スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーネット戦に新規加入の若手二人が参加 

さて、3連休です。できればこの休みの間にこのブログを06/07モードにしたいですね。まずは色をエンジから赤に戻し、日程表を作って、選手のコメントを最新のものにすると。これは既に一部の選手は書き換えてたりするんですが、まだアップしておりません。例外的に誕生日だけはその日が来ると年齢を書き換えてるんですが。それとヘッダーに画像もつけないとね。せっかくtripperさんに教えて頂いたので。まあ有言不実行は僕の悪いクセなので、一週間ほど延びるかもわかりませんが(←直せよというツッコミはなしの方向で)。


Wenger names squad for friendly at Barnet

まずはプレシーズンマッチ第一弾、バーネットとの試合の情報から。この試合に出場するメンバーが発表されました。当然ワールドカップ組は全員いませんが、レギュラー陣でもフレブやフラミニがいますし、ローンから戻ったホイトとアリアディエールが参加します。

マヌエル・アルムニア
マート・プーム
ヴィト・マノーネ
ジェレミー・アリアディエール
ニクラス・ベントナー
マシュー・コノリー
パスカル・シガン
マチュー・フラミニ
ケリー・ギルバート
ジャスティン・ホイト
アレクサンダー・フレブ
セバスティアン・ラーション
アルトゥーロ・ルポリ
ファブリス・ムアンバ
ジョー・オシールイル
アレクサンドル・ソング
ライアン・スミス
アンソニー・ストークス
フィンセント・ファン・デン・ベルグ

聞き慣れない名前の選手が二人いますね。


Wenger snaps up young guns

ジョー・オシールイル、フィンセント・ファン・デン・ベルグ、読み方はこれで合ってるのかどうかわかりませんが、どちらも新規獲得選手です。ファン・デン・ベルグは17歳のオランダ人アタッキングミッドフィールダーで、ヘーレンフェーンから獲得しました。彼は去年ペルーで行われたU-17の世界選手権で活躍したそうです。一方のオシールイルは19歳のディフェンダーだそうですが、詳しいポジションはわかりません。彼はロンドン生まれで、ワトフォードの練習生だったのを昨シーズンの終わりにアーセナルのリザーブに連れてきて、そのまま完全移籍となったようです。センターバックだといいんですが(笑)上を見てわかる通り、若いセンターバックは今コノリーしかいませんし、その彼も昨シーズンのプレー振りを見る限り頭角を現してくるまでにはもうちょいかかりそうです。まあホイトを真ん中で使うのもアリですけどね。


Gunners step up Semioli chase

以前ちょっとだけお話ししたキエーヴォのフランコ・セミオーリですが、何やらオファーを出したようです。800万ユーロ、約11億円ってとこですね。キエーヴォなんて見ないからどんな選手だか知らないんですが、ウインガーはもういいって・・・。ただセミオーリ自身はセリエに残留する事を希望しているらしく、移籍先の第一候補はローマなんだそうです。パレルモが最近獲得を断念したので、最悪キエーヴォに残る事も考えてるようですね。なかなかイタリア人をプレミアに連れてくるのは難しいですね。


Robbo warns Gunners off Davies

そんなウインガーなんかより、今皆さんの最大の関心事はこれじゃないでしょうか。カーティス・デイヴィスの獲得です。まあ相変わらずバギーズは出さないって言ってるんですけどね。実際スパーズのオファーも蹴られてますし。ブライアン・ロブソンの話。

「多くのクラブが興味を持っているが、カーティスを出すつもりはない。彼は我々と3年契約を交わしており、昇格を目指す上でカーティスは重要なんだ。」

いや戻ってこなくていいから。何かバギーズって微妙に相性悪いですし。まあロッボが監督やってる時点で無理だと思いますけど。そういや稲本はどうするんだろうな。


Theo loan a no go

そして上の記事の原文の方でも触れられてるんですが、カーティスの獲得のためにウォルコットをバギーズに貸すという話もあるとかないとか。でこの話をウォルコットの代理人が否定しました。プレミアデビューはいつだろうなぁ・・・。

「アーセナルとは常時連絡を取っているが、テオをローンに出すなんて話は出た事がない。彼はこのクラブに来てから本当に多くの事を学んだし、ティエリ・アンリが新たな契約にサインした事を喜んでいた。彼と一緒にトレーニングできるのが好きなんだ。テオはエミレーツスタジアムでの新しいシーズンが始まる事を楽しみにしており、そしてそれが叶わない理由なんてどこにもないじゃないか。」

幸いワールドカップで壊れて戻ってきた選手はセンデロスだけなんで、このまま順調にシーズン前の準備を進められれば開幕戦にはフルメンバーで臨める事になります。決勝まで戦ったアンリを休ませるのも手かもしれませんが、新しいホームでの最初のリーグ戦でアンリを欠くわけにはいかんでしょう。となるとウォルコットの出番が果たしてあるかどうか・・・。デイヴィッドが気を利かせて前半で3-0とかだったら可能性も高くなりますね。何か本人より見ている僕らの方がデビューを焦ってるような気もしますが、やっぱ見たいですからねぇ・・・。


Arsenal nets £260m in loan goal

よくわからんニュースが一つ入ってます。アーセナルが将来の入場者収入を担保に、2億6千万ポンド、約520億円のお金を借りたそうです。どこから?やっぱ銀行?記事によるとこのお金でエミレーツスタジアムの建設で生じた借金を返せるそうですが、借金で借金を返すわけ?あ、今見たら記事の内容がちょっと変わってる。さっき見た時、入場者収入を担保に金を借りるのはヨーロッパで初めてっぽいと書いてあったんですが、リーズ、エヴァートン、マンチェスター・シティ(青いチームばっかだな)が同じような事をやった事があるそうです。それと似たような例としてデイヴィッド・ボウイが10年分の印税を受け取る権利を売った事があるとも書かれてますね。そんな事やってたのかあの人は・・・。

それからこの記事にはアーセナルの成績が悪化したり、入場者数が減れば危ないよって当たり前の事が書かれてます。ハイベリーはほぼ100パーセント埋まってたけど、エミレーツスタジアムは1/3大きいとも書かれており、大丈夫?と言わんばかりですが、余計なお世話じゃい。ただ何故こんな金を借りたのかよくわかりませんね。今は苦しくてもいたずらに借金を増やす事はしてほしくないのですが・・・。


Wenger raring to go

お金の話はさておき、今シーズンのヴェンゲルさんは気合いが入ってるよって話です。

「シーズンが始まるのが待ちきれないんだ。早く戻りたいし、チームを強くし、成長させていかなければならないからね。これまで起こった事がチームの団結を生んだと思っているし、それは今シーズン発揮されるはずだ。このチームは今年、何度も叩かれて厚くなったり薄くなったりを繰り返してきたわけだが、それもチャンピオンズリーグの決勝で終わった。そして特別な結束が生み出された。最初のゲームからそれを確かなものにしたいね。」

要するに付け焼き刃が何度も叩かれて本物になったって事ですな。

「ディアビーを獲得したのは彼がフランスの有望株であり、中盤で大きな力を発揮する選手だからだ。彼は私が見た中で最もパトリック・ヴィエラに近い。テオ・ウォルコットを獲ったのは彼のスピードに惚れ込んだからであり、飛び出しのタイミングや冷静なフィニッシュが気に入ったからなんだ。それと彼がイングランドの有望株である事もそうだね。イングランド人の台頭は重要な事だからね。」

え、一応イングランド人が少ない事気にしてたの?今までそんな事言ってこなかったクセに・・・。だったらもうちょっと何とかしてくださいよ。

最後にアンリの残留について。

「これから成長していく若手選手にとっても、最高の選手を失うわけにはいかなかった。そして次のシーズンに入っていく上で、彼が先頭に立ってくれるとわかっている事は大きな励みだよ。」
スポンサーサイト

コメント

カーティス・デイビス欲しいですね~。イングランド人ですし、ソルの後釜としては最適かと。
WBAとの相性が悪いのは自分も気になってたんで、降格してくれてよかったし、戻ってきてほしくないです。今季戻れなかったら獲れるかな??


それと、借金のニュースが気になりました…
今まで、このスタジアム建設のために大型補強ができなかったと思ってたんですけど、まだ500億以上もの借金があるんですかね…
ってことは、またジリ貧補強しかできないんでしょうか… こんなんだから、ソルとかちゃんとした売り方すれば良かったのに…

CBとGKとジウベルトのバックアッパー欲しいなぁ~。

カーティスはバギーズが頑なに拒んでますね。まあバギーズは戻ってこなくていいです。今シーズンヴィラが降格したらミッドランズは全滅ですね(笑)

いや500億ってのは新たに借りたお金みたいです。なのでこのお金も補強に回すんでしょう。どれくらいかは知りませんけど。っていうか主に補強のために借りたんだと思ってます。エミレーツスタジアムは今シーズンからで、まだ始まったわけじゃないので、スタジアムができたからといって即収入が増えるわけじゃないですよね。だからその将来の入場者数分を担保にする事で先にもらっちゃおうって事じゃないですか?言い換えると、来月から昇給するから今月はカードでちょっと多めに買い物だ~ってとこじゃないですかね?

CBは確かに補強は急務ですけど、GKとDMFってそんなに要りますかね?レーマンの後継者探しはもう一年後でもいいような気がしますし、ジウベルトが出れなくてもフラミニがいるじゃないですか。ちょっとタイプは違いますけど、セスクとは相性いいですしね。後はソングですか。彼はまだちょっと早いですけどね、徐々に出番増やして成長していってもらいたいです。

あ、500億は補強資金なんですか。それなら、すごい補強できそうですね~。

今季、レーマンは少し心配なんですよね。 昨季の彼には「W杯の代表レギュラー奪取」という特別なモチベーションが少なからず働いての高パフォーマンスだったと思うんですけど、それがなくなる今季はどうなるかと。 まぁ、杞憂に終わってくれるのが一番ですけど…

そういや、バーネットとはスコアレスに終わってしまいましたね。 オフサイドながらゴールも入れられてしまったようで… 所詮プレシーズン、所詮主力抜きでもバーネットには勝とうよ…

いや、500億まるまる補強資金に使う事はしないはずです(笑)そんな事したらチェルシーよりすごいチームができちゃいますよ。まあ大部分はスタジアムの建設の際に借りた金の返済に充てるものと思われます。

実は僕もレーマンはちょっと不安です(笑)前が(笑)だっただけに、今の(神)っぷりをどこまで信じていいのやらという・・・。でもレーマンのあのパフォーマンスってモチベーションから来るものなんでしょうかね?あの人顔に出ないんでよくわからないんですよね。もし違うんであればコンディションが落ちない限り(神)でいてくれるはずです。

バーネット戦は拍子抜けでした。アリアディエールのゴールを期待してたんですが。まあ守備の方が仕方ないです、真ん中がシガン、コノリー、オシールイルと個人の能力も連携も厳しいメンツですし。それよりベルカンプの引退試合が楽しみですね。まだ誰が来るのかわからないんですが・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/366-0a83856d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。