スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBA戦 マッチリポート2 

アーセナル 3-1 ウェスト・ブロミッジ・アルビオン

バークレーズプレミアシップ
アーセナルスタジアム、ハイベリー
2006年4月15日(土)
キックオフ:午後3時

主審:マイク・ディーン
入場者数:38167人


アーセナル   3
   フレブ 44分
   ピレス 76分
   ベルカンプ 89分
ウェスト・ブロミッジ・アルビオン   1
   クエイシー 72分


 ARSENAL
   レーマン
   センデロス
   エブエ
   トゥーレ
   ディアビー
   フラミニ
   ジウベルト
   フレブ→ピレス(71分)
   アンリ→アデバヨール(62分)
   レジェス
   ファン・ペルシ→ベルカンプ(71分)
 SUBS NOT USED
   プーム
   ジュルー

 WEST BROMWICH ALBION
   クシュチャク
   ロビンソン
   アルブレヒトセン
   カーティス・デイヴィス
   クレメント
   ウォールワーク→カーター(80分)
   クエイシー
   グリーニング
   ゲラ→稲本潤一(63分)
   ディオマンシー・カマラ
   カヌ→ケヴィン・キャンベル(52分)
 SUBS NOT USED
   ホールト
   ワトソン



We've got Dennis Bergkamp!
We've got Dennis Bergkamp!
We've got Dennis Bergkamp!
We've got Dennis Bergkamp!

He came from Holland, but he is a Gunner noooooow!って事で、この試合を観た人は見事にBergkamp wonderworldにwalking inできたわけです。フレブには悪いですが、もうこの試合はベルカンプが出てきた71分からでいいんじゃないかと・・・一言で言ってしまえばベルカンプパワーで勝利した試合ですから。

まあそれぐらいベルカンプが出てくるまで見所のない試合でした。セスクの不在が大きかったのもありますが、アンリの不調や不安定な守備が結構目につきましたしね。そんな中一人気を吐いてゴールを決めたフレブは見事でしたし、守備陣でもエブエは90分通していい活躍をしてましたが、内容で見てしまうと水曜日に向けて不安の残る試合でもあります。

やっぱり疲労の色は濃いですね。特にトゥーレ、フラミニ辺りはいつになく不安定なところが出てましたが、この辺疲労がちょっと思考能力にも及んでるのかなと。特にフラミニのバックパスにはヒヤリとさせられました。失点はセンデロスのお粗末なミスからでしたけど、まあ彼は元々あんなもんですからねぇ・・・。それと中盤はジウベルトが守備に奔走していてまだ何とかなっていたものの、問題はディアビーの方かなと。別に彼が悪いプレーをしていたわけでは全くないんですけど、ウェストブロムのように別にフィジカル頼みでなく、またこれといった売りがないようなチームを相手にするにはセスクの方がいいと思うんですよ。特にウェストブロムの守備はちょくちょく裏を取られてましたから、セスクが無理に飛び出さなくても一つパスを出してくれるだけで相当かき乱す事はできたでしょうからね。まあセスクはケガなんで、言ってもしょうがない事ですけど。

今回はフレディ以外にお休みを取った選手はなく、ほぼ現状でのベストの布陣。ポーツマス戦では結構休ませてましたから、ヴェンゲルはここを加減する必要があったと思うんですよね。一体何を考えてるんだか・・・。

そして嫌だったのは試合の流れですね。立ち上がりを除けば全体的に優勢で、決定機もいくつか作りながらまるで決めきれず、前半が終了に近づくにつれて嫌な感じに。特になるべく主力を早い時間に下げてチャンピオンズリーグに備えたかった事もありますし。そんな中で前半終了間際にフレブがしっかりと決め、このまま後半の早い時間に追加点をあげられれば・・・と思っていたところで、また決定機でのミスが相次ぎました。ついにはアンリも下げ、まだ20分残っているところで残りの2枚のカードを切ったヴェンゲル。その直後、センデロスのミスから失点するという恐れていた事態が起きてしまいました。ポーツマス戦と同じような展開、ここで勝点を落とせば4位入りが絶望的になりかねないだけに非常に不安だったんですが・・・。

75分、フラミニのロングボールを裏に抜け出したアデバヨールがPA内右サイドでキープ。折り返してピレスがダイレクトでシュートを撃ちますが、クシュチャクがセーブ。こぼしたボールをベルカンプがかっさらいます。しかし流れすぎてゴールライン際、シュートコースがないというところで再び中に折り返す大先生。そこには先程シュートを放ったピレスがおり、2度目のシュート。これは懸命にブロックに入ったウェストブロムのディフェンダーに阻まれますが、浮いたリフレクションがまたもピレスのところへ。これを落ち着いてゴールに投げ入れ、勝ち越し成功!同時に入ってきたベテラン2人が結果を出し、ポーツマスの時と違いを見せてくれました。それがホームとアウェーの違いか、それとも勝負所でのベテランの力なのかはわかりませんが、とにかくこれで嫌な流れを断ち切る事に成功したわけです。

終了間際には3人に囲まれたエブエが踏ん張り、倒れ込みながらも中央のベルカンプへ預けます。ディフェンダーが引きつけられて空いていたスペース、ベルカンプはしっかりと態勢を整えると、敢えてブロックに入ってきたディフェンダーのいるサイドへシュート、というかゴールにパス。これには逆を疲れる形になったクシュチャクも反応が遅れ、綺麗にゴール右隅に決まりました。デニス・ベルカンプデーという事で主役だった今回の試合でのゴールに、ハイベリー招かれていたアヤックスファンも沸きます。このゴールにより勝利を確実なものにしたガナーズ、イエローサブマリンズとの戦いに向けてまずまずの準備ができたんじゃないでしょうか。

ただ今回ちょくちょく見られたのが、若い選手、特に後ろの選手は、とりあえずアンリに預けるという頭がありすぎるという事ですかね。アンリに渡せば何とかしてくれると思うのはわかるんですが、時と場合を考えて適切な相手に渡す、もしくは自分が突破する、シュートするという選択肢をちゃんと持てないと、いくら何でもアンリへの負担が大きすぎますし、いずれチームとして結果が出なくなりかねません。アンリがいなくなった後に2点取れたのにはこういう背景があるのかも・・・。

フォーメーション。センデロス、エブエ、ジウベルトが復帰し、リュングベリがお休み。替わってフレブが入り、アンリのパートナーはファン・ペルシにチェンジ。

          レーマン
       トゥーレ  センデロス
エブエ                フラミニ
       ディアビー ジウベルト
フレブ                レジェス
    
     ファン・ペルシ アンリ

後半、ヴェンゲルは早い時間に動きを見せます。早々にアンリを下げてアデバヨールを入れると、数分後にはファン・ペルシとフレブを下げ、ピレスとこの日の主役、ベルカンプを投入。勝ち越しにはこの3人が全て関わった事から見て、ヴェンゲルの采配は完全に成功だったと言えるでしょう。そういやアデバヨールとベルカンプのコンビは初ですね。

          レーマン
       トゥーレ  センデロス
エブエ                フラミニ
       ディアビー ジウベルト
ピレス                レジェス
         ベルカンプ
          アデバヨール

ではレーティング。

レーマン 7.0
ディフェンスは不安定だったとはいえそれほど仕事はありませんでした。スーパーセーブもなければミスもなく、無難な出来。

センデロス 4.5
いろいろ不安定です。本当どうにかならんのか。というか何でこんなに評価が高いのか。代表で素晴らしいパフォーマンスを見せているだけに、イタリア辺りに行った方がいいんじゃ・・・。

エブエ 6.5
ウェストブロムはどうしてもゲラ頼みのチームであるだけに、エブエのサイドはそれほど守備の負担が大きくなかったですね。まあフレブががんばってくれてたのもありますけど。失点シーンではカバーリングに不備がありましたが、攻撃では勇猛果敢な切り込みを何度か見せてくれ、結果的に主役のお膳立てに成功。それだけで10点つけてもいいかもね(笑)

トゥーレ 6.0
守備そのものより、一つ一つの判断が遅く、また適切でない感じです。疲れて思うように動けてない感じですね。キャンベルは水曜日には間に合わないんで、ここはジュルーを使っておくべきだと思うんですが・・・。

ディアビー 5.5
一番採点が難しい選手です。囲まれてもボールを失わず前が向けるのは相変わらずですし、オーバーラップも大きな武器です。その分守備が疎かになっていて、自らの守備能力も高くない。結構扱いが難しい選手ですね。ユーヴェ戦の時みたいにウイングの方が向いてたりするのかも・・・。

フラミニ 5.5
右サイドからの攻撃が多いウェストブロムの裏を狙って、いつもよりオーバーラップが多かった感じがしますが、もうちょっと守備に集中してほしかったところ。フラミニ自身が抜けれてピンチを招くとかはなかったと思いますが、結構攻め込まれてたのは確かですからね。この人も疲れてるとは思うんですが、コールが戻ってくるまで耐えてもらうしかありません。

ジウベルト 6.5
ディアビーの尻ぬぐいが主な仕事ではありましたが、いつもより攻撃参加もしてたんじゃないでしょうか。一本惜しいボレーもありましたし。この人はポンペイ戦を欠場した事でややリフレッシュできた感じですね。ヴィジャレアル戦では大きな鍵を握る事は言うまでもないです。

フレブ 7.0
あんまり目立ちはしませんでしたけど、いい活躍をしてたと思いますよ。攻撃で可能性を感じる事ができたのはこのフレブとエブエぐらいでしたし、アンリとのパス交換から抜け出し、厳しい角度から決めたゴールは見事でした。最近かなりシュート意識も高くなってきて頼れる存在になってます。

アンリ 5.0
フレブのゴールをアシストこそしましたが、それだけでしたね。意欲は感じられるんですけど、パスもダメ、ドリブルもダメ、シュートもダメで、次第に元気がなくなっていったような・・・。疲れてるんだか何だかよくわかりませんけど、一時間で下げてもらったので、しっかりリフレッシュしてヴィジャレアル戦に臨んでもらいたいものです。

ファン・ペルシ 4.5
何にもやってないですね。何度も言いますが、何でこの人スタメンで出るとこうつまらないミスが多いんでしょうか。チームにも入り込めてないし、どうも復帰後のパフォーマンスには不満です。ファン・ペルシがこうではベルカンプは安心して引退できないじゃないですか・・・。

アデバヨール 5.5
あんまり見せ場がなく苦しんでましたが、勝ち越し点には絡んでました。ちょっとアンリっぽい抜け出しも見せたり、状態は悪くはなさそうです。こちらは一週間お休みなので、次はノースロンドンダービーですね。そういえばカヌとの邂逅が期待だったんですけど、カヌはアデバヨールが出てくる前に下がってしまって実現しませんでしたね。来シーズンはあるんだろうか・・・。

ピレス 7.0
大事な場面で落ち着いて決めてくれました。とは言っても三度目の正直でしたけど、こういうところでの落ち着きはベテランならでは。最近はポジションが定まらない事もあって試合中もフラフラしてますが、そこにいて欲しい時にいてくれる貴重な選手です。

ベルカンプ 10
10.0ではなく10です。


スパーズは勝ちました。何やってんだタフィーズめ。次はユナイテッドがボコボコにしてくれると信じてますよ。ていうかこれで負けたら許さん。アーセナルの次の試合は水曜日のヴィジャレアル戦。チャンピオンズリーグも遂にセミファイナル、まずはホームからです。ここできっちり勝って決勝を目指しましょう。


Arsène Wenger: "Intelligence and class"

試合後のヴェンゲルの会見。この中で語られてますが、セスクはヴィジャレアル戦に間に合うようです。よかった・・・。

デニス・ベルカンプについて
「インテリジェンスとクラスだ。クラスというのはもちろん、大抵の場合でボールを持った時何ができるかという事に結びつけられる。インテリジェンスはそのテクニックを有効に活かす能力の事だ。言ってみればボキャブラリーは豊富なのに普段知的な喋り方をしない人、ボキャブラリーは豊富で知的な喋り方もできる人のようなもので、デニスの場合そういう事さ。彼が何かを成す時、常に頭で考え脳が働いている。そしてそのテクニックにより見たものを実行でき、やると決断した事が実際にできるんだ。」

重要な勝利について
「我々は勝利に相応しいと思う。少なくとも10回のチャンスは作ったからね。ウェストブロムはとてもハードに戦っていたとは思うが・・・我々の方が優れていたし、勝利に値する存在だったという事だよ。」

水曜日の準決勝について
「我々はすでに片方の目を水曜日の試合に少し向けていたようにも感じた。だからここで勝点3を取れ、プロフェッショナルややり方を貫けた事は非常に嬉しい。毎日チャンピオンズリーグの準決勝をやるわけではないからね。だからもちろん、ミッドウィークに向けて納得のいくやり方、しっかりしたやり方でやっていきたいと思う。ファブレガスはどんどんよくなっていて、試合には出られるだろう。ソルは水曜日は欠場するが、土曜日のトットナム戦には間に合うと思う。」

そういやまたチャンピオンズリーグの後にビッグゲームがあるんですよね、大変だ・・・。スパーズもユナイテッドとやりますが、月曜日なんでこちらよりはまだ準備期間が取れます。まあ条件はほぼイーブンだとは思うんですが・・・。こちらのホームだし絶対に勝たないとね。


Dual injury blow for Villarreal

先日バルサに敗れたヴィジャレアルですが、セスクの復帰と共にもう一つアーセナルに朗報が。このバルサ戦でセンターバックのゴンサロ・ロドリゲスとペーニャが負傷しました。またキーパーのヴィエラはサスペンションだそうで(キーパーなのに何でだよ・・・)、ヴィジャレアルは守備に不安を抱える事になります。アウェーですし、そういう事情もあって、思ったより消極的な戦いをしてくるかもしれません。ヴィジャレアルの二人は筋肉のケガという事ですが、どれくらいのものなのか、一週間後となるセカンドレグには間に合うかなどといった情報はまだ入ってません。ヴィジャレアルの快進撃に大きく貢献してきた二人だけに、この負傷は大きいですね。


Manu wants to be new Kanu

アーセナルでマヌといったら普通エブエの事ですが、今回はアデバヨール。憧れのカヌについて再び語っています。土曜日の試合では同時にピッチに立つ事は叶いませんでしたが・・・。もう登録名マヌにしちゃえば(笑)

「僕はチームに自分の居場所を築き、アイドルであるカヌの足跡を辿る自信があるよ。彼は僕のお手本になった選手だし、アーセナルで新しいカヌになりたいと本当に思ってるんだ。アフリカのたくさんの若者はカヌを目指してる。彼らはカヌのゴールを見て彼の所属したクラブを追い、彼のようになりたいと思ってるんだ。今はとにかくアーセナルでもっとゴールを決める事に集中するよ。ここでネットを揺らし続ける限りはハッピーだからね。」
スポンサーサイト

コメント

ベルカンプ!!

最高でしたね!!いいもの見たわ~。なんなんですかねあの冷静さ。19日もパリでも出たほうがいいですよね。ベルカンプってかため打ちするイメージありません?僕だけかな?2トップでいくんなら14と10がいいですね。

アンリの調子がよくなかったり、守備陣もミスが多かったりと不安でなりません。
なにかいいコメントを待ってます。

>C-サークルさん

70分過ぎにようやく出てきて、いきなり失点をくらったものの直後に1アシスト。難しいかなとは思いつつもこの人のゴールが見たいな~と思ってたんですが、本当に決めてくれましたよ。

ただCLではよっぽど出番はないと思います。もうヴェンゲルがCL=4-5-1って感じで固定してしまっているので、相手がヴィジャレアルでもこれはちょっと変えそうにないかなと。そうなると大先生はポジションがないですからね・・・。僕も4-4-2で行くなら出してほしいです。ファン・ペルシは途中から出てきた方が仕事するし、アデバヨールは出れないんでちょうどいいですね。

ベルカンプが2点以上取ったのは久しく見てないと思うんですが・・・。そもそも全盛期に比べるとゴール自体減ってますし。たまにしか取らないけど全部重要なゴールってパターンだと思いますね。


>打倒大耳!さん

まず一番重要なのは勝った事。ユナイテッドに敗れ、ポーツマスに引き分けてとズルズルいきかけない悪い流れを断ち切れたわけですから。しかもポーツマス戦と同じく前半に先制しながら後半に追い付かれたわけですが、そこからちゃんと勝ち越したというのも大きいです。何より最後に主役のベルカンプが決めた事で、チームにとってもサポーターにとっても大きな勇気になったんじゃないですか?

アンリの調子なんてものは一試合見ただけではアテにならないのであんまり心配要りません。守備陣はトゥーレとフラミニの疲れは気になるところですが・・・。センデロスは前からあんなもんです。正直彼のミスで失点してもしょうがないというか、必然というか・・・。

んーやっぱベルカンプはやってくれるお方です。
ゴール決まった時はオレンジの群れが凄い事になってましたね!
ええ当然僕も負けじと大興奮でしたよ。
陸さんこそピレスのイコライザーには相当シビれたのでは?(笑)


トゥレに関しては、レーティングで陸さんが仰ってる事と同意見です。「速いんだけどナンか遅い、重い」そんな感じですね。表情もいまいち良くないですし。ああ結局休み無しでチャンピオンズか・・・。どれもこれもトドロフのクソ野郎がソルの鼻をへし折ったからだ!

セスク間に合ったようで何よりです。って試合前になってみないと分からないですけどね。まあベルカンプも戻ってきたし、4-4-2でいってもイケるんじゃないかと。ビジャは守備の要が欠場、ベストメンバーでは臨めなさそうですからね。まあリケルメ、ソリンなど中盤の選手がフレッシュな状態で居るのは不気味ではありますが・・・。

あと下のコメント欄で話してたレディース主将フェイエ・ホワイト。
確かにお綺麗な方で!しかも選手としてだけでなく、ユーロ・スポーツ、スカイ・スポーツ2つの局でコメンテーターとしても活躍してるそうで更にビックリ。
ちなみに僕はキーパーのエマ・バーンのが好みだったり(笑)
まあ例によってデカいですが!
少しはエイカーズ・コーチの気持ちも考えなさいYO。

はじめましてー。tomoと申します!ガナーズファンで、色々飛んでたら、辿り着きましたー!!
細かいですねー。凄いです!いや、素晴らしいです。WBA戦は明日のアーセナルTVで見る予定ですが、デニス・デーだったんですね!しっかりチェックします!
宜しければ、自分のブログにリンクしても良いですか?

「そこの大先生、ちょっとゴールが見たいんだけど。」
「はい、ただいま。」
て感じできっちりやってくれました。もう言う事ないです。ただピレスのゴールはですね、「キーパーに止められた、でもまだ残ってる、もっかいピレス!ブロックされたけど何とか・・・お~入った!」ってなところで興奮したというよりもホッとしたというのが正直なところです、はい。

センターバックどうしましょうねぇ。ヴィジャレアルのフォワードはスピードあるし、2試合ともトゥーレいないとキツイです。でもノースロンドンダービーで休ませるのはあまりにも危険すぎますし、どうにかなりませんかね。このままだと今月中は休めそうにないんですが・・・。本当トドロフには責任取ってもらわないとね。

セスクに関しては、ヴェンゲルの言い方が「could be」ではなく「should be」だったので、多分大丈夫でしょう。僕はヴィジャレアル相手の場合4-4-2に戻すべきだと思うんですけど、セスクがそれでどこまでやれるかはちょっと疑問ですね。ヴィジャレアルは守備の要を3人欠いているだけに、アンリとベルカンプのコンビは嫌だと思うんですけど。

ホワイトはアーセナルだけでなく、イングランド代表でもキャプテンやってますね。あと担当は忘れましたが、アーセナルでもスタッフとして働いているはずです。忙しいっすね(笑)
僕もバーン好みです(笑)彼女は先日優勝を決めたチャールトン戦でPKをストップしたそうですね。昔のArsenal Magazineだったと思いますが、キャンベルと並んでる写真があったんですけど、同じくらいの高さでした・・・。ちなみにキャンベルはレディースの試合もよく見に行ってるそうです。そういやエイカーズ監督はイクイップマネージャーもやってますね。ちょっと前は雑誌にナイキの広告で出てましたな。

上のコメントはtripperさんへのお返事です。

>tomoさん

初めまして、そしていらっしゃいませ。

正直アーセナルオンリーでなければここまでやってられません(笑)まあ僕はアーセナル以外あまり興味がないんでいいんですけどね。

あ、今週のアーセナルTVの初回放送は水曜日です(笑)たまにこういう事ありますね。パーフェクトチョイスの放送ではもっと試合前のセレモニーとか放送してくれるかと期待してたんですけど、さすがに世の中そんなに甘くありませんでした。アーセナルTVでもポーツマス戦が入ったので、どこまでやってくれるか微妙ですね。とりあえず水曜日をお楽しみに。

リンクの件ですが、是非お願いします。相互でもよろしいでしょうかね?

こんばんは、
はじめまして!

いろいろ回って、ここにたどり着きましたー。
すばらしい、サイトですね!!
ガナーズ一筋でここまで!感動です。

これからもちょくちょく遊びにきまーす。

PS;デニス・ゴール最高でしたね!

陸さん、ありがとうございます。それでは、相互リンクさせて頂きます!

アーセナルTV水曜だったんですか!うーん、そしたら違うリーグのサッカー見るしかないですね。アーセナルTV、かなり省略してますよねえ。CLのユーベ戦も早かったですよね?

CB、僕も同意見ですね。トゥレは何だか動きが良くないですね。ユナイテッド戦のダイビングセーブもありましたし。
イエローサブマリンズは、フォルラン・リケルメ・セナ・タッキナルディーを、
ペジェクリーニ監督は今節のバルサ戦でベンチにも入れませんでした。

疲れが取れた彼らを、センデロスとトゥレでは心配ですよねえ。

>Premier編集長さん

初めまして、ご訪問ありがとうございます。

上のコメントでも言ってるんですが、アーセナル一筋でなければなかなかやってられないというのが実状ですね。僕自身広く浅くってのが苦手なもんですから・・・。どっちにしても時間なんかとの兼ね合いで、この辺りが限界ではあるんですけどね。

それでも気に入って頂ければ幸いです。またのお越しをお待ちしております。

大先生はもっと見たいですねぇ、水曜日出してくれないかな・・・。


>tomoさん

ありがとうございます、ではこちらからもリンクしておきます。

アーセナルTVは枠が3時間なんで、フルでは2試合は入らないんですよね。大抵プレミアの方にプライオリティが置かれているようで、チャンピオンズリーグは編集されているのが基本です。フルで見れるとしたらその前の週末にプレミアがなかった時だけでしょうね。省略されてるかどうかは時間が表示されてるかどうかでわかりますよ。

仰る通りヴィジャレアルはバルサ戦で何人か休ませはしましたが、代わりにセンターバック2人が壊れましたからね。ペーニャはセカンドレグも微妙、ゴンサロ・ロドリゲスに至っては今季絶望だそうですから。でもアウェーゴールを取られるわけにはいかないんで、あんまり攻め一辺倒になれないのが辛いところです。水曜日の試合がアウェーだったらあまり気にせず攻めに行けたんですけどね・・・まあ言ってもしょうがないか。

ついに勝負の時!

お久しぶりです。
今日は待ちに待ったチャンピオンズリーグですね!
ディフェンダー陣の疲れやヴィジャレアルの主力の休養など不安要素がありますが、セスクの復帰やWBA戦でのベルカンプ大先生の活躍でイイ感じで望めるかなと思います。
そこに期待して観戦するしかないですね!

いや~待ちこがれましたよ。相手がどこであろうとワクワクしちゃいます。ヴィジャレアルは守備の要が3人欠場ですので、かなりアンバランスになるでしょうね。最低でも1点は取れると思ってます。ただこちらの守備陣の疲れが心配なのは僕も同じです。

大先生ですが、使われない可能性の方が大きい気がしますね・・・。今回は4-4-2に戻してプレミアスタイルに戻してもらいたいんですが、ヴェンゲルはやらなさそうだからなぁ・・・。どっちにしても面白い試合は観られると思いますよ。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/281-49c9699e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。