スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arsene Wenger 

Arsène WENGER
アーセン・ヴェンゲル
France (Strasbourg)
22 Oct 1949 (64)

1985 - 1987  Nancy Lorraine(France)
1987 - 1994  AS Monaco(France)
1994 - 1996  Nagoya Grampus Eight(Japan)
1996 -  Arsenal


  守りを固めてカウンターを狙うという、典型的なイングランドのチームだったアーセナルをスペクタクルに満ちた攻撃的サッカーに生まれ変わらせた、世界でも屈指の名監督。戦術的采配はそれ程でもないにせよ、特に若手を発掘する能力は彼の右に出る者はいないと言っても過言ではなく、現在のチームにもレジェスを中心にファン・ペルシ、セスク、クリシー、センデロス、フラミニといった海外の若き至宝達がひしめいている。またイタリアで成功できなかったヴィエラやアンリ、フランスでくすぶっていたピレスも彼が見事に大成させてみせた。
  ヴェンゲル自身、アマチュア歴が長く選手としてはほとんど無名だった。だが、名選手は名監督とは限らないとはよく言うが、その逆もまた然りである。ヴェンゲルのコーチとしてのキャリアは、故郷ストラスブールのユース監督から始まる。その後カンヌのアシスタントコーチを務め、85年からはナンシー・ロレーヌで監督デビューを果たす。ここではいきなりタイトルとはいかず、逆にチームを降格させてしまうが、新天地を求めたモナコでは一転、初年度からリーグ優勝を飾る。このモナコでは9年間監督を務め、94年には日本へ。中堅クラブであるグランパスの監督に就任すると、チームの成績は鰻登りに上昇、天皇杯を制する。この功績に注目したのがアーセナルだった。アーセンという名前も手伝って、当時まだヨーロッパでは無名の存在だったヴェンゲルを抜擢、更に彼のたっての希望でミランからパトリック・ヴィエラを獲得。規律の乱れたチームの改革を進め、初のフルシーズンとなった1997-98シーズンにはいきなりプレミアとFAカップのダブルタイトルを獲得。以降も常に優勝争いに絡み、2003-04シーズンには115年振りとなるリーグ無敗優勝を達成。更に連続無敗記録も49まで伸ばした。そんなヴェンゲルの最大の野望が未だ成し遂げた事がないチャンピオンズリーグの優勝。リーグでは強いがヨーロッパに出ると結果が残せない内弁慶のレッテルを剥がそうと必死になっている。
  アーセナル会長のピーター・ヒル?ウッドからは絶大な信頼が寄せられており、例え監督を辞めてもクラブに残って欲しい、欲しいイスは用意すると言われているほど。また現在アシュバートン・グローヴに建設中のエミレーツ・スタジアムも、ヴェンゲルが強く推したもので、彼の野望が詰め込まれている。
  フランス語ではアルセーヌで、アーセンは英語読み。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。