スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lauren 

Laureano "Lauren" BISAN-ETAME MAYER
ラウレン
Cameroon (Londi Kribi)
Right Back
19 Jan 1977
180cm 71kg
Right-footed
30 May 2000 joined

1995 - 1996  Utrera(Spain)
01 Aug 1996 - 31 May 1997  Sevilla B(Spain)
01 Aug 1997 - 01 Aug 1998  Levante(Spain)
01 Aug 1998 - 30 May 2000  Mallorca(Spain)
30 May 2000 - 18 Jan 2007  Arsenal
18 Jan 2007 -  Portsmouth


  本職はサイドハーフながら、アーセナルでは右サイドバックを務める。2002年のW杯後いったんは代表を引退するが、2004年に復帰。スペイン育ちの為、スペイン国籍も持っている。
  元々が中盤の選手という事もあって、守備力はそれ程高くないものの、1対1には滅法強い。おまけにアフリカの選手らしく身体能力が高い為、例え裏を取られても容易に追いつけるのは大きな武器だが、何でもないミスが多いのが欠点。特に2003-04シーズンのトットナム戦ではゴール前にも関わらず相手チームのデフォーにスローインを渡すという意味不明な行為も見せた(スローインを受けたデフォーも混乱し、レーマンも落ち着いて対処した事から幸い失点にはならなかった)。しかしいざという時はカードを貰う事すら辞さないタックルでチームの危機を救う度胸も持ち合わせている。そして彼の最大の持ち味はやはりオーバーラップだろう。アーセナルではとかく左サイドばかりが注目されがちだが、ラウレンの積極的なオーバーラップにより更に攻撃の選択肢が広がっているのも事実である。また左側に偏った体勢や中に入りたがるリュングベリとの絶妙なバランスを取っているのもこのラウレンである。イージーミスを減らせばいいサイドバックになれるだろう。
  英語の発音ではローレンとなり、そう呼ばれていたが、今シーズン開幕前にメディアに対しラウレンと呼んで欲しいと話したとの事で、今後彼の事はラウレンと呼ぶ事にする。
  たまにPKを蹴る事がある。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。