スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14 : Theo Walcott 

Theo James WALCOTT
テオ・ウォルコット
England
Right Midfielder, Centre Striker, Left Midfielder
16 Mar 1989 (25)
173cm
Right-footed
20 Jan 2006 joined

2005 - 20 Jan 2006 Southampton
20 Jan 2006 - Arsenal


  ウェイン・ルーニーに続くイングランドのワンダーボーイ。若干16歳の奨学生ながらチャンピオンシップに降格したサウサンプトンで活躍、イングランドのビッグクラブがこぞって彼を欲しがった。そんな中彼に惚れ込んだヴェンゲルの強い意向により、まだプロ契約を結べない年齢の選手でありながら基本500万ポンド、出場試合数に合わせて最大1200万ポンドという破格の移籍金で獲得。アーセナルに来たのはアンリに憧れているからと語るウォルコットは、そのプレースタイルでもしばしばアンリと比較される。アンリとは逆に右でプレーするが、ウィングからセンターポジションが主な戦場であるというだけでも比較の対象になり得ると言えるだろう。
  これまでU-19までの全ての代表に選出されていたものの、A代表歴は一切なかった。しかしヴェンゲルの推薦もあって急遽ワールドカップの最終メンバーに選ばれ、世界中の賛否両論を呼んだ。そしてワールドカップ前の親善試合、ハンガリー戦で遂に代表デビュー。ルーニーの最年少記録を更新した。
  ちなみに「THEO」は「スィーオゥ」と発音する。「スィ」の部分は舌を噛むため、日本語では「スィーオゥ」とも「ティーオゥ」とも聞こえる。「ジ・オ」ではないので注意。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。