スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vassiriki Diaby 

Vassiriki Abou DIABY
ヴァシリキ・アブ・ディアビー
France (Paris)
Central Midfielder, Left Midfielder, Second Striker
11 May 1986
188cm 75kg
13 Jan 2006 joined

2003 - 13 Jan 2006 Auxerre(France)
13 Jan 2006 - 01 Jul 2015 Arsenal
28 Jul 2015 -  Marseille(France)


  オセールの生え抜きで、強靱な肉体を持つセントラルミッドフィールダー。見出したのはグリマンディだが、ヴェンゲルも「私の知る限り最もパトリック・ヴィエラに近い選手」と評していた。移籍後すぐに出番ももらい、プレミアの激しい当たりをものともしない強靱さを見せつけるが、一方で緩慢な守備など、多くの課題も露呈。さらに同シーズン終盤に厳しいタックルを喰らい足首を骨折、復帰までに1年近くを要し、やや出遅れてしまった。その間にジウベルトが中核となったりフラミニの台頭などがあり、復帰後は左サイドでのプレーが増え始める。
  移籍当初はどんどん前線を飛び越していき、攻撃に厚みを加える事に一役買っているが、冷静なフィニッシュが欠けており、また無謀とも言える思い切りの良さが逆に守備面での不安につながっていたが、左サイドでのプレーが増えてからは足首が柔らかく足に吸い付いたようなドリブルという新たな持ち味が発揮され始め、ワイドプレーヤーとして存在感を出している。状況判断が遅く球離れが悪いのがたまにキズだが、それ以上にケガが多く、せっかく出番を得てもすぐに離脱してしまうため、伸び悩んでしまっている感がある。また本人はセントラルミッドフィールドでのプレーを希望している。
  2006年のヨーロッパ選手権ではフランスのU-19代表でキャプテンを務め、優勝を経験した。現在ではフル代表に呼ばれる事もあるが、まだ定着には至っていない。
  英語での発音は「アブー・ディアービー」で、「ディアービー」のアクセントは「ア」に置く。


Last Updated : July 2008
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。