スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェスをセンターミッドフィールドで、フラミニはフルバックで使え 

っていうドラスティックというかレックレスな提案をブチ上げてみたいと思います。ただこれ、ジウベルトがいないと成り立たないんでボルトン戦では使用不可ってか普通やらないって話なんですけどね。

レジェスをセンターミッドフィールドで使え。これはまあヴィエラが抜けて苦しんでいる攻撃力の低下を補うための一つの策です。レジェスは本来サイドポジションの選手、ゼンデンでもあるまいにセンターなんてできるわけねぇってお思いでしょうが、僕は結構イケると思うんですよね。ただし、ジウベルトのように守備的で中盤のバランスを取る事に秀でた選手のサポートが不可欠です。ソングやディアビーにもそういった力はあると思うんですが、そもそも彼らはまだ馴染んでいません。本来のポジションでない選手のサポートに不慣れな選手をつける事は危険過ぎます。ってわけでボルトン戦ではちょっと・・・って感じですが、本当はボルトンのようなチームを相手にする時に有効な策だと思うんですけどね。

レジェスはワイドポジションの選手、って事で当然縦への突破力があります。加えてキープ力もある。この二つが重要なんですね。ジウベルトはどちらの要素も持ち合わせておらず、セスクは縦の動きが少ない。フラミニは縦には動けるが、中央で一定以上、具体的にはPA内にまで上がってくる事があまりない。これはアーセナルの得点力低下を招いた大きな要素でしょう。セスクはワイドにボールを散らす事はうまいんですが、チームが押し込んでいる時、PAの手前にいるだけ。例えば味方がサイドから切り込んだ時、クロスに飛び込んでくるようなプレーが極端に少ないんです。これはフラミニも同様ですし、ジウベルトはそもそも彼の仕事じゃありません。しかしレジェスは元々攻撃的な選手ですし、ゴールへの嗅覚もある。いざとなれば積極的にPA内に入ってくるでしょう。

以上はあくまで基本戦術の話です。もうちょっと突き詰めると、何故レジェスにセンターをやらせる事がボルトンのようなチームに有効なのか。先日1-0で敗れたエヴァートン戦、アンリの不調やディフェンスの不安定さもありましたが、一際目についたのが低い位置でも前を向けない、前戦にボールをつなげない中盤でした。レジェスやリュングベリがサイドを突破しても中には大抵一枚か二枚しかいない。この二つの状況を一気に解決してしまおうってわけです。後者の件は前述しました。では前者。

レジェスはキープ力があります。加えて運動量も多い。このレジェスを中盤の底に置き積極的にプレスを仕掛け、レジェスもしくは周りの選手がボールを奪います。相手チームは素早くプレッシャーをかけて取り返しに来ます。セスクやジウベルト、フラミニでは1.ここで取られてしまう、2.何とかやり過ごしてパスを出すも苦し紛れですぐにカットされる、3.後ろに預けてそこからサイド、もしくはロングボールで前戦へ展開の大体3つ。しかしキープ力のあるレジェスなら無理矢理にでも前を向けるでしょう。倒れるのもうまいので最悪ファールはもらえ、ボールを失いにくいと思われます。そしてレジェスはパスもうまい。とりわけスルーパスの技術は一級品。相手が早いプレスを仕掛けてくるという事は、逆に言えばそれをかわしてさえしまえばスペースが開けるんですよね。素早いプレスをかわしたレジェスが前にいるファン・ペルシにスルーパス、もしくはサイドにいるアンリを走らせ、自身もパス&ゴーで一気にPA内へ。アンリが折り返す頃には中には少なくともレジェス、ファン・ペルシ、リュングベリの三枚は揃っているはずです。

何かイケそうな気がしてきませんか?キープ力がありパスがうまいのはファン・ペルシも同様ですし、恐らく前を向く力はファン・ペルシの方が上でしょうが、低い位置での仕事はレジェスの方が慣れています。それにファン・ペルシはワイドにパスを散らすような事はあまり得意としていないでしょう。レジェスはサイドアタッカーながらそういった能力も持ち合わせていると僕は見ています。

問題になるのはやはりバランスですね。本来縦に仕事をするだけのはずだったレジェスが、ピッチを二次元的に使わなければいけない。それもトップに入っている時とは違い、中盤です。微妙な気配り、ポジショニング、判断の違いが大きなピンチにつながりかねません。ジウベルトはそういったサポートをする能力に秀でていますので、横にジウベルトを置ければ機能するとは思うんですけどね。守備がうまくない部分は運動量でカバーできるはずですし。ただアーセナルのようなラインの高いチームではセンターバックとの連携も不安要素ではありますが・・・。

ヴィエラが抜けて攻撃力が落ちたというのは、即ち上記の事が一気に抜け落ちてしまったんですよね。ヴィエラは守備はもちろん、パスは散らせる、キラーパスも出せる、オーバーラップのタイミングが抜群にうまい、加えて心憎い決定力も備えている。そして中盤のバランスどころかチーム全体のバランスを取る事ができる(僕はチームの操縦能力と呼んでいます)。ある程度ディシプリンの出来上がっている守備はヴィエラが抜けただけでは崩壊しませんが、やはり攻撃面はそうはいきませんでした。ただそんなヴィエラの放出はデメリットばかりではありません。こういう絶対的な選手への依存症から抜け出せるという事も一つですし、絶対的な選手だからこそ、ヴィエラが調子が悪い時はいくら周りの調子が良くてもチーム全体が何か噛み合わない事があった。そういった悪い癖から抜け出して、チームを今一度再構築する機会を得られた、とポジティブに考える事ができます。


ではフラミニのライトバック。これは上記の事ほど複雑な話ではありません。今のようにフルバックがこぞって負傷してしまったような緊急事態では、一番うってつけの人物だと思ったからです。リュングベリやラーションにやらせるよりよっぽどいいと思います。ボルトン戦では恐らくギルバートとジュルーがサイドを務める事になるでしょうが、僕ならギルバートを左に置いてフラミニに右をやらせますね。

フラミニは縦の動きが非常にうまいです。前へ出てボールを獲れる数少ない選手ですね。もちろんCMFというポジションの性格上、バランスを考えて待ちかまえるというプレーもできますし、1対1の守備力にも問題ない。絶対的な守備力に加えてラインコントロールの能力やハイボールへの強さが求められるセンターバックとは違い、これだけでフルバックとしての最低条件は満たしていると言えるでしょう。

フルバックはCBほどの能動的なラインコントロールも高さもあまり求められませんが、その分攻撃に参加しなくてはいけません。フラミニの場合問題となるのはこれですね。スピードが速いわけではないというのはまあ置くとしても、シュートやクロスがうまいわけでもなければドリブルで相手を抜く事もできない。つまりうまい縦の動きを見せたところで、そこから先が繋がらないわけです。ここはパートナーで補っちゃおうと。適任はやはりピレスですね。どんどんサイドバックを使う選手ですし、パス交換がうまいので、攻撃的スキルを持たないフラミニでもPA内に切り込んでいく事ができます。リュングベリはそもそも自分が縦に突破するタイプの選手ですし、フレブは中に入り過ぎてしまうのでちょっと苦しいでしょう。

アンリがいる基本的に攻撃は左からです。ただしこの時ピレスはなるべく左に置きたいですから、結構泣き所ではありますね。アンリがいない時は攻撃の中心はファン・ペルシになるでしょう。彼は真ん中からやや右寄りにポジションする事が多く、ライトバックの攻撃参加が多く求められるでしょう。この場合だとギルバートの攻撃力が活かしにくい気もしますが、彼は結構一人で入り込んでいけるタイプの選手ですしね。今回のボルトン戦にライトバック・フラミニというのは大いにアリだと思います。


あ?強引な話だ(笑)本当にこれやって機能しちゃったらすごいですけどね。しかしフルバックはともかく、CMFは何とかならんだろうか。セスクをもっと活かすんならミラン型のフォーメーションがいいと思うんですけど、それだとアンリが、ね・・・。アンリは本当にとんでもない選手ですが、こういった特異性がちょっと困った部分です。


ついでに、今はケガで戦列を離れていますが、シガンについて。シガンはリールで活躍し、フランスで最も優れたセンターバックとの評価の元アーセナルにやってきました。しかし彼のパフォーマンスは・・・見ての通りです。多くの人がシガンを叩いてますし、粕谷氏はプレシーズンに「シガンは必要ない」とも。確かに現状数合わせの感が拭えないんですが、最近人のいないレフトバックをやり出してから、ヴェンゲルが何故「シガンはクレバーな選手だ」と言っていたのか少しわかった気がしました。それでも依然評価の低いシガンですが、みんな今までのシガンを見ているんじゃないでしょうか。今までダメだったから、悪いところにしか目がいかないんじゃないでしょうか。そこでちょっと彼を擁護してみたいと思います。

何でアーセナルでは活躍できないのか。それはシガンが前へ出て守備をするタイプのディフェンダーだからです。当初レフトバックとして入った時は随分と戸惑っていましたが、次第に慣れてくると前へ出てくる機会が増えました。そこで目についたのが、相手の不注意や不用意なパスにつけ込みカットする、いわば能動的な守備です。これはアーセナルのようにスピーディなチームでなくても大事な事で、一気にチャンスへと繋げる事ができるんですよね。残念ながら現在のアーセナルはこういった状況でも周りの動きが鈍く、シガン自身も攻撃的なスキルを持たない事からチャンスらしいチャンスに繋げる事はできないんですが、一つこれはシガンの特徴を表しているポイントだと思うんです。今アーセナルでこういった動きができるのは上記のフラミニ以外では、本来レギュラーのアシュリー・コールぐらいなもんでしょう。

アーセナルはディフェンスラインを高い位置に保ちます。これは前に出て守備をするというより、中盤との距離を詰めて相手のスペースを奪う、いわば囲い込みですね。従って前へ出て守備をする能力よりも、後ろの広大なスペースを気遣いラインを調整しつつ、中盤の選手との連携で相手を潰していくという包括的な能力が求められます。残念ながら視野が狭くスピードのないシガンは、こういったディフェンスのやり方は全く向いていません。しかしサイドバックとしてプレーする事で、シガンの持っている前へ出て守備をする上手さが顕わになったと言えます。まあそれでも不慣れな事もあってか、後ろにカバーに入る味方がいないのにもっと前へ出てしまってスペースを突かれたりしてますし、そもそも攻撃ができませんから、サイドバックとしては不的確なんですけどね。

まあ早い話、シガンはダメなディフェンダーなのではなくて、そもそもアーセナルのやり方は向いていないんです。思いっきりラインを下げて、センターバックも前へ出て守備をする、スピードの無さを補える、空中戦の強さを引き出せるチームじゃないと機能しないんですよ。だからアーセナルに必要ないとかいう話ではなく、自身のためにも環境を変える事をオススメしたい。適切なチームに入ればもう一花咲かす事ができると思うんですがね。


最後にニュースを一つ。エリクソン騒動を発端とするイングランド代表監督の後任探しでどいつもこいつも好き勝手言ってますが、ヴェンゲルは早々に就任の可能性を否定しました。

Wenger rules out England role

「私はその座には就かない。私はクラブでの仕事を愛しているし、常に忙しくしている日々の仕事が恋しくなる事は間違いないからね。年に僅か10試合では空っぽになってしまうよ。休んでいる時間が長すぎるし、重圧に晒される事で緊張感も増す。重圧か、何もしないかのどちらかになってしまう。イングランドの場合は他のどの国よりも難しいだろうしね。フランスと比べてみれば明らかだよ。ここでは外出する度に周りに注意しなければならない。右良し、左良しってね。」

「(代表監督の仕事は)国際フットボールの最高の形であると共に最も難しい仕事だ。こんなにも(国民の)フットボールへの情熱があるんだ、それによって我慢ならない事が多くなるだろう。国というのはすぐ情熱的にもなるし、それは逆の方向にも働く。メディアの要求によってどんどんプレッシャーが大きくなっていく。私はボビー・ロブソンやケヴィン・キーガン、グレアム・テイラーと話をしたが、皆とても苦しんでいた。グレン・ホドルもそうだった。今でも彼らの痛みは大きなものなんだよ。」

一言で言うと、気楽にワーカホリックがいいって事ですよね(笑)しかしこの話を聞く限り、やはり日本の代表監督も受けないんでしょうかね。

ところで、モウリーニョもなるべくイングランド人監督をっていう声に嫌悪感を見せています。まあ誰が監督になろうととりあえずはそんな事より、何でこんな時期にこんな事になるのかっていう方が問題ですね。本当にメディアってやつは自分達さえよければ他はどうなってもいいのかと。まあその辺の事はスポーツナビに掲載されている、ちゃんと生きてた(笑)東本氏のコラムでも読んでみてください。
スポンサーサイト

コメント

うーん・・・斬新かも。
ただ話の骨を折るようで恐縮ですが、僕はディアビを積極的に使って欲しいです。
パートナーは誰でもいいので(笑)
あとセスクですが、僕個人的には右サイドが適任のような気がします。
昨シーズンも何回か右サイドに入ったことがありました、確かに縦への突破は少ないですけどSBを使うのが上手いのでギルバート辺りと縦に並べたら面白いかもしれません。

更に話の骨をブチ折りますと、明日のボルトン戦はアッシュが復帰予定なのでフラミニのライトバックはないかと(笑)
でも確かにフラミニって入ってきた時は右サイドならどこでも出来るみたいなこと言われてたよなぁー。

僕もディアビーは使って欲しいですが、ただでさえチーム状態が悪いのにこうも怪我人が続出している現状、彼の適応を待っている余裕はありません。ただすぐに適応できるようなら本当に頼もしい存在になるでしょうが。

僕はセスクは中央でこそ活きる選手だと思いますね。彼が右サイドをやっている時にいいと思った事はないですし、飛び出しも下手です。思いっきりオフサイドにかかってますからね(笑)僕は彼にはピルロ的な働きを期待しています。ワールドユース得点王って事で最初はもっと得点力を期待していたんですが、今のところそういった面はあまり見られてないですからね。

コールはボルトン戦復帰できませんよ。レフトバックが誰になるかは未定です。ジュルーとギルバートがSBっていうのはそれを踏まえての話です。本来ならリザーブレベルでも本職の選手を連れてくるのが妥当でしょうが、これまでのヴェンゲルのやり方を見る限り、少しでもトップチームの経験がある選手を無理矢理使ってくるだろうという予測の元にジュルーがサイドバックとしています。スピードもありそうですし、できない事はなさそうですけどね。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/179-04e907b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。