スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェス、レアル戦欠場が濃厚 

Reyes has 'very small chance' of returning for Madrid

先日のボルトン戦でファイェの悪質なタックルにより重度の打撲を負ったレジェス、残念ながらスペインへの凱旋は叶わなさそうです。ヴェンゲルいわく、レジェスがレアル戦に間に合う可能性はとても低いとの事。それとアデバヨールはチャンピオンズリーグには出場できません。モナコが予備予選を戦ったためですが、ディアビーがいたオセールってUEFAカップ出てましたっけ?冬の移籍で獲得した選手については、一人だけ出場可能にできるんですが、アデバヨールが出られないという事はディアビーを選んだって事になるはずなんですが・・・。

ちなみに負傷者は誰も戻ってきません。クリシーはまだ早すぎるでしょうし、ギルバートもなかなか戻ってきません。ウォルコットは復帰してますが、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント、しかもアウェーでデビューとはちょっと考えられません。でもフォワードいないぞ、まさか4-5-1?クインシーの離脱が何気に痛いですね・・・。

てわけで予想スタメン。

レーマン
エブエ
トゥーレ
センデロス
フラミニ
リュングベリ
ジウベルト
セスク
フレブ
ピレス
アンリ

個人的には
センデロス→ジュルー
セスク→ディアビー
ピレス→ルポリ
にして欲しいですね。ルポリだとちょっと不安ですけど、4-5-1はやめて欲しい。


Internationals: Djourou earns first senior call-up

ジュルーが遂にA代表入りを果たしました!まあセンデロス&ミュラーの牙城は堅いでしょうけど、代表でもがんばってくれれば心強いです。少なくともアーセナルではセンデロスよりいいと思うんだけどなぁ・・・。他にA代表に呼ばれてるのはジウベルト(ブラジル)、フレブ(ベラルーシ)、プーム(エストニア)の3人。リュングベリ(スウェーデン)、アンリ、ピレス(共にフランス)、ファン・ペルシ(オランダ)、レーマン(ドイツ)は暫定招集。ピレスは今回呼ばれなかったらもう苦しいでしょうね・・・。それとファン・ペルシはケガの具合にもよるでしょう。他の3人は確定でいいと思います。ケガしない限り。

それとU-21にフラミニとディアビー(共にフランス)、ストークス(アイルランド)、U-19にウォルコットとギルバート(共にイングランド)、U-17にトラオレ(フランス)が招集されてます。まあフラミニとディアビーは仮ですけどね。少なくともフラミニは確定でしょう。


Gunners capture Cannes ace

カンヌの16歳、カール・パリシオを獲得するようです。パリシオはプロ契約を結んでいないためフリートランスファー扱いだそうですが、フラミニ獲得時の教訓からか、カンヌにいくらか払うとの事です。まだどんな選手かどころかポジションすらわからないんですけど。

カンヌは育成機関に定評があるようで、過去にジダン、ミクー、ヴィエラ(そういやそうでしたねぇ)らを排出しています。クリシーもカンヌから来た選手ですね。ヴェンゲルのフレンチコネクションは、特にこのカンヌに大きなものを持っているのかも?


Freddie hits back at snipers

リュングベリが先日の「自分達はプレーする事を恐れていたのかもしれない」というコメントに関して、そんな事は言ってねぇ!と主張してます。でもあれ、オフィシャルに掲載されてたんですけど・・・。ともかくフレディはそんな報道がされている事に驚き、自分からSky Sportsにコンタクトしてきたそうです。

「俺達は絶対に恐れてなんかいない、あの報道じゃ前後の文脈が抜け落ちてるじゃねぇか。とにかくその事だけはっきりさせときたかったんだ。俺達はリヴァプール戦のプレーについて語ってたわけで、アンフィールドでやるのは難しい事だし、たくさんのロングボールが使われたって事だ。俺達はよくやったと思うし引き分けが妥当だと思うんだが、運の悪い事に前後の文脈が省かれて俺達は恐れをなしてたって俺が言ったように言われてしまっていた。俺はそんな事言ってないし、マドリーでの試合を楽しみにしてるんだ。俺達が恐れをなしていたとは思わない、これはファンに対してはっきりさせときたいし、残りのシーズンを楽しみにしてるよ。」

「リヴァプール戦はまあでかい試合だった、俺達は突っ込んでいったわけだし、引き分けが妥当だったと思う。でも相手が残り3分で得点した。たまにこういう事は起こるが、失望的だな。」

「俺達にはチャンピオンズリーグがある、正直言って現実的に獲れる唯一のタイトルだ。そのために全力を尽くすし、もちろん恐れてなんかいないさ。」

「(レアルと対戦する事になったのは)いいチャンスだと思う。レアルはテクニカルな戦いをしてくるチームだから、俺達には合うんじゃないかな。楽しみだね。いい結果が得られるといいけどな。」

「チャンピオンズリーグ出場権確保に向けて戦い続けていく。他のチームがポイントを落として、追いつける事を祈るよ。シーズン終了を待たないとな。」


Cesc: No Henry guarantees

またセスクのアンリの残留について確信はないというコメントが出ていますが、オフィシャルでこれを否定しています。まあそれは後ほど。

「アンリはいつもクラブのシャツを着ている選手だってイメージがある。ティエリはアーセナルのお守りだし、ヴィエラがそうだったようにいくつものシーズンでそうだった。彼は僕らのキャプテンだし、それを誇りに思ってる。彼が出て行くのか来シーズンも残るのかは僕に言える事じゃない、決断を下すのは彼だ。」

「アーセナルは工事中なんだ。キャプテンでありリーダーだったヴィエラがいなくなった事もあるし、ハイベリーでのラストシーズンって事もある。それにアーセン・ヴェンゲルはチームを主に若い選手で作っていく事を決めた。それは僕達にとってはとても有益だったんだ、それぞれの試合に出て行っていいプレーをするって覚悟ができたからね。10日前バーミンガムと戦った時、実質僕らは22歳以下のチームだった。それでも0-2で勝ったわけだし、素晴らしいチームスピリットがあれば経験不足も補えるって事だよ。」

「エシアンはハードなプレーヤーだけど、一番ってわけじゃないね。ロイ・キーンなら簡単に一等賞だよ。」


Fabregas - We're so proud to have Thierry as our captain

で今日、オフィシャルで以下のような声明を出してます。

「今日の新聞に掲載されていた事について言明すると、僕が強調しておきたいのは、ティエリ・アンリがバルセロナに移籍したら"見物"だとか"傑作"だなんて事は一切言っていない。ティエリは僕らのリーダーであり、僕らは彼がアーセナルのキャプテンである事を本当に誇りに思っている。ワールドクラスの選手であるという事、そして人間としての質から僕らはみんな彼に残ってもらいたいと思っている。僕は来る何年もの間に於いて彼とプレーを続けられる事を願っている。」

この上の記事はスペインのスポルト紙(ガセばっか)に掲載されたものだそうですが、それに対してのカウンターアーギュメントではなさそうですね。一体どんな記事なんだろう。


ここからはリザーブやユースチームで活躍する二人の若手選手のインタビューを掲載。

Mannone - How I caught Arsenal's eye

まずは今シーズンアタランタからやって来て、プレシーズンマッチではマーク・ハワードと交替でゴールマウスを守ったイタリアの若き守護神、ヴィト・マノーネ。実は彼がアーセナルにやってきた背景には、同じイタリア人のルポリの存在がありました。以下Mo Kahn氏の記事の翻訳を掲載します。

"適切な時に、適切なポジションにいる"というのは、ゴール前で巧みな技を駆使しボールを引きつけ、素晴らしいプレーをしたストライカーの事を表現する際によく用いられる言葉だ。しかしヴィト・マノーネにとって、それは全く新しい意味を持つ。アーセナルがどういう経緯で彼に注目する事になったのかを語ってくれた。

「あれは多分2年前だ。アタランタとパルマとのゲームで、僕はルポリと対戦した。彼ら(アーセナルのスカウト)はルポリを見にそこへ来ていたんだけど、僕の事も見てくれたんだ。そんなわけで2004年の12月にアーセナルと話をした時、僕はラッキーだと思ったよ。」

夏にアタランタからやって来た17歳のマノーネは、合流してすぐにいくつかのプレシーズンフレンドリーをアーセン・ヴェンゲルのチームで戦った。今週行われたArsenal.comのインタビューでは、その長身のティーンエイジャーは、ノースロンドンのクラブに所属している事への嬉しさを隠せなかった。

「素晴らしいクラブだと思うよ。だってプロになれるんだし、ここにいればとてもいいキーパーになれる気がするんだ。とにかく前へ進み続けて、クラブでの僕のポジションを見つけないとね。」

またマノーネは、年上のチームメイト達による指導についても語ってくれた。

「プレシーズンに(ファーストチームでのトレーニングを)始めたんだけど、アンリやベルカンプ、レジェスといった選手達と対戦するのは最高だったね。トレーニングで彼らはたくさんのアドバイスをくれたんだ。彼らの言った事を全部頭に叩き込もうとがんばってるんだよ。」

いや?いいですね、この真面目な態度。言葉や文化の問題については触れられてませんが、ルポリが英語ペラペラだし大丈夫じゃないかと思われます。しばらくはベテランキーパーで凌いで、数年後にこういった若いキーパーに任せるのもいいかもしれません。

ところで、スウェーデンの15歳のキーパー(名前忘れた)はどうしたんでしょうね。トライアルで好印象だったというのは伝わってきてたんですが・・・。


Teenager Efrem learns from the stars

お次はキプロスのアタッキングミッドフィールダー、ギオルゴス・エフレン。若干16歳ですが、最近はリザーブでの出番も多い感じですね。以下同じくMo Khan氏の記事。

ギオルゴス・エフレンはアーセン・ヴェンゲルの元、アーセナルが世界中に敷く素晴らしいスカウティングネットワークの歩き、そして話をする証と言える。

16歳のキプロスユース代表は、昨シーズンの終わりに2年のスカラシップ契約を結び、ガナーズでの2年目のシーズンを過ごしているところだ。エフレンはその代表の場で目に留められ、ノースロンドンへの移籍が実現した。彼は人生が変わる事はほとんどなかったかもしれないと認めている。

「僕はキプロスにいて、ナショナルマッチでプレーしている時にスカウトの目に留まった。それでトライアルを受ける事になったんだ。去年の始めに来て学生として1年契約にサインした。その年の終わりには奨学生としてもう2年の契約をしないかと言われたんだ。」

この右サイドミッドフィールダーは、アーセナルの年上のスター達がどれだけ彼のキャリアに影響を及ぼしたかを語った最も最近の若手ガナーだ。

「選手達は励ましてくれるし、コーチや設備は本当にとてもいいよ。彼らはフットボールキャリアに備える手助けをしてくれる。」

「多くの選手がチャンピオンズリーグでいない時、残った選手と1度か2度ファーストチームの選手と一緒にトレーニングしたんだ。セスク・ファブレガスとか、ロビン・ファン・ペルシと一緒にね。」

「励ましになるし、そうした選手を相手にした時、自分は充分やれていると思い始める。自信にもなるしね。」

エフレンはU-18、そしてニール・バンフィールドの指揮するリザーブチームの両方で感銘を与えている。加えてシーズン序盤に行われたクリスタルパレスとの試合では得点を決め、PKも獲得している。

ではエフレンの将来の目標は何だろう?多くの同僚達のように、彼の差し当たっての計画は、プロ契約を勝ち取る事だ。「来年はここでプロになりたいと思ってるんだ。」と語っている。

「ここが本当に気に入っているし何とかやっていけるようであれば、ファーストチームに入っていいプレーをする事が目標になるね。」

クレッグが抜けてしまって、有望そうなアタッキングミッドフィールダーがあまりいなくなってたんですが、このエフレンは期待できるかも。キプロスっていうマイナーさも何か惹かれますしね(キプロスの方ごめんなさい)。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは^^

なんだかサンプドリアの17歳イタリア人FWにも目をつけているみたいですが陸さんが言うように正直即戦力がほしいんですけどどうでしょうか?若手多すぎてウイイレでももうおっつけません(苦笑)ちなみにディアビーはいましたよ。俺は「9」をやっていてフォーメーションは基本的にはデフォルトです。なんかの雑誌に「通は愛するチームのデフォルトでやるべき」とかって書いてあったのに触発されました。それまでは3-4-3とかが多かったんですが。キプロスって俺もなんだか惹かれます^^

アデバヨール出れないんですか…残念。

何度も返答して頂きましてありがとうございました。周りに欧州サッカー好きはいても、アーセナルだけの、ましてやチームの課題についてなんてマイナーな(笑)話をする人はさすがにいないもんで、一方通行のメディアと違ってとても勉強になりました。

アーセナルは工事中というコメントが印象深いです。この工事が終わった後にはかつての勢いを取り戻してほしいですね。工事の最中に大事な大黒柱(もちろん彼。)がなくなってしまったなんて最悪のシナリオは避けてほしいものです。

>HENRYさん

サンプのフォワード?それはちょっと聞いた事ないですね。ベルカンプが引退するので必然的にフォワードが一人減りますが、17歳の選手を獲得するならルポリを使っとけと思うんですが・・・。問題は獲得する選手の力より、アンリが残留する場合そのコンビネーションのが重要って事ですね。アンリを放出するならフェルナンド・トーレスやカイトクラスの獲得は必須です。ってかそれを怠ったらさすがのヴェンゲルも立場が危ういのでは・・・?

9で追いつかないんじゃもう7では無理ですね(笑)最近やってないのでデータは昨シーズンのままです。僕も対戦で使う時は常にデフォルトですね。マスターリーグでは獲りたい選手を片っ端から獲ってアブラモヴィッチもびっくりってやり方と、今いるメンバーをベースに自分ならこうするという二つのやり方でやってました。でも正直僕はアーセナルは使いこなせないんです。ディフェンス緩いし、レーマンが挙動不審だし、アンリやピレスがわけわからん動きするしで・・・。


>14bozさん

いや、こちらこそ何度もコメント頂きありがとうございます(笑)まあ僕の言う事は根本的に素人論に違いないんで、あんまり真に受けると痛い目に遭うかもしれませんよ(笑)

僕は逆に、どうせ工事をするなら大黒柱を取っ替えるというのもアリだと思ってます。というのも最近のアンリのプレー、態度に関してはかなり懐疑的になってまして・・・。まあファン・ペルシやレジェス、ウォルコットといった選手らにとってのお手本がいなくなってしまうのもどうかと思うんですけど、あんまりアンリを参考にし過ぎてもいい事ないと思うんですよね。彼は凄まじく内弁慶な選手ですから・・・。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/192-4b4c943e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。