スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーミンガム戦(CC) 

アーセナル 1-2 バーミンガム・シティ

カーリングカップ決勝
ウェンブリー
2011年2月27日(日)
キックオフ:午後4時

主審:マーク・ディーン
入場者数:88851人


アーセナル   1
   ファン・ペルシ(アルシャフィン) 39分
バーミンガム・シティ   2
   ジギッチ 28分
   マルティンス 89分


 ARSENAL
   シュチェスニー
   サニャ
   クリシー
   ジュルー
   コシールニー
   ロシツキー
   ナスリ
   ソング
   ウィルシャー
   アルシャフィン→シャマフ(76分)
   ファン・ペルシ(c)→ベントナー(68分)
 SUBS NOT USED
   アルムニア
   デニウソン
   スキラッチ
   エブエ
   ギブズ

 BIRMINGHAM CITY
   フォスター
   カー
   ボウヤー
   ロジャー・ジョンソン
   リッジウェル
   ラーション
   クレイグ・ガードナー→ボーセジュール(50分)
   ファーガソン
   フェイヒー→マルティンス(81分)
   ジギッチ→ジェローム(90分)
   ジラネク
 SUBS NOT USED
   マイク・テイラー
   デイヴィッド・マーフィー
   パーナビー
   フィリップス


       シュチェスニー
     ジュルー  スキラッチ
サニャ              クリシー
      ソング  ウィルシャー
        ロシツキー
ナスリ             アルシャフィン

       ファン・ペルシ


       シュチェスニー
     ジュルー  スキラッチ
サニャ              クリシー
      ソング  ウィルシャー
        ロシツキー
ナスリ              ベントナー

         シャマフ
スポンサーサイト

コメント

守備の規律はいつ植えつけられるでしょうか?毎年、「リード時に上がりすぎて勝ち点を落とし、叩かれて修正。シーズンが変わると忘れる」の繰り返しですね。

ヴェンゲルがこれと向き合わないなら、メッシが来ようがペペが来ようが、同じミスで勝ち点を落とし続けるでしょう。98/99シーズンに10点台の失点で終えたことが今となっては信じがたいです。

守備のメンタリティの他にもポゼッションで愚かなミスを繰り返すスタイルに合わない選手が増えているのも厳しいと感じます。

スパーズ戦も、ベントナーがロシツキだったらとか、相手も勝ちが必要な状況で足を引き摺るギャラスをウォルコットで狙うとか、嫌がることをしないなあと。

ヴェンゲル信者ですが、いま名を挙げていて、各チームが欲しがるポルトの監督が一番必要なのはアーセナルかもしれません。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/1186-65af9efd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。