スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルトン戦 

ボルトン・ワンダラーズ 0-2 アーセナル

バークレーズプレミアシップ
リーボックスタジアム
2010年1月17日(日)
キックオフ:午後4時

主審:フィル・ダウド
入場者数:23893人


ボルトン・ワンダラーズ   0

アーセナル   2
   ファブレガス(エドゥアルド) 28分
   メリダ(エドゥアルド) 78分


 ARSENAL
   アルムニア
   サニャ
   ギャラス
   フェルメーレン
   トラオレ
   イーストモンド→メリダ(63分)
   ロシツキー→クリシー(74分)
   ファブレガス(c)
   ディアビー
   アルシャフィン
   エドゥアルド→ヴェラ(84分)
 SUBS NOT USED
   ファビャンスキ
   シルヴェストル
   コクラン
   エマニュエル-トマス

 BOLTON WANDERERS
   ヤースケライネン
   ロビンソン
   ギャリー・ケイヒル
   ナイト
   ステインソン
   ムアンバ
   マシュー・テイラー
   コーエン
   イ・チョンヨン
   ケヴィン・デイヴィス
   クラスニッチ
 SUBS NOT USED
   アル・ハブシ
   サミュエル・リケッツ
   アンディ・オブライエン
   リカルド・ガードナー
   マーク・デイヴィス
   マッキャン
   エルマンデル
スポンサーサイト

コメント

ギブスまでもがシーズンアウトですね。スタンダールのク○選手のロスタイムの汚いファールが・・・ トラオレを残しておいて本当に良かったですが、守備面での落ちつきやクロスへの絞込み、つなぎの丁寧さなど、トラオレではやや不安です。クリシーは残りシーズンフルに頑張ってもらわないといけません。

しかし、怪我人の多さは異常です。毎年なんで運だけで片付くられないと思いますが、同じ時期に同じポジションが立て続けにいくのは、もう嘆くしかないです。

14番・52番には後半戦はWCのことなんて考えずに貢献して欲しいものです。あとはユーティリティのエブエにも期待。今季の退場はACNで使い切ったことでしょう。

>ボルトン戦

放り込みに耐えましたね。トゥーレはあからさまに嫌がるのですが、ベルマーレンは勝てなくとも気持ちを切らないのがいいです。しかし、最近の入り悪さは何とかならないでしょうかね?

更新お疲れ様です。

ようやくクリシーが戻ってきて、左サイドバックは大丈夫かと思ったところで、ギブスがシーズン絶望・・・
トラオレは一応3番手なら十分だとは思います、まだまだ成長してくれることでしょう。

ストライカー獲得の話はどうなったんでしょうね?噂はいろいろ流れてますが、誰かとって欲しいとは思います。
個人的には中盤の底の選手がいるような気がしますが、取る予定はなさそうですね。

消化試合が少ないですが、一応首位です。せめて、最後まで優勝争いには絡んで欲しいですね。

更新お疲れ様です。

ギブスの怪我の原因はスタンダール戦のマンガラのタックルだったと思うんですが、それによってマンガラの移籍も消えたことも痛いなと思っています。

ボルトン戦ですが、なんだがムアンバの存在感が薄かった気がしますね。テイラーに気をとられすぎていたか(笑)。

コメントの投稿












※編集機能を使いたい場合、PASSを入力してください


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://arsenal.blog8.fc2.com/tb.php/1105-0424538a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。