スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続Farewell to Highbury 

引き続きハイベリーの話題をいくつか。大抵は古いものですけどね。オフィシャルのFarewell to Highbury特集がこちら。一部Arsenal TV Onlineに登録してないと見れないコンテンツもありますけど。一番上のTributes to Highburyでは現在でもクラブに留まっているパット・ライスら往年の名選手達を始め、ジャーナリストやファンの一部、女子チームの選手達のコメントがずらっと載ってます。FWAの会長さんからもメッセージを頂いてます。現役の男子チームの選手はMy Highbury Memoriesで動画コメントが掲載されています。こちらはTV Onlineに加入しないと見れません。あと壁紙がダウンロードできたりもします。それとBBCにもHighbury Farewellと称し、写真やリアム・ブレイディ、チャーリー・ジョージといったレジェンド達のインタビューなんかが掲載されてます。詳しく紹介したいところですが、なかなか忙しくて無理っぽいです。決勝までまだ1週間あるとはいえ、GWのツケなんかもあって時間がありません。


Wenger - The reason we had to leave Highbury

まあオフィシャルに載ってるものはなるべくって事でヴェンゲルのインタビュー。先週の金曜日に行われたものなんで、まだウィガン戦前です。記事の見出し通りヴェンゲルがハイベリーを去る事を決めた理由、そしてハイベリーへの想いを語ってくれました。

「感動的なものになるだろう。一度ここを離れたらもう戻る事はできない。もうここは壊されてしまうからね。それが少し余計に感傷的にさせるんだ、ご承知のようにここを出たらもうそれで終わりだから。だがチャンピオンズリーグをウェンブリーで戦った事で私は決心した。常にチケットは売り切れたからね。その時私は悟ったんだ、このクラブは大きなサポートを受けており、永遠にこのままにはしておけないってね。敬意を払われている企業でも何も努力する事なく毎週3万、4万の人を追い返すなんて事はあってはいけない事だ。それではアンフェアだし、私はスタジアムのキャパシティを増やす必要があると感じたんだ。ハイベリーにこれだけ近い位置に、これだけの短期間で成し遂げる事ができたのは奇跡だよ。とても複雑な問題を孕んでいたからね。」

「私のハイベリーのハイライトは日曜の午後、最初のチャンピオンシップの試合だね。全てのハイライトを覚えていたいと思う。これらの瞬間は我々とファンが同じ波長を持ち、ファンタスティックなフットボールを展開した時のものだからね。チームと選手、ファンの間で本当の同胞意識が感じられた時、そのゲームには幸せな瞬間が確かにあった。それとは別に私は勝っていたい人間であり、負けた時はその失望を覚えているよ。ともかくハイベリーは私にとって特別なものだし、永遠に特別であり続けるだろう。他の場所では二度と再現する事のできない雰囲気だよ。」


Wenger plans dynasty with Herbert Chapman's help

上のインタビューとほぼ同じ話題。

「将来の事はまだわからないよ。日曜日にはハイベリーを閉める事になるが、9年半前にここへ来た時、自分がこんな事をする事になるとは思ってもみなかった。こんなに長く留まるとも思ってなかったし、新しいスタジアムが必要だとも思ってなかったんだ。私はまだここで王制を敷いていたい。ヨーロッパとイングランドのベストプレーヤーを揃えたヨーロッパのアカデミーを以てより前へ進みたいと考えているんだ。まだまだこのクラブが高みを目指す余地はたくさんあるよ。」

「ハイベリーに入る時、ハーバート・チャップマンの胸像を見るんだ。彼は試合に勝とうとしただけでなく、クラブへのビジョンを持っていた。後に残ったのはその成功だけでなく、彼の遺産だった。私は彼に大きな尊敬を抱いているんだ。だが私は胸像はいらないよ。チャップマンはチャップマンだし、私はアーセン・ヴェンゲルだからね。」


Arsenal at Highbury - a complete record

今度は数字です。ハイベリーでの公式戦最終成績。

リーグ戦(旧ディヴィジョン2、旧ディヴィジョン1、プレミアシップ通算)
1688戦980勝412敗296分(勝率58パーセント)
3368得点1690失点

FAカップ
142戦92勝32敗18分(勝率65パーセント)
305得点123失点

リーグカップ(※1)
98戦69勝14敗15分(勝率70パーセント)
195得点74失点

ヨーロピアンコンペティション(※2)
76戦50勝17敗9分(勝率66パーセント)
153得点60失点

コミュニティシールド(旧称チャリティシールド)
5戦4勝0敗1分(勝率80パーセント)
13得点6失点

通算成績
2009戦1195勝475敗339分(勝率59パーセント)
4034得点1953失点

※1 リーグカップの名称は、1982年以来ミルクカップ、リトルウッズカップ、ランブロウズカップ、コカ・コーラカップ、ワージントンカップ、そして現在のカーリングカップと変更されてきています。さすがに上には書ききれなかったので注釈で。
※2 ヨーロピアンカップ(1971/72、1991/92)、UEFAチャンピオンズリーグ(1998/99、1999/2000、2000/01、2001/02、2002/03、2003/04、2004/05、2005/06)、UEFAカップ(1978/79、1981/82、1982/83、1996/97、1997/98、1999/2000)、ヨーロピアンカップウィナーズカップ(1979/80、1993/94、1994/95)、インターシティズフェアーズカップ(1963/64)、ヨーロピアンフェアーズカップ(1969/70、1970/71)、ヨーロピアンスーパーカップ(1994/95)


年間数十戦である事を考えると、改めてすごい数字ですね。この93年間に2000以上の試合が行われ、敵味方合わせて6000近いゴールが生まれたという事です。勝率も6割近いし、いい成績じゃないでしょうか。サッカーでは無敗という言葉があるので、勝率ではなく敗率で示すともっとわかりやすいかもしれません。通算でいうと、敗率は31パーセント。それでも3割の確率で負けるのかと一瞬思うんですが、100年以上の間常に優勝争いに加わっているとかありえないんで、これは相当な成績と言えるんじゃないでしょうか。一回他のクラブと比べてみたいですね。

ハイベリーのもう少し詳細なスタッズはオフシーズンに暇だったら載せます。


Henry - We deserved to finish in fourth place

4位争いがかかった大事な最終戦で10人程度の選手が食中毒を起こし、結果的に4位の座を失ってしまったスパーズですが、アンリは同情の余地はないと切り捨てています。

「どちらが4位に相応しいのか、多くの議論が交わされるだろう事はわかってるよ。最後の試合は終わったし、もう順位表が変わる事はないんだけどね。食中毒にかかった選手がいたっていうのは聞いてるよ、でも僕が言えるのは、僕達に9人の怪我人が出た時、同情してくれた人がいたかって事だけだよ。そんな事はなかった。"アーセナルはいいプレーをしていない。以前のチームではない。"なんて言われてた。でも試合に於いてはそんなもんさ。病気になったり、頭痛がひどくてチームのユニフォームを着れない人がいる事もあるだろう。そういうものなんだよ。アシュリーがいない時、ソルがいない時、誰も同情なんてしてくれなかった。僕達はうまく対処してプレーしなければならなかったんだ。変化に対処した選手達は賞賛されるべきだ。"なんて事だ、アーセナルがチャンピオンズリーグで優勝したらトットナムは抗議してもいいんじゃないのか"なんて話を何度も聞いたよ。僕は家で"でも彼らの4位はまだ決まったわけじゃないんだ。リーグはまだ終わってない。トットナムのポジションはまだ確定してないんだから何も変える必要なんてないんだ。"っていつも自分に言い聞かせてたさ。僕は全部が終わった時初めて謳歌できるんだって話した。そして最後は僕達が謳歌していたって事さ。」

僕もアンリに同意見です。例えばこれが食中毒ではなく、前日のトレーニングで10人がケガをしても普通試合をやめる事はないでしょう。急な事なので選手を揃えられないというのなら話は別ですが、今回はアウェーでもロンドン市内でしたしね。リザーブの選手を引き抜いてこなければいけなかった、それは怪我人が出ても同じ事です。いくら急で準備ができていなくても、そういうもんです。まあ、運がなかったというのは認めますけどね。

でこの食中毒事件ですが、ホテル側の協力の下、原因究明が始まったそうです。日本でもそうですが、食中毒ってのは飲食業界では致命的な重罪なんで、もしホテル側の不備が認められた場合大きな打撃になるでしょうね。周りはどうかは知りませんが、スパーズの関係者は陰謀説は信じておらず、刑事事件に発展する事はなさそうとの事です。ロビンソンやデフォーら一部の選手は何事もなかったようで、本当何が原因なんでしょうね。ウェストハムのコンチェスキなんかは「元々体調の悪いやつがいて、それがみんなに写ったんじゃないの?」とか言ってます。そういえばTBSの番組で紹介されたダイエット方法を試して腹壊した人が続出してるらしいですね。まさか先取りしてたんじゃ・・・(笑)


Walcott to miss CL final

電撃代表入りを果たしたウォルコットに話を移しましょう。昨日チャンピオンズリーグファイナルに出なかったらアーセナルより先にワールドカップで見る事になりますねなんて話をしてたら、すでに欠場が決まったそうです。ケガとかではなくて、決勝を欠場して代表に合流するそうです。エリクソンはウォルコットを生で観た事がないとも明かしていて、もう呼んじゃった以上クラブでプレーしているのを見るより実際に合流させて使った方がいいって事なんでしょう。ウォルコット自身にとっても決勝に出場できる可能性はかなり低く、ヴェンゲルも代表に行く事を勧めたんじゃないでしょうかね。でトレーニングで見たぐらいだというスヴェンが何で数少ない枠の中にこの神童を入れちゃったのかっていうと、トレーニングで見た時よかったのと、誰に聞いてもお勧めの言葉が出てくるからだそうです。ヴェンゲルのプッシュも大きかったんでしょう。一応ストライカー4枠の中に入った形ですが、スヴェンはジョー・コールはストライカーでもあると話しており、ルーニーとオーウェンの状態によってはかなり競争が激しそうです。やっぱどうせ行くなら何かしらのインパクトを残してきてほしいですけどね。


Theo amazed at England call

そして本人のインタビュー。代表入りが決まった時、ウォルコットは自動車免許のペーパーテストを受けていて、その後父親に聞いて知ったんだそうです。

「僕は自動車免許のペーパーテストを受けていて、携帯の電源を切っておかなくてはいけなかったんだ。父さんは信じられなかったって言ってたよ。僕もからかわれてると思ってたんだ。僕もみんなと同じようにショックだったし驚いたよ本当。最初思ったのは信じられないって事だったね。アーセナルへの移籍は本当に大きなものだったけど、そしてこれだ。信じられないし想像できない事だよ。僕は母さんや家族のみんな、ガールフレンドに電話したんだ。彼女は喜んでくれたよ。彼らのリアクションはとにかくドイツに行くのが楽しみって事だったけど、今は信じられないってものだね。本当は家族と一緒に過ごすために休日の予定を入れてたんだけど、今はキャンセルしたよ、それより大事な事だからね。」

「エリクソン監督とは今日実際に話したんだ。ただ僕のベストを望んでくれてたし、ポルトガルでのトレーニングで僕を見るのを楽しみにしてくれていた。それが彼の言った全てだよ、実際。もちろんこいつはギャンブルだ、僕はハードワークをしてワールドクラスの選手達と一緒にトレーニングしたい。ワールドカップで戦う選手達でもあるからね。とにかく成長したいよ、本当。ちょっと奇妙な感じだけど、僕はトレーニングで一生懸命やってきたし監督はスヴェンに電話して、僕がトレーニングでよくやっており、これから成長していくのみだって推薦してくれたんだ。スヴェン・イェラン・エリクソンの事はトレーニングセッションで何度か見たけど実際それだけなんだ。これまで彼とは全く話した事がなくてね。ルーニーやオーウェンが若い頃やったのと同じように特別なものだし、彼らと同じような事をできれば僕はもっと高みを目指せるんじゃないかな。2002年のワールドカップではイングランドの全ての試合を観たけど、今こうして代表に入る事になるとは想像もしてなかったよ。全部の試合は思い出せないけど、オーウェンの信じられないゴールは覚えてる。ビデオなんかも見たけど、何でみんなが僕と他の選手を比べたがるのかよくわからないよ、実際。僕はただ自分自身でいたいんだ。」

「僕は大観衆の中でプレーした事もあるし、テレビ中継がやってる中でもプレーした事があるんだ。まあそれとはまた違ったものになるだろうけど、実際僕はうまく対処できると思うよ。実際ベストを尽くすのみだし、イングランド代表の選手も何人か知ってるし、全ての選手と知り合ってベストを尽くすよ。デイヴィッド・ジェイムズとはたまに話すし、もちろんアシュリー・コールとソル・キャンベルもだけど、実際それだけなんだよね。選手全員と知り合わないとね。今は落ち着いてるけど、まだすごくショックを受けてるんだ。昨日の僕を見せたかったね。これは夢なんかじゃない、信じられないけどね。」

語尾にものすごいreallyをつけるんですが、若者の喋り方ってやつですかね(笑)しかし引っかかるのは何故にカラミティ?歳も離れてるし、一体どういうつながりがあるんでしょう。あんまり悪い影響受けるなよ(笑)このウォルコットフィーバー、しばらく続きそうですが、ここにばっか注目してると他の事ができなくなるんで、まあほどほどにしておきます。
スポンサーサイト

コメント

 いや~ほんとにウィガン戦は感動的でした。もうハイベリーでの試合が見れないのはホントに残念です。しかもあのエンジのユニフォームが見られるのも、CL決勝だけ(ベルカンプの引退試合の時はどうなるのかな?)となってしまったのも、僕的には残念です。それにO2のロゴもなくなるんでしたね。なんか来シーズンからガラッと変わってしまう気がします。まあ、メンバーは変わらない事を願いますが。

 で、ウォルコットについては僕もかなりビックリしました。エリクソンもとうとう気が狂ったのかと思いましたね。けど、アーセナルファンとしては嬉しいですし、今大会で三代目ワンダーボーイを襲名して世界をアッと言わせて欲しいものです。それにしても、ライトフィリップスを外してウォルコットとはね~。そら、イアンライトも怒るわ。試合にあんまり出てないっていう理由でライトフィリップスを外したのに、まだアーセナルのトップチームデビューもしてない奴を呼んだわけやしね~。でも、期待してます。それにしてもW杯で初めて彼のプレーを見ることになるかもしれないとは。やっぱり大物は違いますな!

ハイベリー、できればそのまま残しておいてもらいたいんですけどね。客の入る事のないスタジアムなんて無駄なだけだし、しょうがないですけど。ユニフォームですが、決勝はアウェー扱い、相手のバルサのユニフォームの色も考慮すると、エンジのユニフォームを着るかどうかは微妙なところです。もしかしたらハイベリーと共に見納めだったかもしれません。

ああ、でもベルカンプの引退試合は微妙なところですね。大抵新ユニフォームはアムステルダムトーナメントからでしょうし。ベルカンプに着て欲しい気もしますけど。O2ロゴがなくなるのは寂しいですが、ベルカンプには普通のスポンサーのついた赤白ツートンのが合ってる気もします。個人的にはdreamcastがベストだったかな。それを除けばO2ロゴはユニークだっただけに残念です。メンバーはそれほど変わらないと個人的には思ってるんですけど。一体どれだけに人間が出て行く事になるかによるかもしれませんね。アンリ、ピレス、コール、ラウレン、シガン、この辺りが微妙なとこです。

ウォルコットの件は僕は最初ヴェンゲルが気が狂ったと思いましたけど、スヴェンがそれに乗っかっちゃいましたからね。もう何が何やら。でも僕もアーセナルファンとしては嬉しいです。実はイングランド代表はあんまり好きではないんですが、このウォルコットが出るんであれば応援しますね。

ウォルコットに押し出されたのは同じスパーズのデフォーですよ。ライト-フィリップスを押し出したのはこれまたスパーズのレノンです。ベッカムは絶対的な存在ですし、右サイドの選手を3人も連れて行く余裕はありませんからね。何かあればこのウォルコットもできますし、そういったユーティリティ性も評価されたんだと思います。しかしレーマンの件といい、ドイツは楽しみですね~。後はピレスが入れるかどうかが気になるんですが・・・。

4位

こんにちは

スパーズから再戦要求があるみたいですね。

 でもアンリが言う通りだし、司会開始を遅らせる処置を認めたら不公平ですから、アーセナルも同時刻に遅らせても他人の不注意かもしれない出来事で緊張感を切らす事になったらたまりません。

 そして、まだ決着が付いていない段階で4位は自分たちのものだと思ってしまっているんじゃないかと言うコメントも散見されたので、そういうことを言っていると・・・、と思っていました。

まあ、委員会が正式決定するまでちょっと落ち着かないんですが。


あと、ベルカンプ引退試合ですが要望すれば確実にやってくれるんではないかと。

アルベルティーニの試合はすぐ放送があり、その中で視聴者方の要望で実現したみたいなことを言っていました。

こんにちは。ウォルコット入ったんですね。本気ですげーとか思っちゃいました。ここで活躍できれば来期のプレミアにもつながるんでしょうけどどうなんだろう・・・。俺はイングランドもけっこう好きなんですが正直ウォルコットよりデフォーやベントあたりの方が手堅い気もしますが選ばれちゃったものはいい事なのでまずは出場、そして活躍を期待します。三代目ワンダーボーイ、いい響きですね。

移籍関連に関してアンリがミラン・・・て記事をどっかで見ました。シェバがアンチェロッティとの確執が埋まらずかつビッグイヤーを狙えるチーム、今んとこチェルシーらしいのですがミランはその後釜にアンリやエトーを考えているみたいです。ちょっと納得いかないのが移籍もそうですがシェバが移籍金87億といわれているのに対してアンリは13億らしいです。三期連続プレミア得点王がなんだか安すぎませんか、とか思っちゃいますけど・・・。バルサだとロナウジーニョとプレーエリアが被るからミランのほうがアンリ的には考慮しやすいみたいに書いてありました。ミランのほうが俺のスカパー問題も解決できるからまぁ良いとしてもやっぱ移籍してほしくないなぁ・・・。

始めまして、
僕は外国人なんですけど日本語はそんな上手くないので「何言ってるの?」と思われるがアーセナルはあまりにも好きで自分の意見はどうしても言っちゃいます。

ハイベリーは無くなるなんて寂しいですね。でもこの終わり方で本当に嬉しいです。やっぱりハイベリーはアンリですね。残って欲しいですね。最近のインタビューによればもう残ると思いますよ。

ワルコットについては嬉しいな。もともとイングランド代表はトニーアダムス以来は嫌いになったが今度は応援します.やっぱりデフォーはチームプレーが足りないし、ベントはクラウチと似ているのでオウェンとルーニのタイプが念のため欲しかったと思うよ。さらにワルコットはフィニッシュは上手そうです。日本代表にも若手を入れて欲しいところですね。平山君ぐらいは呼ばれたらいいじゃないか思うよ。

僕は日本には長くないけど粕谷さんは大丈夫ですか?彼はアーセナルに悪いことでもされたんですかね?

>さとりさん

スパーズの事は記事にします。まあ再戦要求とは公開書簡で行われたようですが、どうも会長の強い意向が働いてる気がしますね。ヨル監督や選手達はしぶしぶながらも試合をする事を同意してたようなので、スパーズの中でも誰が何を考えてるのかよく掴めない状況です。まあ、認められないでしょう。

ベルカンプの引退試合はArsenal TVでは確実に放送すると思います。中途半端な放映権しかないバルサTVやオフィシャルTVが放送されてないミランと違ってアーセナルには一応クラブTVがあるんで、やらない理由はないでしょう。ってか、アルベルティーニの引退試合って放送あったんですか?ちょっと見たかったんですけど・・・。


>HENRYさん

ここに来てスヴェンは本性を現したのかもしれません(笑)これまでは保守的なやつだと思ってましたが、それがイングランドという環境がそうさせていただけであって、ラツィオ時代のアグレッシブなやり方が彼の本当の姿なのかもしれませんね。もしそうだとすれば彼の評価を改めねばなりませんが・・・。デフォーはまあいい選手なのでしょうけど、正直強国の代表ではどうかなという部分がありますし、ベントは下のureshii-gunnerさんが仰っている通りクラウチとタイプがかぶりますからね。電柱系は2人もいらないでしょう。上でも書きましたが、ウォルコットはユーティリティ性も評価されたんじゃないかと思ってます。まあギャンブルには違いないですけどね(笑)

アンリがミランってのは僕も見ました。その移籍金の額も見ました。まあアーセナルとしてはアンリ本人の意思を最優先させているためにどうしても移籍金は足元を見られてしまうんでしょう。ヴィエラの時もそうでしたしね。でアンリのミラン移籍ですが、これは何とも言えないところです。ただアンチェロッティがミランに残るのかレアルに行くのか知りませんが、どちらにしてもアンリはアンチェロッティのいるところには行かないでしょう。ユーヴェで不遇でしたからね。でロナウジーニョとプレーエリアがかぶるとか何とかいう話も全くわかりません。正直アンリの考えている事は常人にはわからないので、セオリー通りの話をしても通じないと思うんですよ。なので彼に関してはもう放置するしかないです。会長すら面食らう気分屋っぷりですからね(笑)


>ureshii-gunnerさん

初めまして、どこの国の方でしょうか?留学でもされてるのかな?なかなか日本語はお上手なようですが、こちらとしてもureshii-gunnerさんがどこまで日本語がわかるかわからないので、言ってる意味がわからないとか、漢字が読めないとかあるかもしれません。もし英語がわかるのなら英語で書き込んでくれてもいいですよ。

ハイベリーがなくなるのは本当寂しいです。ウィガン戦は感動しましたね。それに確かにハイベリーにアンリはよく似合います。エミレーツスタジアムにアンリがいないなんてなったらそれこそ寂しいでしょうね。例えロナウジーニョやベッカムが来ても、アーセナルでのアンリの存在感には全くかなわないでしょう。

僕もイングランド代表はあまり好きじゃなかったんですが、ウォルコットが入った以上応援しますよ。同じようにレーマンが出るドイツも応援します。ウォルコットについてですが、エリクソンもウォルコットのスピードとテクニックを高く評価していました。ルーニーと同じようにミッドフィールドでもできますし、デフォーとベントの事も僕も同じ意見です。こうなったらルーニーもオーウェンもあまり回復しないで、ウォルコットにどんどんチャンスが回ってきてほしいですね。

正直ジーコの選手の選び方はよくわかりません。コンディションが悪く、結果の出ていない選手でも呼び続ける一方で、そこそこ結果を出している平山が呼ばれる気配すらないのはおかしいですよね。まあジーコともワールドカップでお別れだし、次はまともな監督を連れてきてもらいたいです。

え~っと、粕谷さんは大丈夫ですかとはどういう意味でしょうか?彼がアーセナルの批判ばっかするのはどうしてかっていう意味でしょうか?そうだとして、粕谷はマンチェスター・ユナイテッドが好きなんです。でもそれ以外にいつも強いとこばっか応援するんで、最近はチェルシーをほめてばっかいます。あの人の言う事はあんまり真面目に受け取らない方がいいですよ(笑)

私はセネガル国籍何ですが妻の方が留学に来たんです。妻も超アーセナルファンで粕谷さんの話はそこで気付いたのですがまあこういう人がいるからこそ嬉しいですよ。5月18日に帰る予定だけにCLを優勝して帰りたいところです。
I am glad to know I can write in english! I just thought I might end up talking to myself but still I would prefer to be understood by everybody so I don't know which language will be better to use. Maybe both will do the trick(笑い).
By the way spurs request have been denied. That will serve them well. It seems only two of their players were affected by the food poison instead of 10! I guess spurs will always be a scum team.
This season has been difficult at time but Wenger really turned things the best possible way. We suffered the loss of Vieira but more than that Henry struggling with injuries, the yougsters failing to understanding quickly when and how to find Henry the way he wants, the burden of the captaincy hit us more than anything. Now the youngsters jelled up very nicely and they are understanding how to play with Henry, the confidence is back and there has never been a better time to be gunner.
Now the big equation is NEXT YEAR! Wenger is a very fair coach. He gave the yougsters a chance and they took it very well so if everybody stays( specially Henry and Cole) I believe it will be very hard to make big signs as some wish. We won't get another striker for sure with Henry, Persie, Adebayor, Walcott and Bendner and even Reyes and Ljundberg as back ups. A central midfielder could nicely do but with Cesc, Sylva, Diaby, Song and Flamini I don't think Wenger would send them to reserve football and get someone like Ballack. A goalkeeper and a defender is a must though but then again it is The Professor you will never know what he is going to do maybe some young players wil come again. On the wings we need new faces I believe. Hleb, Reyes, Ljunderg are the only ones we might be having unless we start using forwards as wingers.
But before we talk about next year let's finish this year in style by beating Barcelona why not 4-0v-26

Oh, you are from Senegal! I guess few Senegalese stay in Japan because I haven't seen any Senegalese. Is your wife Japanese? She studied in Senegal, as a result you came Japan with her, is it right? by the way these are the private questions so you don't have to answer the questions if you'd not like to. I just wish you can come back to your country in great feelings with Arsenal dominating Champions League. Anyway I'm not good at speaking English although I read English articles everyday so if you don't know anything I said please ask me anytime.

So I heard Spurs' replay request has been rejected. I think FAPL made the right dicision and I completely agree Spurs are scums. But which two do you think were really ill? I think Carrick and Lennon were. Anyway Spurs lost and Arsenal won 4th place and I believe we are fully deserved 4th.

I have enjoyed the team has been likely to go the right track enjoying development of some youngsters like Cesc, Reyes, Eboue, and Flamini and I would really love to credit Arsene Wenger about that. But what I have been worrying is youngsters look to owe Henry too much. So I probably have to accept people say Arsenal are Henry's team, and we have to solve that problem in order to reign domestically again.

Now I am also concerned with the next season. Unfortunately I cannot agree Wenger is a fair coach. He seems to neglect more experienced players like Bergkamp or Pires. Because of slight financial difficulty of the club, it's a great idea to use young players efficiently, but especially recently he looks to stick not to get any star players. And I'm sure Henry had been disappointed about that, but he looks to begin to trust youngsters who are really talented, so I believe he will stay. And I really want Pires to stay even though Wenger will prefer Reyes, Hleb, Ljungberg to Pires I think. I really don't know Reyes and Hleb will secure their position because Wenger puts huge trust in Ljungberg, but I don't think either of two will be backup. Talking about strikers I can't imagine who will play alongside Henry, or if the boss will bring a new striker, but both adebayor and van Persie will play major roles I believe. I think Walcott will get more opportunity, but not sure about Bendtner, and you forget Aliadiere who still wants to play for Arsenal! As Diaby will be short during the first half of the next season, Flamini will be still important and of course Cesc and Gilberto will play the major part of central midfield. I prefer Seb Larsson, but sadly he might leave. Song will stay, and Muamba is also a good player, so we don't need someone playing in central midfield and who needs Ballack or someone like that? I agree we have to bring at least one center back and goalkeeper and I'm sure Wenger will bring young lads!

Against Barca, I prefer 5-0 and wish Henry scores all(笑) If Henry made it, he would get the golden boots solely ahead of Shevchenko, and the figure would reach 10! That will be a really great record and I'd really love to see that. Anyway I believe we can beat Barca, and I'm sure so do you!

I would like to ask you if you have become an Arsenal fan because of Vieira or just because of your wife or any other reasons. Wenger said he is not French in France and he is not English in England. I don't know whether Vieira is a star or is recognised as French in Senegal. What I just know is he founded a football academy in Senegal. I was surprised and was a little bit emotional when some supporters were singing Vieira song which he himself loved in Wigan match. I just wish he is successful at Delle Alpi as long as he can.

I'm really glad you had your say here and hopefully you stay here.

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/301-8e391ae7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。