スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーツマス戦 マッチリポート2 

ポーツマス 1-1 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
フラットンパーク
2006年4月12日(水)
キックオフ:午後8時

主審:ユーライア・レニー
入場者数:20230人


ポーツマス   1
   ルアルア 66分
アーセナル   1
   アンリ 37分


 ARSENAL
   レーマン
   トゥーレ
   ジュルー
   キャンベル→エブエ(90分)
   ディアビー
   フラミニ
   ソング
   リュングベリ
   レジェス→フレブ(80分)
   アンリ
   アデバヨール→ファン・ペルシ(75分)
 SUBS NOT USED
   プーム
   ベルカンプ

 PORTSMOUTH
   カイリー
   マシュー・テイラー
   プライマス
   ステファノヴィッチ
   プリスケ
   メンデス
   オニール
   ショーン・デイヴィス→ルートリッジ(58分)
   ダレッサンドロ
   ルアルア→リチャード・ヒューズ(69分)
   ムワルワリ→トドロフ(66分)
 SUBS NOT USED
   アシュダウン
   アンディ・オブライエン



さて、この記事も無断転載されるんでしょうかねぇ。転載される事を前提に、いろいろ釣れそうな記事を書くのも面白いかもしれません。それはさておき、痛い引き分けです。何か放送がない間に勝手に引き分けてました。当然詳しいリポートは書けないんですが、アデバヨールが2つほどビッグチャンスを外したようです。またキャンベルが負傷したとの情報も。これは後ほど詳しく。

最近負傷者や休養もらった選手の情報が完全に伝わって来なくて困ります。やっぱりセスクは壊れてましたし、急遽ジウベルトとエブエがお休みになりました。エブエはベンチには入っていたものの、ジウベルトは完全オフ。代わりにソングとジュルーが先発。それからやっぱりアルムニアはベンチにおらずプームが控えになっています。ケガをしたのかもうベンチに座る気がないのか全くわかりません。そしてそして、知らぬ間に復帰していたベルカンプ。何これ、情報戦か何かですか?以下は推測のフォーメーション。

          レーマン
       トゥーレ  キャンベル
ジュルー               フラミニ
      ディアビー   ソング
リュングベリ             レジェス
    
     アデバヨール   アンリ

試合も終盤に差し掛かりつつあるところでヴェンゲルは5分置きに交替選手を投入。アデバヨール→ファン・ペルシ、レジェス→フレブ、そしてキャンベル→エブエ。っつか大先生出せよ・・・。それとも何か、15日のために温存?

          レーマン
       トゥーレ  ジュルー
エブエ                フラミニ
      ディアビー   ソング
フレブ               リュングベリ
    
    ファン・ペルシ   アンリ

アンリの得点は綺麗なミドルっぽいです。一方失点はダレッサンドロのFKからルアルアのヘッダー。ルアルアは得点した直後負傷した模様です。しかしセットプレーから失点は久々です、ディアビーがやっちまったらしいですが、これだけメンバーが替わるとしょうがないかもしれませんね・・・。

しかしこれでスパーズとは試合数同じで4ポイント差です。自力で4位はいきなり消えました。まあスパーズがポロポロとポイントを落としてくれると信じているので、がんばってもらいたいです。

Campbell facing decision over surgery on his broken nose
Arsenal waiting on Campbell scan

キャンベルの負傷ですが、脚ではなく顔です。ムワルワリとの接触で目の辺りを切り、鼻を強打したようです。下の記事には鼻血と思われる血が大量に出ている写真が載っています。目はともかく問題は鼻で、スキャンの結果骨折していました。手術が必要との事ですが、すぐに行うかシーズンが終わってからにするかはこれから決めるそうです。本当ツイてないっすね・・・。以下試合直後のヴェンゲルのコメント。

「彼はイングランド代表でプレーするにあたってフィットしていると証明したと思うよ。彼はフィジカル面ではよくやっていたし、目をやってしまうまではいいプレーをしていたと思う。あのケガによって彼はハンデを背負ってしまった。」

それからスキャンの結果を受けてのヴェンゲルのコメント。

「ソルの鼻は折れている。彼は今日専門家に会った。呼吸の問題はないが、外科医には今手術するのかシーズンが終わるまで待つべきかを判断してもらわなければならない。もし今手術が必要となれば最低でも一週間はかかる。リスクを避ける事を考えると三週間待つ事になるが、一週間でプレーはできるようにはなるだろう。昨夜のゲームでは他に大きな問題はなかった。何人かの選手を休ませたわけだが、誰が戻ってくるかははっきりしている。コール、クリシー、シガン、それとラウレンを除いてはみなプレーできるはずだ。」

まあ鼻なんでいわゆる"宮本マスク"を付けてプレーするのかも。でもどっちがいいんでしょうね、シーズンが終わるまでまだ一ヶ月ありますし、放っとくと変なふうにくっついちゃうんじゃ?でもせっかく戻ってきたのにここでまた抜けられるのは痛いし、う?ん・・・。


Wenger: 'We should have won by five goals'

では試合後のヴェンゲルの会見です。

試合の総括
「我々は最大限の努力をして最小の結果を得たわけだ。1ポイントしか持ち帰れないのにはがっかりだよ。ゲームにはたくさんのポジティブな面があったが、ネガティブな面は5点取れたのに1-1で終わった事だ。」

アデバヨールのミスについて
「もちろんあれらのチャンスを外してしまったのは後悔だね。わざと外したわけじゃないとは思うが。彼に関しては残念だよ。ジュルーにはいいチャンスがあったし、前半のリュングベリはPKだった。はっきりしたチャンスがたくさんあるゲームだったね。まだ先はあるが、多くのチャンスを逃してしまった事はただ残念だ。」

アーセナルが今の状況をうまくコントロールできていない事に関して
「我々は試合では持てる力の全てを出し切りたいと思っている。だから土曜日にはそれが我々の手の内にある事を願おうじゃないか。」

ソル・キャンベルについて
「彼はまぶたを切ってしまった。鼻血も出ていたが、折れているかどうかはわからない。それはチェックしないとね。土曜日に出られるかどうかはわからない。まだどうするかも決めていないが、今は試合毎にチームを変えていく事にしている。」

残りのシーズンをどういった姿勢で臨むか
「まだ終わってはいない。これからも進んでいかなければならない。まあチームにとっては残念だね。チームの努力や野心については非難されるべきでない。我々の姿勢とクオリティには本当にたくさんのポジティブな面があるんだ。あれはただのアクシデントだ。今夜身を投じたものや本来取れるはずだったものについて、今日のアーセナルは報われなかったと言えるかもしれない。ポーツマスは最小限のリスクで最大の結果を得たという事だね。」


Turn Highbury orange for Dennis Bergkamp Day!

さて、15日のウェストブロミッジ戦は以前から西岡氏が仰っていたようにデニス・ベルカンプデーとなります。ラストシーズンとなるハイベリーでの記念イベントの一環で、REDactionが発案し、サポーターの支持を得られたとの事で決行される事になりました。で何をするのかというと、基本的にはスタンドをオランダ代表のカラーであるオレンジで染める事。とりあえず何でもいいからオレンジのものを着てきてくださいとの事です。もちろんベターなのはオランダ代表のユニフォーム、それにベルカンプのネームが入ってたら最高ですね。アンフライングダッチマンTシャツとかもいいですね。他にイベントとして、

ベルカンプのアーセナルでの栄光の11年間を振り返ります
選手達はオレンジのビブスを着てウォーミングアップします
オレンジの"DB10"Tシャツが配られます
オランダ代表ユニフォームを着たアヤックスファンをご招待
ジュニアガナーズによるデニスエクスクルーシブボックスの飾り付け
ハイベリーの大画面にベルカンプもモンタージュが映し出されます
ベルカンプのサイン入りスパイクをプレゼント
他にオレンジイベントが企画中

との事。幸運にもDB10Tシャツをゲットできた人はそれをシートの下にしまわずに、ちゃんと着てください!とも書かれています(笑)大先生のキャリアも残り僅か、みんなで「ベルカンプワンダーワールド」に入り込むとしましょうか。


Torres in Arsenal link

再びフェルナンド・トーレス獲得の話が持ち上がっています。トーレスに関してはチェルシーとスパーズ、それからニューカッスルも動向を見守っているとの事ですが、今はアーセナルが最も近い位置にいると報じられています。まあ金持ちクラブどもが相手ですし、来季の補強資金にもよるでしょうけど。しかし僕はこの夏はあまり積極的な補強はしないんじゃないかと思っているんですが、この記事ではアーセナルは今季のプレミアでの不振を考慮して、ワールドクラスの選手を一人か二人獲得する可能性が高いとされていますね。ちなみにトーレスの獲得に本腰を入れ出したと見られているのは、以下のレジェスの発言が原因のようです。

「トーレスはすでに世界でも屈指のストライカーだよ。アーセン・ヴェンゲルに彼の事を聞かれた時は、アーセナルでも素晴らしい選手になるんじゃないかって答えておいたよ。彼はアトレティコとスペインにとって非常に重要な存在で、イングランドにも問題なく馴染めるんじゃないかな。彼がアーセナルに来てくれたら嬉しいね。」

最近こういうやつが多いからプレミアにスペイン人が増えたんですよね。まあそれがいい事なのか悪い事なのかまだよくわかりませんけど。しかしトーレスですか、アンリが出て行くんなら是が非でも欲しい選手ではありますけどね。
スポンサーサイト

コメント

アデバヨールって以前アンリにパスしなかったミスとかを見ても時折やらかす感じですね。個人的にはけっこう応援しているのですが。WBA戦ではスタメン外れちゃうんですかね?なんにしてもこの結果は残念。陸さんが言うようにスパーズがポイント落とす事を祈ります。
大先生はついに・・・って感じです。最後にもう一度「ベルカンプターン」を決めてほしいなぁ・・・。

アデバヨールは合流してまだそれほど経っていないにも関わらずよくやってると思いますよ。後はフィニッシュの精度ですね。まだ綺麗に決めたゴールはないですから(笑)WBA戦はベルカンプスタメンかもわかりませんね。何といっても主役ですから。ベルカンプターンね、ファン・ペルシならできそうな気もします(笑)何にしても大先生のゴールが見たいですね・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/278-7160469f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。