピオンズリーグについて)もちろん優勝していないのなら、まだ終わってないって事さ。でも全てのチームがシーズンのある段階で失望を味わう事になる。たった一つのチームだけがチャンピオンズリーグを優勝でき、一つのチームがワールドカップを優勝できるんだ。だから他の全てのチームは失望する事になる。今年は俺達ももっと先まで行けるといいと思ってる。」

「俺はフットボールを楽しんできたよ。特にワールドカップとその前、アーセナルでチャンピオンズリーグを戦っていた時はね。あれは素晴らしい時間だったと思う。クラブにとってだけでなく、俺にとってもね。でもあれをもう一度達成したいと思うものだ、決勝に進むというのをね。それが今年の俺のモチベーションさ。」

「昨シーズンよりいいパフォーマンスを発揮しなければいけないのは明らかだ。俺は自信があるよ、でも難しいだろう事もわかっている。間違いなく昨シーズンよりいいプレーをしなければならない。ヨーロッパの大会ではとてもよかったが、国内では俺達の基準を満たせなかった、だからもっと向上していかないとね。」


Johan Djourou - My targets for the 2006/07 season

そしてジュルーです。ちょっと調子に乗ってるかな?とも思いますが・・・今のところこいつはダメだって思った事はあんまりないのは確か。だからセンデロスより安心して見てられるんですが。ただ経験っていう面ではどうしてもセンデロスの方が上ですからね、難しいところです。

「若くて、ワールドカップに出場し、いいプレーをしている、この事が僕に自信を与えてくれると思うんだ。でも僕は今ここに戻ってきて、ポジションを奪おうとがんばってるところさ。僕はできるだけたくさんのゲームに出たいと本当に願ってるんだ。自分でとてもよくやったと思うからね。でも今はアーセナルの監督にいい印象を与えようとしている、そうすれば彼は僕を使い続けてくれる。僕はフットボーラーであり、プロフェッショナルだ。だから全ての試合に出場したい。それは監督の決断だけどね、ベンチでもハッピーさ。僕は受け入れるよ、だって僕は若いんだし、時間もあるんだからね。」

同じスイス人にセンデロスがいますが、この先数年でスイスのCBコンビ誕生かって話。

「将来的には可能性はあるけど、僕達にはいい選手がいるからね。コロ・トゥーレはとんでもない選手だし、フィリップ・センデロスやパスカル・シガンがいて、そして僕だ。だから将来にはあるかもしれないね。今の段階では現実的じゃないな。」

昨シーズンでも確かありましたよね、スイス人コンビになった事。これでセンデロスじゃなくてトゥーレが入ると、コートジボワールが3人になりますね。そういやジュルーってスイス生まれスイス育ちなんだろうか。ジュルーはこのまま開幕戦での先発が濃厚ですが、CBはどうするんですかねぇ・・・。
スポンサーサイト

コメント

オフィシャルのショップでウェアの更新が合ったのですが、即売り切れていました。スクデット楽天店でも納品されていましたが、ハーフジップでした・・・
しかしオフィシャル、売り切れたものは削除してくれ。

さて週末開幕ですね。Unitedとのアウェー戦までは全勝で行ってくれればいいのですが。序盤はロビン、フレブ、セスクに牽引してもらいましょう。

>CB
 つべこべ言わずデイヴィスを・・・
 ただ彼はU21の試合でベンチでした ね。無理 ならファーディナンド弟 も悪かない(SBも出来るし)。

ありゃ、それは残念でしたね。でもすぐに入荷すると思いますよ。削除されるのはもう入荷しないものだけです。ただ一覧画面で「out of stock」になっているものはいいんですが、なってないものでも詳細ページに飛ぶと在庫無し、写真も見れないってのはどうにかしろよと常々思いますね。

ユナイテッド戦までは全勝で行きたいですねぇ。やっぱ優勝争いする上でスタートダッシュは大事ですよ。多少でもスタートに失敗してじわじわと逆転優勝って、プレミアじゃあんまりない気がします。

カーティスベンチでしたねぇ。アントンもいいですが、以前にもお話ししたようにファーディナンドっていうのがちょっと信用できないかなと(笑)というかウェストハム出身者って全体的にこういう部分がある気がしますが、気のせいでしょうか。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/390-8a3fa745

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。