スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯に向けての親善試合、ガナー達の活躍 

日本対ドイツ、ハイライトで見ただけですが、日本はかなりいいサッカーしてますね。先制点のシーンなんかアーセナルが得意とするカウンターと同じ形じゃないですか。ダイレクトで手数をかけずに素早くパスを回し、飛び出した選手がキーパーと1対1になる。あんなサッカーを続けてくれたら応援する気持ちも俄然沸いてくるってもんなんですけどね。

そういやどうもデザインが気に入らなくてずっと買おうかどうしようか悩んでた日本代表のユニフォームですが、ついに買ってしまいました。オーセンティックにグループリーグの各試合のマッチデイマーキングが施されたやつです。4年前はオプションとして提供されてましたが、今回は最初からマーキングしたやつが極少数出回るだけみたいですね。これ、今のところスクデット以外では見かけないんですが、楽天市場店は即売り切れてました。本店の方ではまだ在庫があるっぽいので、欲しい方はどうぞ。まあ楽天で売れないと僕に利益はないんですけどね(笑)ちなみにマーキングは入れてません。いい選手いないんだもんな・・・。ネタで加地さんを入れたい気持ちもあるんですが、時間かかるみたいなんでやめ(笑)

それとごく一部の方を除いて全く興味のない話題になってしまいますが、シルバーアクセサリーブランドのPUERTA DEL SOLが中田ヒデとのコラボレーションでドッグタグを発売するようです。受注生産でお値段は60万弱・・・。最近のプエルタはラグジュアリーなんてコンセプトを掲げている通り、やたらゴージャスで高価なものが多くなってきてるのがちょっとなぁって感じです。まあシンプルなものばかりでやっていけるわけがないんですけど。ネタがなくなりますからね。


ワールドカップ:ガナー達の活躍

ここからはワールドカップに出場する国の親善試合の結果をピックアップ。

まずはグループA。冒頭で話した通りドイツは日本と対戦、2-2の引き分けに終わりました。レーマンはフル出場でしたが、高原に2点を奪われてしまいました。柳沢がしっかりしてればもっと決められていたかもしれません。とはいえどちらも完全にディフェンスの裏を取られてのものですから、ドイツはやはり守備に問題があると言わざるを得ませんね。

グループBのイングランドでは、ウォルコットがハンガリー戦に途中出場し、ルーニーの最年少記録を更新しました。この前のベラルーシ戦はイングランドBだったんで、A代表とは認識されてなかったんですね。ゴールこそ決められませんでしたが、ベラルーシ戦と同じくなかなかいい動きをしたようです。何やらオーウェンがまた負傷したようで、このままスヴェンがメンバーを入れ替えずに本番に望んだ場合ウォルコットの出場機会はかなり増えそうです。なおアシュリーはフル出場、キャンベルは試合終盤にテリーと交替で登場。即座にイエローもらってましたが・・・。試合の方は3-1でイングランドが勝利です。スウェーデンはフィンランドと対戦して0-0のドローに終わっていますが、昨日お伝えした通りフレディはまだ復帰しておりません。

グループCではコートジボワールのトゥーレとエブエがチリ戦に先発出場、共にハーフタイムに下がりました。試合は1-1ドロー。またちょっと前ですが、オランダのファン・ペルシはカメルーン戦にフル出場。右ウイングをやらされたようですが、こちらもいい動きをしていたようです。試合は1-0でオランダがカメルーンを下しました。

グループEのチェコ。ロシツキーはケガによりコスタリカ戦は出場せず。本番には間に合うみたいですけどね。試合はチェコが1-0で勝ちました。

グループF、ジウベルトのいるブラジルはスイスのルツェルン州代表と対戦、8-0と大勝。ジウベルトは出なかったっぽいです。しかしこんな楽なとことやってていいんですかね。今回のブラジルは逆に勝てない臭いがするんですが・・・。

グループGのフランスは、27日にメキシコと対戦。アンリはお休みでした。無事1-0で勝ちはしたようです。またスイスは同じ日にコートジボワールと対戦。センデロスはフル出場、ジュルーは出番なしでした。結果は1-1で引き分け。トーゴは14日以来試合を行ってないみたいで、アデバヨールも出てません。

グループH、スペインではデル・オルノが離脱、話題のペルニアが代表入りするようですが、それとは別にレジェスがモリエンテスが必要だという発言をしています。ロシア戦でゴールレスドローに終わったスペインですが、レジェスは「モリエンテスならポストプレーもしてくれるし、たくさん点を取ってくれるのになぁ・・・」なんて言ってます。ラウルは相変わらずヘタレてるみたいですし、トーレスやヴィジャはやる時とやらない時の差が激しいですからね。ただモリエンテス自身もヘタレてるんですが・・・。ヴァレンシアで活躍してくれるといいですけどね。ちなみにレジェスは後半途中出場、セスクは前半だけプレー。そのセスクですが、シャビ・アロンソがどうも足首の状態が芳しくないようで、うまくいけばそれなりに出番をもらえそうです。やっぱフェルナンド・アロンソにパワーを吸い取られてるのか(笑)


Ljungberg fights off injury to train with Swedish team

気になるフレディの状態ですが、チームメイトと一緒にジョギングを始めたとの事です。

「足の状態はいいよ。残念な事に嫌いなジムに籠ってるわけだけど。」

ラーゲルベック監督は、

「全てがプラン通りに行ったとすれば、リュングベリはプレーするよ。残された時間は彼にとって完璧なものだ。」

と語っています。


Senderos named Swiss Player of the Year

フィリップ・センデロスが母国スイスの年間最優秀選手に選ばれました。正直アーセナルではまだまだ信用が置けるとは言えないんですが評価は確実に上げてますし、代表ではすっかり中心選手ですからね。素直におめでとうと言ってあげたいです。


Roeder rules out Sol raid

無事正式な監督に就任する事が決まったニューカッスルのグレン・ローダーですが、キャンベルの獲得を狙っているという噂を否定しました。理由としてはもっと若い選手が欲しいからだそうですが、同時にワールドカップへ向けてエールも送ってくれてます。もしローダーが今シーズンの流れを維持できたとしたら、マグパイズはちょっとしたダークホースになりそうですね。要注意です。

一方でキャンベルはミランが狙っているなんて話もあるみたいですが、お前らこそもっと若いやつ探して来いよって話です。ディフェンスラインの平均年齢30オーバーはちょっとね・・・。ああ、ミランはファーストスクワッドの平均年齢が30超えてるんでしたっけ?

※すみません、またも見落としでキャンベルを狙っているのはミランではなくインテルでした。ご指摘頂いたヘンリーさん、ありがとうございました。またやってしまった・・・。


Exclusive: Wenger - How England can win World Cup

さて、フットボール中毒のヴェンゲルが見るドイツワールドカップとは。

「ブラジルは論理的に考えて本命だろう。だが皆が予想する本命というのは、大抵勝てないものさ。今回は何が面白いかって、ブラジルに続いているチームが10もある事だね。ドイツ、イタリア、アルゼンチン、スペイン、それにフランスと予想するのもいいだろう。だが私はイングランドが対抗だと思ってるよ。イングランドはワールドカップを優勝できる要素は持っていると考えているだろうが、彼らの場合攻撃面での出来に左右される部分が大きい。どれだけ攻撃の強さを発揮できるか、そしてそれがどれだけ保つかは何とも言えないところだね。今回イングランドがワールドカップを優勝するためには、オーウェンとルーニーがいい状態にある必要がある。それが唯一の疑問点だね。チームとしてはトップレベルのパフォーマンスを発揮できるだろうが、ワールドカップに勝つためにはそういった選手達が最高のコンディションにある必要があるんだよ。」

結局オーウェンとルーニーがいなきゃイングランドは終わりだと言ってるように聞こえるんですが。大丈夫、テオが二人分の仕事をしてくれるさ。


ARSENAL - 3RD LARGEST SUPPORT IN THE WORLD

最後はYahoo! UKのフォーラムから拾ってきた話題ですが、トピ主によるとウィキペディアのアーセナルの項目に、アーセナルは世界で3番目にサポーターが多いクラブだそうです。これはグレナダ・ヴェンチャーズの発表した統計に基づくもので、ユナイテッドとレアルに次ぐ3位なのだとか。信用するかどうかはあなた次第ですが、スカパーのFriday Soccer Showでやってたクイズ100人に聞きましたのコーナーでは、アーセナルのユニフォームを持っている人が一番多かったという、意外な結果も出ています。正直アーセナルは他のトップクラブに比べて海外のサポーターの開拓にはそれほど力を入れていないように見えるんですけど、ファンは多いんですかね。どっちかっていうと不人気クラブだと思ってたんですが(笑)まあチェルシーほどじゃないですけどね。
スポンサーサイト

コメント

どーも、お久しぶりです。オフシーズンであっても、毎回キッチリ拝見しております。

チェルシーも毎度の事ながら補強しますね。来シーズンはドログバとクレスポはいないなこりゃ。アンリ対シェバっていうのは楽しみではありますけどね。

キャンベルのとこなんですけど、ミランじゃなくてインテルじゃなかったでしたっけ?まぁ、どっちにしろキャンベルは出て行かないでしょうけど。

アーセナルファンってそんなに多いんですか?少なくとも日本では、マイノリティーだと思うんですが。明らかミランやバルサ、ユーベ、インテル、チェルシーファンの方が多い気がしますし・・・。ユニフォームもガナーズのを着ている人は見たことないんですが。まあこれは僕の周囲での話ですが。正直これからもマイノリティーでい続けたいってのはあります。

お久しぶりです。最近ネタの少なさもあって投げやり気味です。仰る通りキャンベル狙ってるのはミランじゃなくてインテルでした、またやらかしちゃいましたよ・・・。ご指摘ありがとうございます、訂正しておきます。

チェルシーはアブラモヴィッチが来た当初は積極的に補強は進めるもののスター選手に拘らない部分を評価していたんですが、最近もうダメっぽいですね。これでロベカルなんて獲った日には本当失望です。どうもその強さの割に人気がないのを気にしてるのかもしれませんけど、スターを集め出したらもう終わりですね。

僕もアーセナルファンはそんなに多いとは思わないんですけどねぇ。スターらしいスターは今やアンリぐらいですし、まあトゥーレとエブエがいるからコートジボワールでは人気だとか、そういうのはあるんでしょうけどね。日本は基本的にセリエ偏重ですから、ミラン、ユーヴェ、インテルの3大クラブはいくらつまらないサッカーしてようが人気はありますよね。バルサは最近ロニー効果でファンが急増してそうですが、チェルシーは日本でもあまり人気がない気がします・・・。そして大体アーセナルのファンだというと微妙な顔をされます。いやこちとらお前らみたいに軽い気持ちでファンやってんじゃないんだからって感じですが、まあ僕もそんな感じでいたいですね。下手に人気が出るとミーハーだと思われるし(笑)

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/325-8f6e2088

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。