スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレディ、ワールドカップには予定通り出場か 

そういや最近日本代表の試合を観てません。何かディフェンスラインを上げるか下げるかで揉めてるらしいっすね。ラインを上げる派の中田はプレミアのスタイルに洗脳されたか(笑)やはり陣形をコンパクトに保ちつつ攻撃サッカーをするのであればラインを高くしなくちゃいけませんが、ここに来てライン下げようって言ってるようじゃもうダメポですね。ただディフェンスラインを上げるか下げるかっていうのはチームの能力とも相談しなくちゃいけない微妙な問題で、弱いチームがこれをやると面白いサッカーはするんだけど結果が出ないって事にもなります。そういう意味じゃ日本は無難にライン下げてカウンター狙いの方がいいかもしれませんね。


Ljungberg continues foot rehab

日本の話はこれぐらいにしておいて、アーセナルに関連した話を。ここしばらくケガが癒えず、チームドクターからは4週間の安静を勧められているリュングベリですが、現在ジムでリハビリを続けており、今週末には通常のトレーニングセッションに復帰の見込みだそうです。来シーズンの事を考えるとあんまり無理してほしくないんですが、リュングベリのいないスウェーデンなんて・・・。ちなみにこの記事には日韓大会以来リュングベリが負ってきたケガの数々が列挙されてまして、臀部、ふくらはぎ、肩、脇腹、手首、それからつま先となっています。こうして見るとどんな虚弱体質だよって話ですね(笑)まあ満足に試合に出れないカークランドやウッドゲイトより数倍マシですが・・・。もうウッドゲイトなんて見てて悲しくなってきますからね。彼もダイスラーみたく鬱病にならなきゃいいですが・・・。


Cygan accepts sub status

何やかんやとケガが長引いてシーズンの半分を棒に振ってしまったシガン。気が付けばセンデロスやジュルーらが台頭し、そのプライオリティは下がっていく一方ですが、それでも本人はアーセナルに残りたいと言っています。実力的にはちょっと・・・ですが、こういう気持ちを持ってくれてる選手はありがたいですね。

「僕は大丈夫だけど、タックルしたり走ったりする事はできないんだ。張ってる感じがするんだよ。医者も何が原因がわからないんだ。太腿の裏は治ってるんだけど、まだ変な感じがするんだ。レアル戦、ユヴェントス戦には間に合うはずだったんだけど、それまでにはフィットしなかったね。」

「もうここに4年いる。最初の2年間はここを離れる事を考えたさ。アーセンは僕を控えという立場にした。最終的にそれも受け入れてきたんだ、ここにいるのは代表クラスの選手ばかりだから。今では自分がロンドン人のように思ってるよ。最初は妻にとっては厳しかったみたいだけど、ドレッシングルームでフランス語が使われてる事もあって僕にとってはそれほど問題はなかったね。」


Wenger in Real sights

約一ヶ月後に会長選挙を控えているレアル・マドリーですが、その候補者の一人だか何だか知りませんが世界ラリー王者のカルロス・サインツがヴェンゲルの招聘を狙っているようです。この人、確かレアルのソシオなんですよね。無難にエリクソンにしとけよと思うんですが。大体選挙の時に掲げる公約なんて破られて当然のものですし。レアルの会長選ではマニフェストとか作らないんですかね?(笑)まああんなもの金と資源の無駄ですけどね。
スポンサーサイト

コメント

控えという立場を受け入れてくれるシガンはありがたい存在です。
正直ビッグゲームには信頼はおけませんが、主力を休ませたいときにはいてほしいです。

特に若い選手は我慢のできない子が多いですからねぇ、こういう選手は本当貴重ですね。まあ逆に若いのに上昇志向がないのも困りますが・・・。シガンは真ん中で使うのは恐いですが、サイドバックとしてならある程度安心して使えると思います。ちょっと攻撃力が落ちちゃいますけどね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/324-d11bc9ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。